ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュプロフェッショナル(2級)

大阪市在住の主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」の楽しさ、頑張りすぎず「おいしく味わう」ことの大切さを実感。旬の食材を使った料理、季節の…もっとみる

【12位】かわいさNo.1「ポン・ドゥ・トリーコ」(天王寺駅)

Photo by suncatch

プレゼント用にイチオシのカヌレ専門店「ポン・ドゥ・トリーコ」です。場所はJR天王寺駅すぐの商業施設「MIO( ミオ)」1階。大きなグラス使ったディスプレイが目を引く、テイクアウトのおしゃれな店です。

オランジェットやあんバター、ブルーベリーヨーグルトなどフレーバーが多彩で、季節ごとに新作が登場しますよ。デコレーションがかわいらしく、どれを買うか選ぶのに迷ってしまうこと間違いありません♪

定番チュール(左)、オランジェット(奥)、コーヒープラリネ(右)

Photo by suncatch

300円、350円、350円(すべて税込) ※定番チュール、オランジェット、コーヒープラリネの順
「ポン・ドゥ・トリーコ」のカヌレは中サイズ。「定番チュール」は、ほんのりラムが香るやさしい味わい、「オランジェット」はビターチョコとオレンジの調和、「コーヒープラリネ」は甘さ控えめで深みのある大人の味を楽しめます。

そして、多くの女性の心を捉えているのがピラミッド型の手提げパッケージ!カヌレ1個でも、このおしゃれなケースに入れてくれますよ。セットでの購入がお得で、6個入りが税込1400円です。
店舗情報

【11位】カヌレが人気のカフェ「スペクタークル キタハマ」(北浜)

Photo by @sayosuk

地下鉄堺筋線北浜駅から徒歩2分の「spectacle KITAHAMA(スペクタークル キタハマ)」は、ビル1棟ごと改装したフォトジェニックなカフェバー。1階がカウンターとテイクアウト販売、2・3階と地下1階はフロアごとに異なるテイストのカフェスペースです。

人気の「箕面カヌレ」をはじめスイーツ類、老舗ブランド「ロンネフェルト」の紅茶各種、フランスの郷土料理「タルトフランぺ」などのメニューがおすすめですよ。

箕面カヌレ(4個)

Photo by @r__cafestagram

4個 550円 ※イートイン価格
お店を代表する「箕面カヌレ」は、小ぶりなプレーンカヌレ。箕面にある本店「cafeEZE(カフェ エズ)」の人気メニューなため、「箕面カヌレ」と呼ばれています。

しっとりもちもちの食感と上品な甘さは、手が止まらないおいしさと口コミでも高評価です。カフェでは温め直して提供されますよ。 テイクアウトやネットショップでも購入可能。週末のみ、姉妹店「パーラー淀屋橋」の看板メニュー「グランカヌレ」もいただけます。
店舗情報

【10位】広島発のおしゃれなカヌレ「立町カヌレ OSA店」(JR大阪駅構内)

Photo by suncatch

JR大阪構内の「エキマルシェ」に、2021年10月オープンした「立町カヌレ OSA店」。広島の洋菓子店「洋菓子カスターニャ」直営のカヌレ専門店です。

スタイリッシュなショーケースには、定番の「プレーン」や「ショコラ」「シトロン」のほか、限定フレーバーのカヌレも並んでいます。「洋菓子カカスターニャ」の人気スイーツ、JALの国際線機内スイーツに採用された「カタラーナ」も購入できるため、こちらも要チェックです。

抹茶(左)、シトロン(中央)、キャラメル(右)

Photo by suncatch

1個 226円(税込)
こちらのカヌレは中サイズ。種類が豊富でどれも甘すぎないため、いくつでも食べたくなります。女性に人気の「キャラメル」は、クリーミーでほろ苦くちょっと大人な味。香りがふわっと広がる「抹茶」や、レモンの甘酸っぱさがアクセントの「シトロン」もおすすめです。

また「プレーン」と、同じ生地でサイズが大きい「カヌレ」の食べ比ベをして食感の違いを楽しんでも。日持ちは冷蔵庫保存で3日です。ネット販売もされていますよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ