知る人ぞ知る宮崎名物「なんじゃこら大福」ってなんじゃ?

宮崎県民にも愛されている「なんじゃこら大福」を知っていますか?大福の中に栗とイチゴとチーズが入っている、ボリュームたっぷりの大福なんです!昭和63年から発売している大福で、『お菓子の日高』の看板商品として、今でも愛され続けています。

宮崎名物「なんじゃこら大福」

日本各地には、様々な名物グルメがありますよね!ご当地グルメは、旅行に行ったらチェックしておきたい項目のひとつ。

そんな地域ならではのお菓子として、今回は「なんじゃこら大福」をご紹介します。
このユニークな名前の大福は宮崎県の名物で、宮崎市中心部にある『お菓子の日高』というメーカーさんが販売しているんです。

『お菓子の日高』とは

『お菓子の日高』は現在、橘通本店を拠点に宮崎市内に7店舗営業しており、多数のオリジナル商品を販売しています。今回紹介する「なんじゃこら大福」のほかにも、 あんこの代わりにチーズをいれた「チーズ饅頭」などの人気商品がずらり!
オリジナルのお菓子作りに長けた、アイディアいっぱいのお菓子屋さんなのです。

「なんじゃこら大福」の正体は……?

宮崎県民にも愛されている「なんじゃこら大福」の正体は、中に栗とイチゴとクリームチーズが入っている、ボリューム満点の大福なんです!
昭和63年から発売している大福で、『お菓子の日高』の看板商品として今でも愛され続けています。
食べる前は、なんの変哲もない普通の大福。なので、食べたときゴロゴロと中身が入っていることにかなり驚くのだとか!潰れることなくまん丸で、女性のこぶしほどの大きさ。
イチゴと栗、クリームチーズの隙間を埋めるように詰められたあんこがまた、ほどよい甘さでクセになるのだそう。

いろんな味わいが「なんじゃこら大福」ひとつで楽しめるので、お茶請けはこれだけで十分みたいですね!

お土産にぴったり!

「なんじゃこら大福」は、なんといってもそのインパクトのあるネーミングが印象的ですよね。宮崎駅お土産品売り場などにも直営店があるので、宮崎土産としても人気があります。渡すほうも貰うほうも楽しめそう!

初めて見た方は、中のゴロゴロとした具やその大きさ、ネーミングに驚いてしまうようです。お土産に「なんじゃこら大福」を渡せば、ウケること間違いなし!

ネットでの反応は……?

Twitterなどにも、インパクト抜群の「なんじゃこら大福」を投稿する方がいて
「念願のなんじゃこら大福美味しかった!ネットでお取り寄せしたい」
「学生時代を過ごした宮崎のなんじゃこら大福が食べたい。めちゃうまなんよね。見た目びっくり食べてびっくりなんじゃこらだよ」
「なんじゃこら大福、幸せの極み」
など、大満足の様子がうかがえました。
中にはリピートしている方もいて、一度食べたらクセになってしまうことも分かります。おいしいものだけをぎゅっと詰め込んだような「なんじゃこら大福」は、宮崎県民だけでなく多くの方を虜にしているようです。

おわりに

お菓子の日高が発売している「なんじゃこら大福」はボリュームたっぷりで、1個食べるとかなり満足できるそうです。1個でいちご、栗、クリームチーズと、いろんな味わいが楽しめるのも嬉しいですよね!

また、「なんじゃこら大福」はオンラインショップでも購入できるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS