ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

100年以上の長い歴史。和菓子のように繊細でおいしいあん食パンのお店「明壽庵」

「和菓子のような歴史と繊細さ 明壽庵のあん食パン」がコンセプトの明壽庵は、あん食パンのお店。明壽庵の名前は、この王子の地で明治・大正から続く老舗3社、パンの明治堂(明)・久壽餅の石鍋商店(壽)・餡の王子製餡所(庵) に由来しています。

長年同じ地にお店を構えるなか、親・子・孫の三世代のお客様にも恵まれたそう。ここまでお店を支えてくれたお客様への感謝と、これから王子で生まれる新たな出会いへの願いを込めて、3社の伝統技術を集めた、ここでしか味わえない特別なあん食パンを作られていますよ。
明壽庵の特徴は主に3つに分けれます。

■創業明治22年・明治堂の高級食パン
厳選した北海道産小麦を使用。水を使わず、北海道産高脂肪牛乳と、北海道産バターのみで仕込まれています。創業以来131年、伝統の継承と革新をくり返し続けて辿り着いた食パン。

■創業明治20年・石鍋商店の発酵種

石鍋商店の久壽餅の小麦デンプンを、パンの発酵種として使用。2年間発酵させたこの小麦デンプンによって、久壽餅特有の甘い香りともちもちとした食感がパンに生まれます。

この小麦デンプンに含まれる乳酸菌には、腸内細菌を活性化させたり、パンの老化を遅らせる効果もありますよ。江戸時代に考案され現代に受け継がれる、体と地球にやさしい食材です。

■創業大正14年・王子製餡所の餡

餡子には、厳選された襟裳小豆を使用。明壽庵のパンに合うよう独自に開発され、季節や天候で煮あがりを調整しながら、毎日丁寧に炊き上げられています。

あん食パン以外にもおすすめ商品がありますよ。

「フルーツあんサンド」は、明寿庵のしっとりもちもちの食パンに、たっぷりのマスカルポーネホイップクリームと旬のフルーツをふんだんにはさんだ逸品。明壽庵オリジナルの餡子を使ったフルーツサンドです。

あずき食パンにマスカルポーネホイップを挟んだサンドと、プレーン食パンにあんホイップを挟んだサンドの2種類をベースに、それぞれフルーツの特徴に合わせて使い分けられていますよ。
▼通販サイトはこちら

1月5日(水)から1週間、SHIBUYA BASEに登場!

そんな『​​明壽庵』が2022年1月5日(水)から2022年1月11日(火)の間、SHIBUYA BASEに期間限定で登場!macaroniが運営する『macaroni cafe』と同じブース内で、1週間限定のポップアップ出店を行います。

お近くの方はぜひ、渋谷の店頭でもチェックしてみてくださいね。また、『macaroni cafe』へのご来店もお待ちしております!

販売概要

■店舗所在地:渋谷モディ 1階 SHIBUYA BASE フードスペース
■販売期間: 2022年1月5日(水)~2022年1月11日(火)まで
■営業時間 :11時00分~20時00分
■アクセス:https://www.0101.co.jp/721/
 ※営業時間・定休日は渋谷モディに準じます
▼商品の詳細はECサイトでも

※SHIBUYA BASE(シブヤ ベイス)とは

ネットショップ作成サービス「BASE」の加盟店が、渋谷の一等地で期間限定の実店舗出店に挑戦できるリアル店舗出店スペースです。

出店に必要な什器や機材を自由にご利用いただけるほか、丸井グループと連携して販売や接客ノウハウをサポートしており、リアル店舗を通じたブランドの認知度向上や、 新規顧客の獲得など商機を拡大する支援を実施しています。


「SHIBUYA BASE」は、ショップオーナーが対面でファンとコミュニケーションを取る機会としてもご活用いただいており、ブランドとファンの新たな出会いを生み出す空間として、多くの「BASE」加盟店にご利用いただいております。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ