ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを一…もっとみる

コーヒードリッパーの選び方

Photo by 今野直倫

インスタントコーヒーだと手軽に味わえますが、コーヒー本来の味を楽しみたいという方はドリップコーヒーがおすすめ。

ドリップコーヒーとはフィルターに挽いたコーヒー粉を入れて、ハンドドリップで抽出する方法です。コーヒードリッパーとフィルター、ポットがあれば、ほかに特別な機材は必要ないため本格的なコーヒーが味わえます

コーヒードリッパーにはさまざまな種類がありますが、ドリッパーによって味や使用感が異なるため、おしゃれさにプラスして使い勝手の良さも考慮しましょう。

形状で選ぶ

コーヒードリッパーの形状には円錐タイプと台形タイプの2種類があり、コーヒーの流れるスピードが異なります。円錐タイプは、コーヒーがストレートに抽出されるため早く落ちるのが特徴。すっきりした味のコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

台形タイプはコーヒー粉に接触する時間長いため、しっかりとコーヒー成分が浸透します。そのため、酸味が少なくて苦味を味わいたい方におすすめです。

ドリップの穴もチェック!

コーヒードリッパーの底面には穴が空いており、商品によって穴の数が異なります。濃い味が好みなら、抽出時間の短い1つ穴。すっきりした味が好みなら、抽出時間の短い3つ穴や大きい穴が空いたタイプを選びましょう。

安価でより手軽に楽しむならプラスチック製

プラスチック製は軽量で割れにくいです。リーズナブルな価格なものが多いため、初心者向きのドリッパーだといえます。カラーやバリエーションも豊富で自分好みのデザインが見つかりやすいでしょう。

機能性にもこだわるなら陶器・ガラス・金属

陶器製やガラス製は、アンティークな雰囲気が魅力です。金属製はペーパーフィルターが不要なため、エコでアウトドアにも持っていけます。ただし取り扱いがむずかしいため、どちらかというと上級者向き。プラスチック製よりも高級感があるものが多いです。

淹れる容量をチェック!

ドリッパーを選ぶ際は淹れる容量をチェックしましょう。ドリッパーは人数や杯数分で表示されており、サイズによって淹れる容量が変わります。

一般的に1〜2人分が多く、少し大きなサイズであれば2〜4人分。メーカーによっては、同じモデルで2種類のサイズを販売されている場合もあります。ドリッパーは、コーヒーを淹れる人数や頻度に応じてサイズを選択しましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ