ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

脱炭素の未来をつくる「Carbon Neutral Alternatives」

Photo by 株式会社DATAFLUCT

「becoz(ビコーズ)」を展開するDATAFLUCTが、脱炭素に向けたイベント「Carbon Neutral Alternatives(カーボンニュートラル オルタナティブズ)脱炭素の未来をつくる、あたらしい選択肢」を開催しました。

イベント後もトークセッションのアーカイブ視聴が公開され、「becoz wallet」では、カーボンオフセットのサブスクリプションプランの提供も開始しています。

カーボンニュートラルな未来を体感

Photo by 株式会社DATAFLUCT

イベントでは、サステナブルなアイテムの販売やワークショップ、研究内容の展示など12団体がブース出展し、9テーマのトークセッションも行われました。

「未来を体験する」「インスピレーションを受ける」「アクションを起こす」という3つのテーマでコンテンツが展開。2日間で合計4,579名が来場し、「becoz wallet」体験のほか、トークセッションやワークショップへの参加を通じて「カーボンニュートラルな未来」を体感しました。

“環境価値”流通プラットフォーム「becozブース」

Photo by 株式会社DATAFLUCT

“環境価値”流通プラットフォーム「becoz」ブースでは、質問へ回答することでCO2排出量の算出や自身の排出量のカーボンオフセットができる「becoz wallet」を来場者が実際に体験。

参加した方からは「今までオフセットやカーボンクレジットは国や企業がおこなうものだと思っていたけれど、自分達でおこなうことができるのはとても面白いし、身近で行動しやすい」などの感想も寄せられれています。

自分の生活が環境に与えている影響を数値化することで、行動変容に向けて取り組むという新しい価値観が生まれました。
森林や里山から出る間伐材や竹などから作った炭を使って農作物を栽培する「北総クルベジ」
また各出展ブースでも、サステナブルな視点で作られたアイテムの販売や廃材からアクセサリーや生活雑貨を作るワークショップが人気を集め、楽しみながら暮らしを変えるアイデアを体感することができました。

無料視聴できるトークセッションが公開

Photo by 株式会社DATAFLUCT

トークセッションでは、カーボンニュートラルに向けた取り組みをおこなう先駆者・専門家を迎え、各業界の現状や取り組みなどの最新事情が届けられました。

それぞれの立場から、持続可能な未来のために「今できること」が語られ、自分の暮らしにも取り入れられるヒントがたくさんありました。

なお、トークセッションは下記Webサイトからお申し込みのうえ、アーカイブで視聴s視聴うることができます。気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

イベントのCO2排出量に対するカーボンオフセットを実施

Photo by 株式会社DATAFLUCT

本イベントでは、モノが作られ、使われ、捨てられるまでのあらゆる段階で排出されるCO2の量を把握する「LCA(ライフサイクルアセスメント)」を研究する東京都市大学伊坪研究室が事前算出した「イベント開催に伴うCO2排出量」を発表。

イベント主催のDATAFLUCTが、森林保全団体の一般社団法人more treesが創出するカーボンクレジットおよび北総クルベジが創出するバイオ炭を購入することで、46t-CO2eq(小数点以下切り下げ)の排出量をオフセットしました。

カーボンニュートラルなライフスタイルに

「becoz wallet」は、自分の生活によって排出されたCO2の量を可視化することができるサービスです。カーボンニュートラルな暮らしがより身近に、自分ごと化できると普段の意識も変わるはず。このイベントを通してひとりひとりが、脱炭素に向けたアクションを起こすきっかけになるといいですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ