鏡餅には何故みかんを乗せるの?知っておきたいお正月の豆知識まとめ

お正月に供える鏡餅は何故丸いのか、みかんを乗せるのか、疑問に感じたことはないですか?そしておせち料理の中に入れる食材、これらにはすべてきちんと意味があるんだそうです。一体どういう意味を表しているんでしょうか?紹介したいと思います。

「鏡餅」は何故丸くて、みかんを上に乗せるんでしょう?

まず「鏡餅」といってもなんで鏡?というのが素朴な疑問ですよね。実はこれは昔の鏡をたとえたもので、古代の鏡は青銅製で円形だったんです。歴史の教科書などでなんとなく見覚えがある方もいるかもしれないですね。

その鏡は神事に用いられており、次第に神仏にお供えをするときにお餅を鏡のような円形にして鏡に見立てて供えるようになったんだそうです。

鏡の中には「神が宿る」ともされており、鏡に見立てたお餅を飾ると神様と一緒に新年をお祝いできるということで、習慣になっていったようですよ。

みかんの意味とは?

みかんの色はだいだい(橙)色で、子孫が代々(だいだい)まで繁栄するようにということで縁起を担いだんですね。いわば語呂合わせです。またお餅を重ねるのは「穏やかに年を重ねる」という意味で、大小のお餅で太陽と月を表現しているんだとか。

「祝い箸」はどうして両端使えるのでしょう?

おせち料理を食べるときなどに使う「祝い箸」ですが、両端が細くなっていますね。これにはどんな意味があるんでしょうか?このように真ん中の部分が太くなって両端が細い箸は『両口箸』と呼ばれ、片方の端の部分は神様に使ってもらい、もう片方は人間が使うという意味なんだそうですよ。

神様に供えた食べ物を自分たちも食べて体内にとりいれることで、神様をあがめ、食べ物に宿っている神様の力も一緒にとりいれようということなんですって。

また真ん中が太いことで『俵箸』とも言われ、これは五穀豊穣(ごこくほうじょう)、お米などの穀物が豊作になるという意味ですが、それを願っているからだとされています。

別に『はらみ箸』という名前もあり、子孫繁栄を願って「孕む」=はらむ、つまり妊娠するという意味を表しているんですね。

「おせち料理」に入っている食材の意味は?

おせち料理ももちろんいろいろな願いを込めた意味があるんですね。では順番にご紹介していきましょう。

かまぼこ

かまぼこはおせちには「紅白」、ピンク色と白い色のものが交互に入っていますよね。これはお祝いの色であり、紅はめでたさと喜び、白は神聖さを表現します。そして半月型の形から日の出を表現しているんだそうです。

栗きんとん

黄金色にきらめく財宝を表現しています。一年が豊かでありますようにという願いを込めて入れられます。昔から日本中どこでも収穫できる栗は「勝ち栗」とも呼ばれ、縁起がいいものとして尊重されてきたそうです。

黒豆

黒豆の「まめ」は本来、丈夫・健康を意味する言葉だそうで、「まめに(元気に)一年働けますように」との願いが込められています。

昆布

昆布は「喜ぶ」とかけている語呂合わせともいえます。昆布巻はおせち料理には欠かせないもののひとつですね。

田作り

五穀豊穣を願い、小魚を田んぼに肥料としてまいたことからこの名前になったという「田作り」。カタクチイワシの小魚なんだそうです。これも豊作でありますようにの願いが込められていますね。

数の子

特集

SPECIAL CONTENTS