ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党。

スターバックスの春の新作はちょっぴり懐かしいビバレッジ!

スターバックスから春の新作ビバレッジが登場!2022年3月16日(水)~4月12日(火)の期間で、フルーツ牛乳とコーヒー牛乳をアレンジした「フルーツ GYU-NEW フラペチーノ®」と「ふわふわ ムースコーヒー GYU-NEW」の2種類のドリンクが発売されました。

レトロでどこか懐かしさがありながら、新しさも感じるビバレッジですよ。私もさっそく2種類を飲んでみました♪

魅力的なコーヒー GYU-NEWとフルーツ GYU-NEW

Photo by china0515

スターバックスSpringシーズンは “新しくて、ちょっと懐かしい!? ” と感じるようなコーヒー体験がテーマ。牛乳瓶で長く愛される「コーヒー牛乳」と「フルーツ牛乳」に着目し、スターバックス流にツイストしたビバレッジとなっていますよ。

1. ふわふわ ムースコーヒー GYU-NEW

Photo by china0515

テイクアウト Short 501円(税込)/Tall 540円(税込)/Grande 579円(税込)/Venti® 618円(税込) 店内利用 Short 510円(税込)/Tall 550円(税込)/Grande 590円(税込)/Venti® 630円(税込)
「ムースコーヒー GYU-NEW」は、コールドブリュー コーヒーにミルクやクリームを合わせ、3つの層に仕上げたコーヒービバレッジ。

クリームとホワイトモカフレーバーシロップの層に、コールドブリューコーヒーとミルク、バニラフレーバーシロップを合わせたミルクコーヒーを注ぎ、ふわふわのミルク コーヒー ムースとココアパウダーをトッピングした一杯です。

3つの層で、それぞれ違ったくちどけや風味を楽しめますよ。

まさに、懐かしいコーヒー牛乳!まろやかで贅沢なくちどけが新しい

Photo by china0515

ミルクコーヒーのやさしいコーヒーの風味を、コーヒームースのふわふわなくちどけとともに楽しめます。コールドブリューはまろやかな味わいがポイント。

フレッシュクリームとホワイトモカフレーバーシロップは、よりやわらかな印象を与えながら、スッキリとした味わいを楽しめます。

3つの層をそれぞれ味わっても、全体を混ぜても楽しめるコーヒー GYU-NEW。ふんわりとしたくちどけと、香り高いコーヒーのスッキリとした飲み心地は、暖かい日が増える春にぴったりな一杯ですよ。

2. フルーツ GYU-NEW フラペチーノ®

Photo by china0515

Tallサイズのみ テイクアウト 638円 (税込)/イートイン 650円 (税込)
「フルーツ GYU-NEW フラペチーノ®」は、マンゴー、バナナ、白桃、オレンジ、温州みかん、パイナップル、りんごのフルーツの味わいがギュッと詰まったフルーツミックスジュースベースに、ミルクと氷をブレンドして仕上げた一杯。

トッピングにはホイップクリームとマンゴー、白桃、オレンジ、パイナップル、アプリコットが使用されています。さらに、フルーツポンチ果肉ソースをかけて、チェリーを添えた、見た目も華やかなフラペチーノ®ですよ。

明るく、かわいらしい見ためは春にぴったりですね。

フルーツの甘み広がるフルーティーな一杯

Photo by china0515

7種類ものフルーツが入ったフルーツ牛乳とはかなり贅沢!真っ赤なチェリーも印象的で、どこか懐かしいレトロ感を楽しめます。

ひとくち目からフルーツの甘みと酸味が広がり、果肉入りソースも果肉感や果実感といったフルーティーさを味わえるのがポイント。

フルーツは甘すぎず、後味もすっきりとしているのでゴクゴクと飲めてしまいますよ。
Photos:7枚
フルーツGYU‐NEW フラペチーノ®とふわふわ ムース コーヒー GYU‐NEWを持っているところ
スターバックスのふわふわ ムースコーヒー GYU-NEW
スターバックスのふわふわ ムースコーヒー GYU-NEWの中身アップ
スターバックスのフルーツ GYU-NEW フラペチーノ®のトップアップ
スターバックスのフルーツ GYU-NEW フラペチーノ®の中身アップ
スターバックスのフルーツ GYU-NEW フラペチーノ®とふわふわ ムースコーヒー GYU-NEWのコースター
フルーツ GYU-NEW フラペチーノ®とふわふわ ムースコーヒー GYU-NEWとコースター
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ