ライター : akiyon

犬のお散歩とお弁当作りが日課の主婦ライター。「食」や「暮らし」の分野での、トレンド情報・レシピなどをお届けします。特にカルディや成城石井の商品についての実食レポ多数。おすす…もっとみる

辛党におすすめ!カルディの夏ラーメン

Photo by akiyon

暑い日が続くとどうしても食欲が減退気味になり、ちょっと刺激的なものが食べたくなったりしませんか? そんなときにおすすめなのが、 “冷たくて辛くておいしい” 夏向きのインスタント「冷やし青唐辛子ラーメン」です。

SNS上では「激ウマ」「ハマりそう!また食べたい」「辛くてむせた」と、気になる投稿がたくさん!とても話題になっているようですよ。

妥協なき辛さが決め手!「冷やし唐辛子ラーメン」

Photo by akiyon

162円(税込)
「冷やし青唐辛子ラーメン」は、とんこつスープに青唐辛子の辛みをとことんきかせた冷たいラーメン。カルディオリジナルで、毎年夏が近づくと登場する期間限定商品です。

夏場はとレモン風味の商品が多いなか、ちょっと目を引く存在。辛そうな生の青唐辛子が2本も刺さったラーメン画像が印象的な、緑色のパッケージが目印です。

Photo by akiyon

パッケージの中には、乾めんとスープの小袋がひとつずつ。めんは、北海道の老舗めん製造会社「菊水」製の寒干しめん。油で揚げずに作り、生めんのようなコシとツヤがあるのが特徴です。

スープはとんこつスープや青唐辛子をベースに、ナンプラーやにんにく、しょうがなどで調味。冷水に溶かして使う濃縮タイプです。めん(80g)とスープ(40g)を合わせた1食あたりのカロリーは、336kcalです。

暑い夏でも簡単!作り方

Photo by akiyon

インスタントラーメンなので、もちろん作り方は簡単!まず沸騰したお湯で、乾めんをときどきほぐしながら6分ほどゆでます。ゆであがったらお湯を切り、冷水でしめます。

ちょっと黄色っぽくてちぢれがあり、いかにも “北海道めん” といった質感ですよ。

Photo by akiyon

スープは、240ccの冷水で溶くだけ。少しかき混ぜるだけで、ちゃんと溶けますね。このときナンプラーが香ってきて、とてもおいしそう!

Photo by akiyon

最後にめんとスープを丼に盛れば、できあがり!おすすめのトッピングは、チャーシューやゆで卵、ライムなど。パクチーの風味がスープとよく合うので、苦手でなければたくさん添えましょう♪

むせるほどの辛さのなかに旨みあり!

Photo by akiyon

まずは、少し脂が浮きつつも透明度が高いスープからごくり!なんの気なしにいつもどおりレンゲいっぱいの量を飲んだら……、おお!激辛!喉がとたんにヒリヒリしだしました。

しかし、とてもあっさりとして飲みやすい!ほどよい塩気のなかに旨みがたくさん潜んでいて、ナンプラーの風味がたまりませんね。青唐辛子のフレッシュな辛さが、冷たいスープとの相性抜群!赤い唐辛子では、きっとこんなにさわやかな味わいにはならなかったと思います。

Photo by akiyon

続いて、めんをひとすすり……。またまた油断してズズっと吸い込んでしまったため、思いっきりむせてしまいました!くしゃみやらせきやら、ちょっと大変なことに(笑)。

なんといっても、めんの喉ごしが最高!つるつるしていて、とても乾めんとは思えないほどです。すするたびにスープも一緒に運ばれるので、どんどん口のまわりがヒリヒリしていきます。

とても刺激的な辛さですが、旨みもあるので夏にぴったりのラーメンですね♪

購入は店舗で。オンラインストアでは取り扱いなし!

「冷やし青唐辛子ラーメン」は、カルディの各店舗で購入できます。ただオンラインストアでは、現在のところ取り扱いがないようです。もし店舗で見つけたら、ぜひ試してみてくださいね。

夏バテ防止!簡単さっぱりごはんに

Photo by akiyon

辛党も納得できるほど、かなり辛い「冷やし青唐辛子ラーメン」。さわやかな味わいの青唐辛子を使っていることと、冷たいスープであることに救われて、あっという間に完食できました。

体中がひんやりしつつも新陳代謝が進んでいる感じ。ただ食べ終わってから少し時間が経った今でも、まだ口のまわりがヒリヒリ……。どうしましょう!?
Photos:9枚
器に盛った冷やし唐辛子ラーメンとパッケージ
冷やし唐辛子ラーメンのパッケージ
冷やし唐辛子ラーメンのパッケージに入っている小袋2種
鍋でめんをゆでているところ
水で溶いたスープ
器に盛った冷やし唐辛子ラーメン
レンゲですくった冷やし唐辛子ラーメンのスープ
箸で持ち上げた冷やし唐辛子ラーメンのめん
器に盛った冷やし唐辛子ラーメン、パッケージ、レンゲ、箸
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ