卓上調味料が充実しているので飽きない

Photo by china0515

タルタルソースのほか、テーブル上の調味料が豊富なのもタルタルNUMAの特徴。キャベツにかけたい「青じそドレッシング」、フライとの相性がいい「NUMAソース」、「ヒマラヤ岩塩」、「山椒」まで置いてあります。

タルタルNUMAセット A

Photo by 株式会社Edge

1,800円(税込)
タルタルNUMAで一番のメインセット。フライは「海老フライ」、「アジフライ」、「チキン南蛮(ササミカツ)」です。

NUMA度満点!大ぶりの「海老フライ」

Photo by china0515

運ばれた瞬間、見るからに良い衣の状態。色の薄めな粉雪衣はサクッと軽やかで、新鮮な油の香りが広がります。肝心の海老は絶妙な火の通り具合で、甘みと旨みがギュッと詰まっていますよ。

Photo by china0515

海老のサイズ感は大きめで食べ応えがありますが、何度でも食べたくなってしまう軽さ。タルタルソースをつけると、ほのかな酸味とまろやかさが加わり、やみつき具合が増します。

Photo by china0515

お店のロゴと同じように、タルタルソースの沼にズボッと落としてみました!これだけたっぷりつけても、まだまだタルタルソースが残っているのがうれしい……。

Photo by china0515

トッピングのいくらと一緒に食べるという贅沢な合わせ技も!サクサクな衣、甘い海老、タルタルソースといくらの塩味……。背徳感の強いひと品のできあがりです。

ふっくらと肉厚な「アジフライ」

Photo by china0515

アジフライは大ぶりなのに、ふっくらとやわらかな身。軽やかな粉雪衣ともよく合っています。NUMAソースやヒマラヤ岩塩とよく合いますよ。

ササミとは思えないほどやわらかい「チキン南蛮(ササミカツ)」

Photo by china0515

「チキン南蛮(ササミカツ)」はひと口食べた瞬間、そのやわらかさに驚かされました。到底ササミとは思えないほど、ふんわりとした食感で多少冷めてもそれが維持されています。卓上にある特製の甘酢だれ「NUMA酢」をかければ、チキン南蛮に!

タルタルNUMAセット B

Photo by 株式会社Edge

2,100円(税込)
先ほどの「タルタルNUMAセットA」をベースに、チキン南蛮の代わりに成蔵の代名詞ともいえる「豚フィレカツ」を組み込んだセットです。
Photos:18枚
海老フライを揚げている
タルタルNUMAの看板
店内で調理している
タルタルソースのアップ
炊き立てのごはん
タブレットを押す
卓上の調味料
タルタルNUMAセット A
海老フライ
海老フライの断面
海老フライをタルタルソースに入れている
タルタルにいくらをのせたもの
アジフライ
ササミカツの断面
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ