ライター : macaroni 編集部 井上

トレンド担当ディレクター

福島県出身、甘いものと白米が大好物の食いしん坊。インテリア雑貨や陶器が大好きでひと目惚れしたものはすぐに買ってしまう。カレー好きが高じて、レトルトカレーの連載をスタート。話…もっとみる

週1更新!一条もんこさんが推すレトルトカレー

Photo by macaroni

これまで4,000食以上のレトルトカレーを食してきた一条もんこさんが、いまおすすめしたい商品をセレクト、macaroni のトレンドチームメンバー井上が実際に食べてレビューします。話題の新商品から、ときにはご当地のカレーまで幅広く登場しますよ。

Photo by macaroni

スパイス料理研究家 / 一条もんこさん
4,000食のレトルトカレーを食した、正真正銘のレトルトカレーマニア。イベント、メディア多数出演。スパイスとカレーの料理教室「Spice Life」をはじめ、著書『おうちで楽しむスパイス料理とカレー』(池田書店出版)、講演会やイベントでも大活躍。自作レトルトカレー『あしたのカレー』は10万食の大ヒット!

インド&スパイス料理家の渡辺 玲氏監修「BEEF NIHARI(ビーフ・ナハリ)」

Photo by macaroni

価格:734円(税込)/499kcal
今回のセレクトは、インド&スパイス料理家の渡辺玲さん監修の「BEEF NIHARI(ビーフ・ナハリ)」。ナハリ、もしくはニハリと呼ばれる、イスラム教徒のカレーで、大きな壺型の鍋で油とスパイスとともに具材をぐつぐつと煮込んで作られます。

本場のニハリは油が半分を占めるほど油たっぷりの料理。流石にそのままだと日本人の舌には合わない……ということで、本商品は油の量は多少控えめになっています。

レトルトカレーマニアのおすすめポイント!

もんこさん「まだ日本ではよく知られていないインド、パキスタン系のカレー。ナハリには骨つきの肉をひと晩かけて煮込むという意味もあり、時間をかけてじっくりと骨のエキスを溶け込ませて旨みを引き出しています。このやわらかなお肉に覆うスパイシーな油も特徴的で、ごはんに絡めて食べると最高ですよ!」

秘伝のスパイスがきいた究極のビーフカレー

Photo by macaroni

秘伝のスパイスで仕上げた深い味わいと、じっくり煮込んだ牛肉のとろけるおいしさが特徴の逸品です。

盛り付けているときに特に驚いたのは、ボリューム感!レトルトとは思えないほど大きな牛肉が驚くほどたっぷり入っていますよ。付属のガラムマサラの小袋を仕上げに振りかければフレッシュな香りに食欲をそそられます……。

とにかくお肉が大きくて、スプーンにのせきれない!

Photo by macaroni

期待を胸にさっそくひとくち……と思ったらお肉があまりにも大きくスプーンにのり切らない!たくさんのレトルトカレーを食べてきましたが、こんな経験ははじめてですね。

お肉はスプーンでスッと分けられるほどやわらかいですよ。気を取り直して、ひとくち。スパイス、牛肉、そして玉ねぎの旨み成分が口の中で溶け出します。あまりの完成度に言葉を失ってしまいますが、ひとことで表すなら、“旨みの爆弾” とでもいうべきしょうか。

風味も抜群で奥深い味わいです。お肉はほどよく脂身があって、ほろほろと口の中でとろけるのが心地良い。11種類のスパイスを配合したガラムマサラの小袋が、後味をすっきりさせてくれてます。

もうカレーは外で食べなくていいや…

Photo by macaroni

食べ終わったあとには「もうレストランに行かなくてもいいや」と断言できるほどのクオリティでした。お肉とルーのボリューム感は、今まで食べたレトルトカレーのなかではダントツトップ。しかし、量だけでなく、味の満足度もほんとうに高いんです!

香りだけでおいしいことを確信していましたが、期待を軽く越えてくる味わいでした。「普段レトルトカレーを食べない」という人も、ビーフ・ナハリを食べたらハマってしまうはず。これは食べなきゃ損です……!
これまでの連載はこちら▼

商品情報

BEEF NIHARI(ビーフ・ナハリ)
■内容量:230.5g
■カロリー:499kcal
■参考価格:734円(税込)
■販売場所:オンラインストア、成城石井ほか
Photos:6枚
カレーライスとレトルトカレーのパッケージと顔写真
青いエプロンをした女性
ビーフ・ナハリのパッケージ
カレーライスとパッケージ
カレーをすくっているスプーン
カレーライスのアップ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ