ライター : おいしいマルシェ

暮らしをちょっと楽しくする、おすすめのグルメ・スイーツ・ギフト、食にまつわるモノを厳選してご紹介。日本最大級のお取り寄せ情報サイト「おとりよせネット」が運営。

Photo by おいしいマルシェ

aiko*さん/お取り寄せ生活研究家 料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。
先日私の住む横浜では、同じ時間に全区が花火を上げるというサプライズがあり「夏が来たんだなー」と思ったとたんに、冷たいおやつが恋しくなっています。
今年の夏も暑さと我慢が続くことになりそうですが、しばらく会っていない家族やお友達へのギフトシーンに、ひんやり涼し気なスイーツをお探しの方も多いと思います。
そんな方におすすめしたいのが、今回ご紹介するジェラート。最近は、アレルギーの有無や健康、美容のために摂取するミルクの種類を選ぶ方も増えてきていますよね。そんな方にはもちろん、そうじゃない方にも食べてほしいジェラートです。

アレルギーがある人もない人も。同じものを一緒に食べる、選べる楽しさ

兵庫県神戸市にある「リッチョドーロ」は、食物アレルギー特定原材料28品目を一切使わないジェラート屋さんです。
食物アレルギーは命にかかわることもあり、本人にしかわからない辛さや緊張感、そして周りは「一緒に食べられない寂しさ」を感じています。
私自身、乳製品は問題ないのですが、マンゴーアレルギーに始まり、今ではパパイヤ、梨、桃。ブドウ、キウイ……と、その種類がどんどん増えています。
特にスイーツはアレルギーがあると、かなり選択肢が限られます。アレルギー対応のスイーツは何より見た目がかわいくなかったり、華やかさに欠けることもあったり、成分表示が表立ってわからないところに隠れていて慌てることがあります。
周りにも私がいることで気を遣わせたりして、せっかくの時間がアレルギーの話に。心の栄養でもあるおやつ時間は、出来たら楽しくリラックス出来る話題で過ごしたいなと思うので、メニューを見てできるだけ早く判断するようになりました。
そんな中「リッチョドーロ」は、アレルギーがある人の気持ちをすごく理解したうえで、アレルギーがあってもなくても、そして特定原材料を「食べない選択」をしている方も、みんなが選ぶ楽しさ、一緒に食べる幸せを共有できるスイーツを販売されています。

16種類のフレーバーから選べる楽しさ

ジェラートの魅力であるミルク感、まったり濃厚なめらか食感を、牛乳や豆乳、生クリーム、卵などを使わず、ココナッツミルク、ココナッツクリーム、ライスミルク、米油を使うことで満足感を感じられるジェラートになっています。
手書きのハリネズミがモチーフのとてもかわいいパッケージに入った「ジェラート【選べる】6個セット」は、16種類のフレーバーの中から好きなものを選んで組み合わせることができるもの。「選べる楽しさ」を体験できて嬉しいですね。
今回私が選んだのは、乳製品不使用とは思えないほどミルク感の「ミルキッチョ」、濃厚なカカオの味わいの「チョコレート」、チーズが入っていないのに味わいはそのもの「チーズケーキ」、甘じょっぱく桜餅のイメージそのもの「さくら」、ミルクがさっぱりなのでナッツが際立つ「ピスタチオ」、香ばしいお茶の香りが深呼吸したくなる「玄米茶」です。味わいながら、なんども原材料を見返してしまうほどでした。
「コレしか食べられないんだよね」ではなく「どれにする?一緒に食べよう」とアレルギーを持っている人にもそうじゃない人にも、お互い気遣うこともなく美味しく食べられるジェラート。

ジェラートは食べられないとあきらめていた方にも笑顔になってもらえる、そんな時間を贈れたら素敵ですよね。
すべてのアレルギーに対応しているわけではありませんが、そのことも含め、公式サイトに書かれているお店の思いや文章などを読むと安心できるのではないでしょうか。

もちろんアレルギー反応については、人によって大きな差もあります。少しでも不安があればお店の方に直接お聞きすることもでき、相談にも乗ってもらえるのがうれしいですね。
乳製品不使用でお腹や胃にも優しい「リッチョドーロ」のジェラート。夏の贈り物としてもぴったりです。
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ