ライター : 大森智美

整理収納アドバイザー

神奈川県在住の整理収納アドバイザー、整理収納教育士、防災共育管理士1級。訪問・オンラインのお片付けサポートを中心に活動中。「ここちよく整う暮らしとわたし」をキャッチコピーに…もっとみる

整理収納アドバイザーが教えるゴミ袋収納法

Photo by omori_tomomi

生活に欠かせないゴミ袋。皆さんはどのように収納していますか?大きさもマチマチで、収納方法が定まらず悩みを持っている方も多いですよね。

この記事では100円ショップなどで手に入るものを使用して、ゴミ袋収納法をご紹介します。ぜひ、ご自身に合ったゴミ袋収納を試してみてください。

1. 見た目スッキリにはストレージケースを使ったゴミ袋収納

Photo by omori_tomomi

ゴミ袋収納の定番、ストレージケースを使用したゴミ袋収納です。ケースにセットする手間はかかりますが、ゴミ袋がぐちゃぐちゃになりにくく収納内もスッキリ整うので、収納の見た目もこだわりたい方にオススメです。

材料

Photo by omori_tomomi

・STORAGECASE Lサイズ(Seria)
・45Lゴミ袋

組み立て方

1. ストレージケース本体を組み立てていく

Photo by omori_tomomi

袋に記載された手順通りに本体を組み立てていきます。折ったり挟み込んだりするだけなので簡単にできますよ。

2. 中板にゴミ袋をセットする

Photo by omori_tomomi

付属の中板を挟むようにゴミ袋をセットし、中板よりはみ出た部分は折り返して、本体にセットします。

3. ラベリングをする

Photo by omori_tomomi

使う時に間違ったサイズの袋を出してしまわないように、分かりやすくラベルをつけます。

ストレージケースはシンプルな作りなので、数種類同じケースを使う際はラベリングが必須。使う人皆が分かりやすいゴミ袋収納になりますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ