ライター : さとけん

「毎日美味しいものさえ食べれれば、人は幸せになれる」 をモットーに、日々の食事を楽しみに生きています。

南青山の焼き鳥屋さん”鳥政”

噂には聞いていた。 南青山に迫力のある焼き鳥丼を出す人気のお店があると。 最近また肉食の気配を漂わせてきた筆者が、先日仕事で南青山に行った際、 ランチで食べてみようと思い立ち、鳥政さんに行ってみることにした。

なかなかわかりづらいところにありましたw

表参道の交差点から外苑前方面へ歩いていきます。 右側の歩道をあるいて下さいね。 何度か右へ曲がりたくなる衝動をおさえ、 写真にあるギャラリーの手前を右折して下さい。
この矢印の方向へ進んでいくと右手に 待つ人用に置かれたであろう椅子がある なんとも雰囲気のある焼き鳥屋さんが現れます。
ここが鳥政さん 恐らく人が数名並んでいる可能性があるので わかりやすいかと。
少し人が待っていましたが、1名だったのですんなり入れました(ラッキー) 初めて行ったにも関わらず、座って1秒後にはおやっさんから 「ご注文は!?」との声w 早いぜおやっさん、さすがだ笑 だがあっしは焦ることもなく冷静に、 あたかも常連のような声、振る舞いで 「焼き鳥丼」と答えてやってぜ〜ぇ?
ワイルドだろう?
そしたらおやっさん、 「どんいっちょう!」と言ってたぜ ここでは常連は「どん」と呼ぶようだぜ 気をつけようぜ〜

「レバーだいじょうぶですか?」

これはどんを頼む人に必ず聞いていた。 筆者は好きだが、やはり世の中レバーが苦手な人が多いんだなぁ

まずは漬け物と水が

なかなかうまい漬け物でした〜 がしかし、やはり人気店、待ち時間が少々ありましたな。 漬け物も完食し、カウンター隣りに座っていた男性2名の会話に耳を傾けておりました。笑 そして待つこと、、、、何分か忘れましたがかなり長かったような気がする。 しかし丼が運ばれた瞬間そんなものは吹き飛びました。 「はいおまち」
ごっつ〜〜〜〜!!!!
ファーストインプレッション(第一印象)はまさにそれでした。 全体的に1個がデカいw こりゃ、期待が高まりますな。 具材は、レバー・正肉・笹身・ネギ、あと確か砂肝も入っていたような気がするな。 すみません、レポの予定なく普通に食べてたもので記憶が曖昧でございます(笑)

笹身がネギかと思ったw

筆者、少し筋力トレーニングなどもしてたりするので、 笹身を食べ慣れていると自負していましたが、 ここの笹身はごっつ過ぎて、最初ネギかと思ってかじってしまう程w ご覧下さい、ね、これネギに見えるでしょ〜?
あれ、見えない?笑 いやいや、ライブ感で見るとマジでネギですからww 是非一度お店に行ってみて下さい♪

中は完全に老舗の焼き鳥屋さん

黙々と作業をする生粋の職人さんがいる老舗の焼き鳥屋といった感じ。 食事に集中できるので筆者はけっこう好きな雰囲気╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS