3. ナッツ

ナッツが、和菓子にも合うことを証明するひと品。一見おはぎとは思えないですよね。こちらも、ベースは赤もち米を白あんで包んだもの。アーモンド、くるみ、カシューナッツの3種類も使われており、香ばしい香りが楽しめます。

4. つぶあん

わたしたちにとって、もっとも馴染み深い、もち米とつぶあんの定番おはぎ。店主の祖母である、タケノおばあちゃん直伝のつぶあんを使用しており、やさしく飽きのこない味です。重たすぎない甘さに「何個でも食べられそう」という方も。

「タケノとおはぎ」は学芸大学にも

2018年2月にオープンした学芸大学店は、東急東横線の学芸大学駅から歩いて11分ほどのところにあります。シンプルな佇まいの店舗で、本日のおはぎがずらっと並んでおり、本店同様人気です。

おはぎをゆっくり選べるシステム

こちら桜新町にある本店とは違い、店内が少し狭いため、2〜3名ずつ入店するシステムなんです。そのため、ゆっくりおはぎを選ぶことができるんですよ。12時の開店時間には行列ができるので、余裕を持って行ってくださいね。

店舗情報

■店舗名:タケノとおはぎ 学芸大学店 ■最寄駅:学芸大学駅から徒歩10分 ■電話番号:03-6413-1227 ■営業時間:12:00~18:00(売り切れしだい終了) ■定休日:月曜日・火曜日 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13218314/ ■公式Instagram: https://www.instagram.com/takeno_to_ohagi

おはぎはお取り寄せ可能?

こんな素敵な「タケノとおはぎ」のおはぎですが、お取り寄せや通販は、残念ながら今のところやっていないそうです。素材にこだわって、その日にしかでない味も多いので、ぜひ実店舗に足を運んでみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ