ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

発酵食アドバイザーが愛用するみそマドラーを紹介!

Photo by 大山磨紗美

みそマドラーは、みそをすくい取り、そのまま鍋で溶かすことができる便利グッズです。ここ数年は、100均でも購入することができるようになりました。

この記事では、毎年30kg以上の自家製みそを仕込んでいる、発酵食健康アドバイザーの筆者が、お気に入りのみそマドラーを紹介します。

みそマドラーのメリットは?

Photo by 大山磨紗美

みそマドラーのメリットは、みその溶かしやすさと、定量を計量できることです。箸を使うよりも短時間で溶け、溶け残りがマドラーに残ることもありません。

1回で約大さじ2杯分が安定して掬えます。決まった量を使うことで、みそ汁の味が安定し、みその入れすぎを防げるんです。

ミニ泡立て器では駄目?

Photo by 大山磨紗美

みそマドラーの代用品として、ミニ泡立て器を思い浮かべる人も多いはず。筆者も、購入前はミニマドラーを使ってみたことがありました。

結論から言うと、ミニ泡立て器で使えなくはないけれど、使い勝手が全然違います。突き刺して回すとみそは取れますが、どの深さまで突き刺せばいいのかわからず、毎回定量が取れないのがデメリット。さらに、ワイヤーが多いので、溶かすときに思った以上に時間がかかります。

セリア「三角味噌マドラー(モノトーン)」を愛用

Photo by 大山磨紗美

110円(税込)
筆者の愛用品は、セリアの「三角味噌マドラー」。形状は、先端の部分が6本のワイヤーで構成された円錐です。ハンドルには、フックにかけるための穴がついています。ハンドルの色は、茶と黒の2色。お好みで選んでくださいね。

見た目の特徴は……

片手で扱いやすい長さ

Photo by 大山磨紗美

全長さは22cmで、お玉や泡だて器よりも短く、購入するときは小さく感じます。しかし、みそカップに押し込んで取る、鍋でみそを溶かす作業をしてみると、取り回しがしやすい絶妙な長さで、とても使いやすいです。

星形の先端が機能的

Photo by 大山磨紗美

先端は6本のワイヤーで構成された円錐。正面から見ると星形の平面ですが、自立はできません。みそを掬いやすく、溶けやすいよう、本数を減らし、太めのワイヤーを使っているようです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ