連載

【食べ方のキホン】コーヒー専門店に聞いた、エスプレッソの美味しい飲み方

通常のコーヒーよりも量が少なく、とても濃厚な味わいが楽しめるエスプレッソ。でもいざ飲むとなると、まずは何も入れずに飲むべき?苦かったら、砂糖入れてもいいの?と迷ってしまう事も多いはず。今回はそんなエスプレッソの美味しい飲み方をご紹介します。

エスプレッソの美味しい飲み方

イタリアで最もよく飲まれているコーヒーとしても有名なエスプレッソ。通常のコーヒーよりも量が少なく、とても濃厚な味わいが楽しめます。
でもいざ飲むときに、まずは何も入れずに飲むべき?苦かったら、砂糖入れてもいいの?と迷ってしまったり、美味しい飲み方がわからないから敬遠してしまう、という人も多いはず。

そこで今回は、定期的にコーヒーワークショップやセミナーを開催し、こだわりのシングルオリジンコーヒーが楽しめるNOZY COFFE三宿店で、美味しいエスプレッソの飲み方を教えてもらいました!

エスプレッソってなに?

エスプレッソとは、コーヒー豆を極細挽きにし、専用の機械・器具で圧力をかけて抽出したコーヒーのこと。細かく豆を挽いているため、表面積が増えてお湯に溶け出す量も多くなるので、より深く豆のうまみや成分を味わうことができます。

1) 黄金色に輝く泡、クレマを崩す

エスプレッソはクレマ・ボディ・アロマの3つの層に分かれています。エスプレッソの深い香りを閉じ込めているのが、1番上にできるクレマという黄金色の泡。まずはスプーンでクレマを崩していきます。

2) コーヒー豆本来の香りを楽しむ

クレマを崩すことで、閉じ込められていたエスプレッソの香りがいっきにあふれ出て、濃縮された豆本来の香りを楽しむことができます。

3) 軽くひとくち飲む

香りを十分に楽しんだら、舌になじむ程度にひとくち飲んでみましょう。凝縮されたうまみと滑らかな舌触りを味わってください。今回オーダーしたエスプレッソの豆はホンジュラス ラ・サバナ農園のもの。シトリックな柑橘系の酸味とキャラメルのような濃厚な甘さが特徴的な豆です。

4) お好みで砂糖を

NOZY COFFEEのエスプレッソは苦みは少なく、酸味や甘さが特徴的なものが多いので、ストレートで飲みきることもできます。それでもちょっと苦いという人は、砂糖をいれてもOK。

ちなみにイタリア人は砂糖を何杯もいれて飲むそうですが、NOZY COFFEEのエスプレッソにはスプーン1杯〜1杯半が適量だそうです。

5) 急いで飲まなくてもOK

本場イタリアでは2〜3くちで飲みきってサッと帰る、というのが主流のようですが、ちびちびとゆっくり飲んでもまったく問題ありません。砂糖を少しいれて風味を変えたり、少し温度が下がってから飲むと口のなかで感じる印象が違ったりと、変化を楽しむのもエスプレッソの醍醐味のひとつです。
エスプレッソの美味しい飲み方、いかがだったでしょうか。

使用する豆によって、味やうまみは変わってきますので、店員さんに豆の特徴などを聞いた上で自分好みにアレンジして楽しむのもおすすめですよ!
【取材協力】

特集

SPECIAL CONTENTS