おやつにはナッツが最適らしい!その理由って?

最近ナッツ類が体にいいという話は小耳にはさんできましたが、具体的にどうすぐれているのか?よくは知りませんでしたので調べてみましたよ。知れば知るほどすごいナッツのパワーです。海外の記事をベースにしてご紹介しますね。

2016年12月6日 更新

おやつにはポテチじゃ高カロリー...

一日三食に加えて、私たちはおやつを食べることがありますよね?大体1,2回ぐらいでしょうか?そんな時には「ポテトチップス」はもちろんおいしいけれど体にはあまりよくないですね^^;今、私たちが間食につまむべきは、ポテトチップスじゃないですよね、健康のことを考れば。

業界の最新の統計によれば、ナッツの売上げ高は6.6%上昇しています。一方ポテトチップスの売上げ高は昨年1.7%減少したのだとか。(※元記事はイギリスのものです)

小売業のアナリストによれば

小売業のアナリスト、クリス・ロングボトム氏は言います。「何年もの間、脂肪含有率が高いということでナッツ類は避けられてきました。しかし今、ナッツに含まれている不飽和脂肪酸を我々は消費すべきだと、世論は逆転しているのです」

ナッツに含まれる不飽和脂肪酸は、人間の体にはいいものであり、血液が凝固するのを防ぎ、心拍数を安定させることにも役立つんだそうです。またナッツは人々に満腹感を与えて、食べすぎを抑制してくれる効果もあるんですって。その結果ダイエットにも有効な食べ物なんだとか。

次の項目ではナッツの種類別の効能についてお話ししますね。

ナッツの種類別効能

アーモンド

血圧を下げ、アーモンドに含まれているカルシウムは骨を強くしてくれます。ペンシルベニア州立大学の今年度の研究では、高炭水化物のマフィンの代わりに、アーモンド1.5オンス(42グラム)毎日のおやつに食べると、心臓病や高血圧の可能性を減らし、悪玉コレステロールを減少させることがわかりました。

ピスタチオ

2型糖尿病に効果があります。スペインの研究では、2型糖尿病が重い人たちに一日に60個ピスタチオを食べてもらうと、彼らがたやすく自分の血糖値をコントロールできることがわかっているそうです。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう