連載

知る人ぞ知る中目黒のカレー&バー「フォレスター」の絶品まかない飯レシピ

おいしい「まかない飯」を求めてmacaroni編集部がキッチンにお邪魔する連載企画。今回は中目黒のスパイス香るカレーがウリのフォレスターで、5分で作れるおいしいジェノベーゼパスタを教わりました!食材の組み合わせ方も参考になりますよ。

2016年7月14日 更新

ライター : macaroni編集部(ま)

おいしい「まかない飯」を求めてmacaroni編集部がレストランのキッチンに直接お邪魔する新連載。レストランの美味しそうな“まかない料理”、気になりますよね?そんな、まかないをご家庭…もっとみる

5分で作る簡単まかない飯

中目黒と恵比寿を結ぶ鎗ヶ崎交差点から、駒沢通りを少し下って歩くこと2〜3分。カレーメニューが表示された歩道脇の立て看板を目印にビルの2階へ上がると、スパイス使いが得意なカフェ&バー「FORRESTER Spice&Music(フォレスター スパイス&ミュージック)」があります。 テーブル席4つとカウンター席だけの、こぢんまりとしたお店です。昼間は太陽の光が全面に入り、夜はダウンライトに照らされ、やわらかい雰囲気の中、お酒とお食事をいただくことができます。 カウンターにターンテーブルが設置され、活気ある音楽が流れる店内は、オーナーの趣味やセンスを随所に感じることができるお洒落な内装です。
スパイス使いが特徴の世界各国の料理を発信している、FORRESTER Spice&Musicで教えていただいたまかない飯は、ジェノベーゼパスタ。お店にある食材で、素早く簡単に作るまかない飯のレシピは、ご家庭でも簡単に再現できますよ。

じゃがいも入りのジェノベーゼパスタ

材料(2人分)

・乾麺…160グラム ・ジェノベーゼソース…60グラム ・じゃがいも…1個 ・トマト…30グラム ・鷹の爪…1本 ・にんにく…1片 ・オリーブオイル…大さじ1 ・パルメザンチーズ…適量 ・塩…適量 ・ブラックペッパー…適量 ※麺は、バリラ スパゲッティ1.4mmを使用します。 ※ジェノベーゼソースの材料は、バジル、くるみ、にんにく、オリーブオイル、パルメザンチーズ、塩胡椒をミキサーにかけたものを使用しています。家庭で作る際は、瓶に入った加工品で代用できます。

下ごしらえ

・トマトは1センチ角に切り、じゃがいもは火が通りやすいよう、小さめのさいの目切りにします。 ・鷹の爪は、半分に割って種を取り除き、にんにくは、みじん切りにしておきます。

作り方

塩気を感じるくらいに塩を入れ沸騰したお湯に、麺を入れます。
麺を茹でている間に、フライパンにオリーブオイル、鷹の爪、にんにくを入れて火にかけ、弱火から中火で香りが出るまで炒めます。
ジェノベーゼソースを加え、さらにパスタの茹で汁をお玉一杯分加えてソースを作ります。
麺を2分30秒茹でたらじゃがいもを入れ、さらに2分茹でます。
4分30秒(麺の茹で上がり表示時間より30秒早め)経ったら、水を切ります。
フライパンで作ったソースに麺を入れ、一気に混ぜ合わせます。
麺によく絡めたら、お皿に盛ります。
トマトをのせて、パルメザンチーズを振りかけ、塩とブラックペッパーで味を調えたらできあがり!

調理のポイント

1. にんにく、鷹の爪を焦がさないよう、火加減に注意します。 2. 調理時間は、正味5分〜6分で仕上げます。家庭で作る際は、最初にソースを作っておくと焦らず、失敗なく作ることができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS