老若男女に好まれるおいしさ!銀座・日本橋エリアの和菓子お土産まとめ

今回は銀座、日本橋エリアでおすすめの和菓子手土産をまとめました。この辺りは老舗のおいしい和菓子屋さんがたくさん!老若男女に好まれるおいしさが溢れる上品なスイーツを楽しんでみてください♪

銀座鹿乃子の「かのこ」

永年独特の技術による手づくりの和菓子を提供してきた銀座銘菓「銀座鹿乃子」。そこの名物である「かのこ」は、上品な豆と栗を使って色とりどりに仕上げています。天然の風味と濃密な甘みはお茶うけにもぴったり!

銀座若松の「あんみつ」

松は1894年創業の老舗甘味処。十勝小豆のこしあん・伊豆大島の寒天・富良野の赤えんどうを盛りつけて、アクセントとして松の形の羊羹が飾ってあります。寒天はクセがなく食べやすいサイズにカットされているのもポイント。

長門の「久寿もち」

ふわっとしたやわらかい生地にきな粉がかけてある長門の「久寿もち」。夏は冷蔵庫で15分ほど冷やしてから食べるのがおすすめだそうです。夕方には売り切れることが多いそうなので、購入する場合はお早めに。

空也の「空也もなか」

ほとんどが予約分で終わってしまうほど人気の銀座「空也」。購入してすぐならばパリッとした最中皮の食感を楽しむことができるそう。あんこはとっても上品な味わいで、しっとりとした味わいが口に広がるとか。

塩瀬の「本饅頭」

大納言の入った小豆あんを薄い皮で包み、丁寧に蒸しあげた本饅頭。あっさりした甘さ、上品な口あたりが楽しめる上品なこの和菓子は「塩瀬」自慢の逸品だそうです。

寿堂の「黄金芋」

日本橋人形町で100年以上の歴史を持つ老舗の和菓子店の「寿堂」。黄金芋は見た目は焼き芋のようですが、さつまいもは一切使われていません。ほどよい甘さとシナモンの香りが漂う、しっとりとした食感のスイーツです。

茂助だんごの「おだんご」

日本橋魚がしの頃から続く創業110年のおだんご店。2000本以上のおだんごが午前中で売り切れることもあるほど人気だそうです。人気のだんごは醤油、つぶあん、こしあんの3品。
銀座、日本橋エリアの和菓子手土産はこれを選べば間違いなし!?皆さんもぜひ参考にしてみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう