ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

スターバックスの新店舗が皇居外苑 和田倉噴水公園にオープン!

Photo by スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

2021年12月1日(水)、環境省の管理する皇居外苑 和田倉噴水公園に「スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店」がオープン!

「Greener Stores Framework」取得の日本1号店

この店舗は、スターバックスが世界自然保護基金(WWF)と共同策定した、環境に配慮した店舗のための国際認証「Greener Stores Framework」を取得した日本1号店です。

また、日本において環境配慮のさまざまな観点から新たなソリューションを試験的に導入、検証する「サステナビリティ ハブ(拠点)」と位置づけ。

オープン時は、特に店舗から出る廃棄物削減の実証実験に軸をおき、リユースを基本とする国内店舗初のサービススタイルが導入される予定ですよ。

国内の通常店に比べ、店舗から出る廃棄物量約40%の削減を目指していくとのこと。

ドリンクは再利用可能なカップを推奨

これまでにプラスチック製から、紙製ストローや紙製カップへの切り替えなど、使い捨てプラスチックを削減するアクションを積極的に行ってきたスターバックス。

新店舗では、さらに一歩踏み込んだ削減に向けたアクションが実施されます。ドリンクの提供を店内利用は、マグや樹脂製グラス、持参したタンブラーやカップ。

持ち帰りは「スターバックスのリユーザブルカップ」(特別価格110円税込)、丸の内エリアで実証実験中の「借りるカップ」も導入されますよ。

通常店舗に比べ、使い捨てカップ使用量の約75%削減につなげます。

リサイクル素材を活用した店内

Photo by スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

店内は、随所で環境負荷低減の試みが感じられるデザインです。天井部や客席エリアのアートは、廃棄されてしまうキャンバスや糸や漁網を再利用。

天井から下がる照明は、リサイクルガラスや和紙が使用されており、クラフト感によるあたたかみも感じられますよ♪ また店内の家具は、国産木材を100%使用。

古くなったら入れ換えるのではなく、修理しながら長く使い続けるところも特徴です。

環境配慮を目的に “革新的” な新オペレーションを検証

皇居外苑 和田倉噴水公園店では、フードの陳列ケースの設置はありません。デジタルサインでフード商品が表示され、期限切れフードのさらなる廃棄削減を実施。

さらに、すべての路面直営店舗ではすでに再生可能エネルギーへの切り替えを完了しており、皇居外苑 和田倉噴水公園店でも再生可能エネルギーが導入されます。

さらにこの店舗では、自律分散型水循環システムを開発するWOTA株式会社と協業したクリーンステーションを店舗内に導入。

スターバックスとしては初となり、手洗い時に使用する水の98%以上を循環利用されますよ。

オリジナル商品も販売

Photo by スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

価格:「和三盆 アーモンドミルク フラペチーノ®」Tall テイクアウト 648円、イートイン 660円(税込)/「アイス 和三盆 ムース フォーム アーモンドミルク ラテ」Tall テイクアウト 540円、イートイン 550円(税込)/「和三盆 ムース フォーム アーモンドミルク ラテ」Tall テイクアウト 540円、イートイン 550円(税込)
皇居外苑 和田倉噴水公園店には、店舗限定ドリンクも登場!和を感じるやさしい味わいの「和三盆」と人気の植物性ミルクのひとつであるアーモンドミルクを合わせた、フラペチーノ®とラテが販売されます。
Photos:3枚
スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店の店内画像
スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店の照明
スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店の限定ドリンク
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ