ライター : sayo

カフェ・コーヒーライター

バリスタ歴を持つ、カフェ・コーヒーライター。都内を中心にカフェ巡りをしているほか、全国からコーヒー豆を取り寄せて“おうちカフェ”も楽しんでいます。また、カフェ巡りを目的とした…もっとみる

スターバックスの「ほうじ茶ティーラテ」ってどんなドリンク?

Photo by sayo

スターバックスのほうじ茶ティーラテは、ほうじ茶にクラシックシロップと、スチームした通常ミルクをブレンドしたホット専用ドリンクです。

こだわりの茶葉をブレンドして作られた香り豊かなほうじ茶に、まろやかなミルクがベストマッチ。スターバックスでは数少ない和風のドリンクで、ほかのティーラテよりも甘さが控えめなところも人気の理由のひとつです。

ほうじ茶&クラシックティーラテとの違いは?

過去に期間限定メニューとして販売された「ほうじ茶&クラシックティーラテ」は、ホワイトモカシロップと脂肪分の高い特製ミルクに、ほうじ茶とブラックティーを合わせた、甘さもコクもリッチな味わいのドリンク。

ホットのみの「ほうじ茶ティーラテ」とは異なり、アイスでもオーダー可能でした。

ほうじ茶ティーラテはいつまで飲める?

2022年9月の時点では、ほうじ茶ティーラテはレギュラーメニューなので、いつでも楽しむことができます。寒い時期はもちろん、夏場に冷房の効いた室内で飲むほうじ茶ティーラテも格別です!

「ほうじ茶ティーラテ」の価格とカロリー

価格

サイズ価格
ショート455円
トール495円
グランデ540円
ベンティ585円
※すべて税込の価格です
通常ミルクを、豆乳やアーモンドミルク、オーツミルク、ブレべに変更する場合は、+55円(税込)かかります。低脂肪タイプ、無脂肪乳への変更は無料です。

カロリー

ミルクの種類ショートトールグランデベンティ
通常ミルク104kcal162kcal223kcal287kcal
低脂肪タイプ89kcal139kcal193kcal249kcal
無脂肪乳74kcal117kcal163kcal211kcal
豆乳(調製豆乳)99kcal154kcal213kcal274kcal
アーモンドミルク80kcal126kcal176kcal227kcal
オーツミルク101kcal157kcal216kcal278kcal
ブレべ297kcal443kcal592kcal760kcal
もっともカロリーが低いミルクは無脂肪乳。通常から約30%カロリーオフできます。ただし無脂肪乳だとかなりあっさりした味わいに。コクを残しつつカロリーをカットしたい方には、低脂肪タイプがおすすめです。

ほうじ茶ティーラテのおすすめカスタム4選

1. ダブルの香ばしさがクセになる!アーモンドほうじ茶ティーラテ

※画像はイメージです

オーダー方法

  1. ほうじ茶ティーラテを注文
  2. ミルクをアーモンドミルクに変更 / +55円(税込)
  3. キャラメルソースを追加 / 無料
合計金額:トールサイズ550円(税込)

ほうじ茶とアーモンド、2つの香ばしさがクセになる味わいのカスタムです。キャラメルソースがアクセント。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ