ひと味違う!鎌倉『ca ca o(カカオ)』で専門店の生チョコを食べよう

鎌倉駅を降りて小町通へ行くと現れる生チョコレート専門店『ca ca o(カカオ)』。こちらではカカオにこだわりを持って作られた生チョコレートやタルトなどの、チョコレートスイーツがいただけるんです。カカオバターで作られた石鹸などもあるので、ぜひ足を運んでみてはいかがですか。

2019年4月2日 更新

ライター : kanagon

お菓子作りとお料理が得意です。 趣味はスイーツ屋さん巡りや食べ歩きに国内旅行。

鎌倉の生チョコレート専門店『ca ca o(カカオ)』

食べ歩きスポットとして有名な、鎌倉の小町通り。そこに2015年4月25日(土)からオープンし、変わらぬ人気を誇っているのが、生チョコレート専門店『ca ca o(カカオ)』なんです。

『ca ca o(カカオ)』のこだわりとは?

生チョコレートに使われているのは、コロンビア産の非常に室の高いカカオ。大変貴重なカカオ豆は、品質がよいことで知られている「トリニタニオ種」がベースになっているんです。全世界でもわずか8%以下しか採れない「フィノデ アロマ カカオ」という希少なカカオ豆が使われています。 またイベントなどの特別なタイミングだけでなく、日常のなかで楽しんでほしいという思いを込めて、多くの方が足を運ぶ場所にオープンしたのだそうです。

一番人気!生チョコタルト

アロマ生チョコタルト

300円(税抜)
フィリングはとっても舌触りがよいんです。自慢の生チョコレートがベースになっているからですね。さっくりと歯ざわりのよいタルト生地との相性が抜群なんです。まずはこれを食べなければはじまらない、とまで言う方もいる人気の定番メニューなんです。

フォンダンタルト

300円(税込)
こちらはパッと見同じ商品に見えますが、実は時間帯限定で焼き立てを限定で販売しているもの。ひと口かじると、とろとろのチョコレートがあふれてきます。タイミングを合わせてでも食べたい商品。

冷たいチョコレートメニューも

生チョコソフトクリーム

400円(税抜)
とても濃厚な味わいでありながら、後味はすっきりして食べやすいのがポイント。暑い夏こそ食べたくなるソフトクリームに仕上がっているんです。

生チョコっぺ

650円(税抜)
大人気の生チョコレートを、冷たいドリンクにしたのがこちらの『生チョコっぺ』。滑らかでひんやりとした舌触りで、夏もおいしくいただけるフローズンタイプの飲み物なんです。東京サロン・デュ・ショコラでは、なんと3時間待ちだったんだそう!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS