材料2つでお手軽DIY!みかんの皮で「オシャレキャンドル」を作ろう♩

今、どこの家庭にもあるみかんの皮を使って、ちょっとお洒落なキャンドルを作ってみませんか?所要時間たった5分。いや、2分でも出来ます!即興のキャンドルですが、みかんの良い香りが漂い、素敵なディナーテーブルの演出に一役買ってくれますよ。

2015年2月25日 更新

みかんの皮のキャンドルの作り方

一つ作るのに5分もかかりません。とても簡単ですよ!!
材料 ●みかん ●オリーブオイルかまたは他の植物油
みかんの上の部分が下になります。逆さまに置きます。 葉がついていたら皮を破らない様に気をつけて丁寧に取り除き、うまく水平に置けるか、試して下さい。 皮の下から約1/3のところに軽くナイフで切り込みをいれます。みかんの皮は簡単に剥けるのでごく薄い切り込みでも大丈夫です。
皮の切り込みを入れたところから静かに皮を剥きます。 スプーンを使って皮を破らない様に気をつけながらみかんを取り出します。
キャンドルの芯に使うみかんの茎は注意して皮に残したままにしておきます。
オリーブオイルを少量注ぎます。茎の先がオイルに被ってしまわない程度のオイルの量をみかんの皮に入れます。スプーンで茎の先を少しだけオイルに浸けます。2、3秒で大丈夫です。これで準備完了。火をつければよい香りのするみかんのキャンドルの出来上がりです。 ディナーテーブルに置いてキャンドルの香りをお楽しみ下さい。
火がうまくつかない場合は水分が多過ぎるので、できればみかんの皮を一晩オイルなしで乾かしてから使うといいでしょう。火をつける前に茎をオイルに2、3秒浸けるのを忘れないで下さい。茎の長さにもよりますが、キャンドルの火は2、3時間は燃えます。 人数分作ってテーブルセッティングの一つに加えると、とてもお洒落なディナーが演出出来ますよ。 火が燃えている間は必ず側にいてくださいね。
*テーブルに直接置くより、お皿等に置いた方がより安全です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS