新宮村のスイーツ「霧の森大福」とは。こだわりや購入方法まで

お茶どころとして有名な、愛媛県新宮村で作られた絶品スイーツ「霧の森大福」。売り切れ続出で、幻ともいわれているんですよ。そんな「霧の森大福」のおいしさの秘密や購入方法、そして通販についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

2019年1月24日 更新

売り切れ続出の「霧の森大福」とは

「霧の森大福」とは、愛媛県四国中央市新宮町の観光スポット「道の駅 霧の森」内にある、お菓子工房で製造されている大福です。こちらの大福が人気すぎて、製造が追いつかないほど。そんな「霧の森大福」の秘密をご紹介します!

4層でできている「霧の森大福」

「霧の森大福」は、4層構造でできている大福です。中心から生クリーム、こしあん、抹茶を練りこんだ餅、そして最後に抹茶がかけられています。包装紙を開けると、ふわっとした抹茶の香りが楽しめますよ。

どんな味がするの?

「霧の森大福」をひと口頬張れば、口の中いっぱいに抹茶のほろ苦さが広がり、その後から、なめらかな生クリームと純粋な甘さと、こしあんの上品な甘さを感じられるひと品です。ほろ苦さと甘さのバランスが絶妙で、一度食べたら虜になるほど。

抹茶へのこだわり

1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう