池袋西武のルーフトップうどん屋「かるかや」は切なく美味い名店

平日午後の池袋西武の屋上で食べるうどん。ろくなもんじゃないと思われるでしょうが、この「かるかや」は実はすっごく美味いんです。デパ地下で打ちたてのうどんが即提供され、乱雑な切り方が絶妙なコシのバランスを生み出します。人影もまばらな切ない雰囲気で食べるうどんはまじで最高だったりします。

2017年3月30日 更新
デパートの屋上で食べるものって、そんなにおいしくないと思いがちだけれど、池袋西武の屋上にあるうどん屋「かるかや」は、すごく美味しいんです。手打ちの讃岐うどんで、麺のコシは本場のもの。
この屋上に絶品のうどん屋があります。
しかも美味しいだけでなく、雰囲気も最高です。さみしげなデパートの屋上でこんなにうまいうどんが食べられるなんて想像できないのが良いです。
エレベーターで「R」のフロアで降りる。ドアを抜けるとそこは屋上。

平日午後のデパートの屋上は寂しい雰囲気

やたら広い。そして誰もいない。
園芸コーナーに癒やされる。
この大量のテーブルは夜のビアガーデン用。
あの青いテントの横にお目当てのお店はあります。

このうどん屋が美味いなんて信じられないけど……

だって店構えはこんな感じですよ。
メニューは上の方に書いてあります。
うどんは360円から。安いです。 スタミナうどん(510円) かるかやうどん(460円) わかめうどん(460円) 釜あげうどん(410円) おろしうどん(410円) 月見うどん(410円) 山菜うどん(410円) たぬきうどん(360円) きつねうどん(360円) さぬきうどん(360円) もりうどん(360円)
さっそく注文してみましょう。
まずオススメは「釜あげうどん」。
このちょっと濃い目のだしに、
このバラバラの太さのうどんが合うんです。
こうやって熱々のうどんをつけていただきます。
まじでうまい!!!!!!
うどんの太さがバラバラなため、予想外のコシの強さがランダムにやってきます。
それをずずずっと、ひたすらすする。
手前のうどん太すぎwwwww
でもそれがだしによく絡むし、歯ごたえも最高。
終盤になったら生卵を溶いて、変化を楽しみます。
ああ、最高だわ、「かるかや」。
目の前はこんなロケーション、なんという開放感。

真骨頂は冷やし系のうどん

「冷やしたぬき」も頼んじゃいました。
ちょっとだけ一味唐辛子をかけます。
冷やしだとこのうどんが本当に暴力的なまでのコシで攻めてきます。
すごい。「固い」の本当に一歩手前のコシ。
まじですごいうどんです。
釜あげもいいけど、夏は冷やしですね。
雨が降ってる日でも屋根はあるから大丈夫。
実は「孤独のグルメ」の井之頭五郎さんも訪れたことがあるんです。

このうどんが気に入ったら、ぜひ西武の地下1階へ

手近なエレベーターから地下まで一気に降ります。
地下の店舗で打ったうどんを屋上で食べてたのです。

お土産にどうぞ。

打ちたての讃岐うどんがその場で買えます。

池袋でご飯に迷ったらぜひ行っておきたいお店です

家族連れからオシャレな百貨店の人までみんな大好き
見るからにコシのあるうどん本当におすすめです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS