ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

保冷エコバッグは生鮮食品の持ち運びに便利!

2020年7月1日にレジ袋有料化がスタートし、買い物時にエコバッグを使うようになった方は多いのではないでしょうか?本記事でご紹介する「保冷エコバッグ」とは、保冷機能が付いたエコバッグのこと。冷たい状態をキープできるので、生鮮食品や冷凍食品を持ち運ぶのに非常に便利なアイテムです。

スーパーでの買い物はもちろん、アウトドアや運動会など、外出時に食品を持ち運ぶ際にも重宝します

保冷エコバッグを選ぶときのポイント

自分に合った形を選ぶ

保冷エコバッグは、大きく分けて「トートバッグ型」「レジかご型」「リュック型」の3タイプあります。

トートバッグ型

コンパクトな形の「トートバッグ型」は、ひとり暮らしの人や、小まめに買い物に行く人(一回の購入量が少ない人)におすすめ。折りたたんで手持ちのバッグに収納しておけば、学校や会社帰りの買い物時にも役立ちますよ。

レジかご型

「レジかご型」の保冷エコバッグは、買い物かごにそのまま設置できるのが特徴です。大容量なので、一度にたくさんの食材を買う人にぴったり。精算後の商品を入れる買い物かごにセットしておけば、詰め替えの手間を省くことができます。お店によってはレジかごバッグ使用不可の場合もあるので、ご確認のうえ使用するようにしてくださいね。

リュック型

両手があく「リュック型」は、自転車で買い物に行く人や、小さなお子さんがいる人(お子さんを抱っこしたり、手をつないだりして歩きたい人)におすすめです。トートバッグにできる持ち手や、ショルダーバッグにできる肩掛け紐が付いていて、2way、3wayで使えるものもあります。

素材・機能性で選ぶ

エコバッグの保冷力を重視する人は、複数の断熱素材が使用されているものを選びましょう。ただしいろいろな素材を重ねている分厚みがあるため、折りたたみにくい・かさばってしまうというデメリットもあります。

コンパクトに持ち運びたい人には、「アルミ素材」がおすすめです。薄手なものが多いので、すっきりと折りたたむことができますよ。

また、お手入れのしやすさもチェックポイント。撥水加工がされているものを選べば、バッグに付いた水滴や汚れを楽に拭き取ることができます。内ポケット・外ポケットの有無も使用感に差が出る要因なので、細かくチェックしてみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ