食べ方のポイントは?

ローストビーフ丼を初めて食べるときは、そのお肉の大きさにびっくりしてしまう人もいるかもしれません。もちろん食べやすい薄さに切ってありますので、1枚一気にお口に入れてもすんなり食べることができます。 箸で切ってもいいですが、お肉1枚を口に入れてからタレのついた白米を食べるスタイルの方が多いようですね。もしもう少し上品に食べたい……!という方は、お肉でご飯をくるりと巻いてから食べる、という方法もあるようです。 ひとりでさっと食べるときには前者の、友人や恋人と一緒に行くときには後者の方法で食べるようにするといいかもしれませんね。

2度目ならこちらもおすすめ!ステーキ丼

レッドロックと言えばローストビーフ丼ですが、次に人気なのはこちらの「ステーキ丼:並950円(税込)」。レアな焼き加減の断面が、また肉好きのハートに火をつけるひと品です。

やわらかいお肉は脂身もほとんどないため、量が多そうに見えますが意外と食べられてしまうのだとか。タレは醤油ベースで、こちらも肉そのもののうまみを引き立ててくれる仕上がりになっています。

お友だちとふたりで行ったときなどは、こちらのステーキ丼とローストビーフ丼をシェアする方も多いよう。男性だと、こちらの方が好みかも、という意見も散見されました。大を頼んでも1,250円(税込)という価格も魅力的ですね。

贅沢したいときに!黒毛和牛ローストビーフ丼

同じローストビーフ丼を食べるのでも、ちょっと贅沢したい気分のときにはこちらの「黒毛和牛ローストビーフ丼」はいかがでしょうか。

パッと見では同じビジュアルに見えますが、赤身肉のうまみの強さや、適度に入ったサシ、やわらかさなどの点でこちらの方がおいしいという人も多いようです。

お値段は並:1.600円、大:1,900円と普通のローストビーフ丼よりは少々お高めですが、ローストビーフ丼とステーキ丼を食べたら次はこちらも頼んでみるのもありかも。ちなみに、ステーキ丼にも黒毛和牛ステーキ丼があり、こちらは並:1,700円(税込)、大:2,000円(税込)で楽しむことができますよ。

ローストビーフ丼以外も魅力的だった!

ローストビーフ丼で有名なレッドロックですが、ステーキ丼や黒毛和牛シリーズなど、ほかの商品もしっかり人気を集めているようです。

食券方式なので回転率がよく、さっと食べてさっと出られるところも幅広い世代に受けている理由のひとつですね。

今はたくさんのローストビーフ丼のお店がありますが、まずはこちらのお店のローストビーフ丼を試してみるのはいかがでしょうか?

レッドロック 原宿店 店舗情報

■店舗名:レッドロック 原宿店
■最寄駅:明治神宮前(原宿)駅から427m
■住所:東京都渋谷区神宮前3-25-12 フジビル B1F
■電話番号:03-6721-1729
■営業時間:11:30~22:00(L.O)
■定休日:無休
■席数:48席
■禁煙・喫煙:完全禁煙(11:30~17:00まで完全禁煙)
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13184256/
■公式HP:http://www.redrock-kobebeef.com/
▼絶品ローストビーフ丼が食べられるお店はほかにも!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ