ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

チョコレート探検家が推す!風味豊かなスパイスチョコレート

Photo by チョコレートくん

甘さとスパイシーさが融合したスパイスチョコレート。少しニッチなジャンルですが、チョコレートの可能性が広がり、ついハマってしまうような魅力があります。「普段はなかなか手に取らない」という方も、新ジャンル開拓としてチェックみてはいかがでしょうか。

本記事では、チョコレート探検家として活躍するチョコレートくんに、おすすめの商品を5つお聞きしました。大人のスイーツとしておやつやお酒のお供にしたり、ちょっとしたギフトに贈ったりするのもおすすめですよ。

教えてくれた人

Photo by チョコレートくん

チョコレート探検家/チョコレートくん
コンビニチョコレートからデパ地下や専門店のチョコレートまで幅広く情報を発信。新商品やおすすめ商品をSNSで紹介している。チョコレートのイベント、商品企画、開発などもおこなう。

スパイスチョコとは?魅力とちょっとした歴史

商品を紹介する前に、チョコレートくんにスパイスチョコレートの魅力をお聞きしました。

「カカオ×スパイスの組み合わせは、チョコレートの人気カテゴリのひとつです。2つの素材が合わさることで、おいしさに相乗効果が生まれます。チョコレートの甘みや苦み、スパイスの辛みがマイルドになり、互いの持ち味である香りが引き出されるのです。おいしいスパイスチョコレートをひと口食べると、もう虜に。贅沢で豊かな時間が流れます」

スパイスチョコレートの歴史は意外にもかなり前!

「人がカカオ×スパイスの魅力を知ったのは今に始まったことではありません。歴史は、スペイン人が新大陸を目指してたどり着いた16世紀初頭のメキシコまで遡ります。

カカオは栄養価が高いスーパーフードとして、スパイスは漢方薬としても知られていますよね。当時は、王様がカカオ豆をすり潰したドリンクに唐辛子などのスパイスを混ぜ、強壮剤として飲んでいたそうですよ」

そんな前から存在していたとは驚きです……!魅力的なスパイスチョコレートに、より興味が湧いてきたところで、さっそくチョコレートくんが厳選した逸品をご紹介。ドリンクとのおすすめペアリングも必見ですよ。

1. 口に入れた瞬間調和する。プレスキル・ショコラトリー『フー』

Photo by チョコレートくん

「『PRESQ’UILE chocolaterie(プレスキル・ショコラトリー)』は、東京の吉祥寺にあり、ショコラティエ小抜知博氏が手掛けるショコラトリーです。フルーツやナッツを組み合わせた人気のフォンダンショコラやマリアージュショコラなど、豊富なラインアップがそろいます。

ご紹介するのは、バジル×松の実×島唐辛子を組み合わせたボンボンショコラ『フー』。斬新な組み合わせの味わいが楽しいスパイスチョコレートです」

Photo by チョコレートくん

「口の中に入れると、素材同士が三位一体となって、まるでクリーミーなスープを飲んでいるかのような驚きがあります。これはチョコレートなのか?と一瞬戸惑うほど。香りが気持ちよく鼻から抜け贅沢な時間が流れます。イタリアンのコース料理の最後にデザートとして出てくるシーンが浮かんできますね。

ペアリングには、アッサム、ディンブラ、ベルガモットなどの味がしっかりとある紅茶がぴったりかと。中国のキームン紅茶のような発酵の香りが強いタイプのお茶もおすすめです」

2. フレッシュ感たっぷり。ネル クラフトチョコレート トーキョー『山椒』

Photo by チョコレートくん

「日本橋浜町 HAMACHO HOTEL(ハマチョウ ホテル)の1階に店舗を構える『nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO(ネル クラフトチョコレート トーキョー)』。自家製チョコレート氷と小豆を合わせたカカオ金時がイートインで人気のお店ですよ。

『山椒』はその名の通り、青実山椒の香りをそのままガナッシュに閉じ込め、ミルクチョコレートでコーティングしたボンボンショコラです」

Photo by チョコレートくん

「苦味がマイルドで柑橘のような香りを感じさせる山椒は、フレッシュ感たっぷり。ベリーのような果実感があるミルクチョコレートがとろ〜りと溶け、口の中で合わさっていく感じがたまりません。

ペアリングは、酸味のあるエチオピアの浅煎りコーヒーがおすすめ。華やかな味わいを強調してくれます」
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ