【関内】日本でもっとも古いギリシャ料理店「スパルタ」50年以上も続く老舗の味。

訪れたことのある人なら、きっとその"食文化"に魅せられるという食彩の国「ギリシャ」ですが、横浜は関内駅から徒歩5分にあるギリシャ料理レストラン「スパルタ」では見事にその本場の味を再現しています♪

2017年12月1日 更新

関内・ギリシャ料理「スパルタ」

日本で1番古いギリシャ料理店

「ギリシャの美味しい料理とお酒を仲間と共に楽しんで欲しい」がコンセプト
関内徒歩5分にあるギリシャ料理店「スパルタ」は、日本で1番古いギリシャ料理店。
曙町に店を開いて以来50年以上にもなるそうです。

まさにギリシャ神殿風な白亜のエントランスがGOOD♪
なんと船員用のガイドブックにも載っているというこの店の初代ご主人は、かつて船乗りだった”エリヤス.スカンゾス”さんで、店名の「スパルタ」は彼の出身地ギリシャ・スパルタが由来だそうな。

人々を魅了するギリシャの食文化

ギリシャ料理は、イタリア料理、スペイン料理、モロッコ料理とともに地中海の食事として「ユネスコ無形文化遺産」になっているそうです。
「食」で人々を魅了するギリシャですが、どんな料理があるかご存知でしょうか?
伝統的なギリシャ料理は、オリーブオイルをたっぷりと使います。また、さまざまなスパイスやハーブを料理のポイントとして使用。さらにはほとんどの家でレモンの木が栽培されているほど、肉料理にレモンを使うことが多いです。

代表的なギリシャ料理

ギリシャ料理の代表的な料理として、挽肉と茄子、じゃがいも、そしてチーズを重ねてオーブンで焼き上げたラザニアの原型といわれる「ムサカ」や、じゃがいもとタラコのサラダ「タラモサラダ」が挙げられます♪
ムサカ
トマト風味の挽き肉にホワイトソースがねっとりと絡みついて
うまぁぁ~~いい(*^_^*)

薄切りナスのちゅるんとした食感と甘みもいい感じ(*^_^*)

出典: minkara.carview.co.jp

タラモサラダ
ギリシャが発祥地の1つと言われている「タラモサラダ」。

日本の場合はタラコを使っていますが、ギリシャだとスズキの卵など魚卵のことをギリシャ語でタラマーというため、魚卵(タラマー)とマッシュポテトをあえたものをタラモサラダというようです♪

トリビア〜₍₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞
どれがタラモサラダかわかりますかな?笑

色ついてるやつですよ〜⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
渋いCM見つけました♪
W杯ではライバル国ですが、大会が終わったら、みんな仲良く美味しいご飯を食べたいですね〜(๑˃́ꇴ˂̀๑)

店舗詳細

店名:RESTAURANT スパルタ 関内店
住所:〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町3-7
アクセス:
JR根岸線 関内駅 徒歩3分
JR京浜東北線 桜木町駅 徒歩8分
京急本線 日ノ出町駅 徒歩8分
駐車場:無 (当店前にコインパーキング有)
TEL:050-5788-8160
営業時間:
ランチ:11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー:17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:無
開店:1952年10月1日
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きょこたん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう