新宮村のスイーツ「霧の森大福」とは。こだわりや購入方法まで

お茶どころとして有名な、愛媛県新宮村で作られた絶品スイーツ「霧の森大福」。売り切れ続出で、幻ともいわれているんですよ。そんな「霧の森大福」のおいしさの秘密や購入方法、そして通販についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

売り切れ続出の「霧の森大福」とは

「霧の森大福」とは、愛媛県四国中央市新宮町の観光スポット「道の駅 霧の森」内にある、お菓子工房で製造されている大福です。こちらの大福が人気すぎて、製造が追いつかないほど。そんな「霧の森大福」の秘密をご紹介します!

4層でできている「霧の森大福」

「霧の森大福」は、4層構造でできている大福です。中心から生クリーム、こしあん、抹茶を練りこんだ餅、そして最後に抹茶がかけられています。包装紙を開けると、ふわっとした抹茶の香りが楽しめますよ。

どんな味がするの?

「霧の森大福」をひと口頬張れば、口の中いっぱいに抹茶のほろ苦さが広がり、その後から、なめらかな生クリームと純粋な甘さと、こしあんの上品な甘さを感じられるひと品です。ほろ苦さと甘さのバランスが絶妙で、一度食べたら虜になるほど。

抹茶へのこだわり

無農薬

「霧の森大福」は抹茶へのこだわりがすごいんです。こちらで使われている抹茶の原料は、「新宮わきの茶」と言われるもの。この「新宮わきの茶」、なんと30年間、一度も農薬を使っていないんです。これはかなり貴重で、全国を探しても、新宮村以外にはほとんどないと言っても過言ではありません。

無農薬でも作れる理由

新宮村の茶畑は、ほぼ全戸にあるんだそう。しかしどこの茶畑も小規模であるため、病気や虫などの被害が出たときも、少ない被害にとどめることができるんです。また、30年間無農薬でお茶を育ててきた茶畑は、虫などの敵から身を守るために強くなります。

もちろん、農薬を使う茶畑に比べて収穫量は減ってしまいますが、それでも30%減ほどに抑えられているのは、上記の理由からなんでしょうね。

かぶせ抹茶

無農薬で強く育った「新宮わきの茶」は、収穫前に寒冷紗(かんれいしゃ)と言われる黒い布を被せ、日光を遮断します。こうすることで、光を求めて鮮やかな緑色を帯び、えぐみや苦みが抑えられるんだそうです。

「新宮わきの茶」の味わい

無農薬や日光の遮断といった、厳しい環境下の中で育った「新宮わきの茶」は、色鮮やかな緑で、やわらかいほろ苦さを持ったお茶になります。そしてお茶の中でも重要な香りですが、非常に強いんだそう。そのため「新宮わきの茶」は、日本で一番、香気(こうき)だと称されているんです。

「霧の森大福」にかかっている抹茶は手作業!

丁寧に作られた抹茶を餅に練りこみ、そして大福のまわりにもかけるのですが、ここでもこだわりが。なんと機械に頼らず手作業で、ひとつ一つ大福に抹茶をかけているんだそう。これによって、機械では考えられないほどの量の抹茶をまとった大福ができあがるんです。

こだわって作られた無農薬緑茶を買いたい!

急須でお茶を淹れている様子

50g 1,050円 ※画像はイメージです。

「霧の森大福」でも使われている無農薬の「新宮わきの茶」。じつは購入ができるんですよ!「希物(まれもの)」は、中国で開かれた国際銘茶品評会・緑茶の部で、金賞を受賞したもの。

淹れ方によっても味が変わるこちらのお茶は、「馬立PA」以外の店舗で購入可能です。一度お土産にいかがですか。

「霧の森大福」の購入店舗

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう