ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党。

スターバックスのバレンタイン第1弾ビバレッジを一挙紹介!

Photo by china0515

2022年1月19日(水)から、スターバックスのバレンタインがスタート!今回は第1弾、第2弾と、全部で3種類のビバレッジが発売されます。

第1弾は生チョコを贅沢に使った「トリプル 生チョコレート フラペチーノ®」、「ダブル 生チョコレート モカ」が登場。カカオの香りと、濃厚かつ華やかな味わいに注目です!

macaroni 編集部もひと足早く飲んできたので、気になる味わいをご紹介します♪

新作1「トリプル 生チョコレート フラペチーノ®」

Photo by china0515

Tallサイズのみ テイクアウト 668円 (税込)/ イートイン 680円 (税込)
第1弾のフラペチーノ®は、最初のひと口から最後まで生チョコをたっぷりと味わえるビバレッジ。ボディーからホイップクリームにまで生チョコが使われているんです!とくにチョコレート好きにはたまらない見た目なのではないでしょうか。

トッピングの生チョコレートソースと生チョコレートホイップをはじめ、ベースにも生チョコレートと生チョコレートホイップがたっぷりと使用されています。すべてのパーツに生チョコレートが使われているなんて、かなりこだわりが詰まっていますよね。飲む前からワクワクが止まりません!

スターバックス初の生チョコレートホイップ

Photo by china0515

トップに盛られた生チョコレートホイップは、スターバックス初のホイップとのこと。まずはスプーンですくって、ホイップだけで楽しむのもおすすめですよ。ふんわりとした食感とともに、チョコレートの風味を存分に楽しめます。

生チョコレートソースがかかっており、濃厚でビターな風味となめらかなくちどけがプラスされています。

ボディーもしっかりチョコ!まるでスイーツのよう…

Photo by china0515

ボディーにも生チョコレートソースと生チョコレートホイップがたっぷりと使用されているので、濃厚な生チョコレートをひんやりとした食感とともに味わえます。混ぜずにそのまま飲めば、食感や濃厚さの変化を楽しめて、全体を混ぜてから飲むとくちどけのいい生チョコレートを楽しめますよ。

見た目は濃厚で甘そうに見えますが、生チョコレートのカカオの香りをしっかりと楽しめ、ほんのりとした苦みも楽しめるのがポイント。甘すぎないので飲みやすいのも特徴ですね。

おすすめのカスタマイズは?

おすすめのカスタマイズは「チョコレートチップ追加」(+50円)「キャラメルソース追加」(無料)です!

チョコレートチップを追加することで、さらにチョコレート感と食感がアップしますよ。チョコ好きのみなさんは試してみてほしいですね。キャラメルソースを追加すれば、よりスイーツ感が増すので、1杯目はそのまま、2杯目以降にぜひ試してみてください。

新作2「ダブル 生チョコレート モカ」

Photo by china0515

テイクアウト Short 501円(税込)/Tall 540円(税込)/Grande 579円(税込)/Venti® 618円(税込) 店内利用 Short 510円(税込)/Tall 550円(税込)/Grande 590円(税込)/Venti® 630円(税込)
第1弾で登場するバレンタイン限定ホットビバレッジ。生チョコレートのなめらかなくちどけや華やかな風味と、エスプレッソのハーモニーが相性抜群なビバレッジです。

エスプレッソのなかにチョコレートフレークを溶かしいれてスチームミルクを合わせ、トッピングに生チョコホイップ、生チョコソース、チョコレートフレークがトッピングされています。

エスプレッソのなかにチョコレートフレークが入っているなんて、ホットビバレッジもかなり贅沢でひと手間かかっていますよね!
Photos:6枚
スターバックスのバレンタイン限定ビバレッジの第1弾を正面から
スターバックスのトリプル 生チョコレート フラペチーノ®を正面からアップで
スターバックスのトリプル 生チョコレート フラペチーノ®の生チョコレートホイップのアップ
スターバックスのトリプル 生チョコレート フラペチーノ®を横から
スターバックスのダブル 生チョコレート モカを正面から
スターバックスのダブル 生チョコレート モカのホイップ部分をアップで
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ