大事な栄養を逃さない!スロージューサーが注目される理由

最近知名度が上がってきている「スロージューサー」。野菜や果物を圧縮してすり潰しながらジュースにする機械で、栄養素や酵素を壊さずそのまま取り入れることができます。栄養がしっかりと詰まったジュースを自宅で作れる機械、あなたも試してみませんか?

2018年10月28日 更新

クビンス

※画像はAmazon参照
『Kuvings(クビンス)』のスロージューサーは果物や野菜を小さく切る手間が不要なので、時間がないときにも使うことができます。投入口が広くなっているので、ニンジンやりんごなどの長いもの・大きいものもそのまま投入してOKなんです! 忙しいママさんの味方となるようなスロージューサーですね。

ヘルシオ

※画像は公式サイト参照
『HEALSIO(ヘルシオ)』から販売されているスロージューサーは、より栄養価の高いジュースを作ることのできるタイプと、フローズン用のアタッチメントがついてくるタイプとあります。 “味が濃い”、“時間が経っても分離しにくい”、“サラサラと飲みやすい”という、嬉しいポイントがそろった『ヘルシオ』のスロージューサーは、きっとあなたの満足感を満たしてくれることでしょう。

おわりに

いかがでしたか? 素材の栄養素をそのまま取り入れることのできる「スロージューサー」は、簡単・便利で忙しいあなたの健康を支えてくれること間違いなし!体に嬉しい健康的な生活を、手軽に始めてみませんか?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS