ライター : グッチジャパン

京都グルメライター

京都の情報誌の営業・制作を経て、2018年に男性版情報誌の編集長に就任し、飲食店の立ち上げやプロデュースなどを兼務。昼夜問わず年間300軒以上の飲食店へ足を運ぶ。京都で人気のお店は…もっとみる

1. 極上小豆のかき氷「茶房いせはん」

Photo by グッチジャパン

お店は京阪「出町柳駅」より徒歩5分。下鴨神社や鴨川に近いエリアにある甘味処です。丹波大納言小豆を中心とした厳選素材を使用し、ひとつひとつ丁寧に作る甘味がいただけます。

定番のあんみつはもちろん、ソフトクリームにパフェ、かき氷、ぜんざいなど季節ごとに嬉しいスイーツがラインアップ。コーヒーや抹茶などのドリンクとともに、ほっとひと息つけます。

宇治金時

Photo by グッチジャパン

1,000円(税込)
ゴロゴロと小豆がたっぷりのった宇治金時です。とにかく小豆が大粒で、風味や香りがよく上品な味わい。抹茶もさっぱりしており、小豆と相性抜群です。

かき氷は通常5月~9月の期間でいただけます。かき氷の種類は定番の宇治、黒蜜やすだち、あまおうなどがそろっていますよ。白玉やソフトをトッピングしたメニューもあるので要チェックです。
店舗情報

2. 老舗和菓子屋の極上かき氷「御菓子司 中村軒」

Photo by グッチジャパン

お店は阪急「桂」駅より徒歩15分の桂離宮近く。明治時代の1883年に創業した和菓子屋です。名物の麦代餅といった和菓子はもちろん、夏はかき氷、冬はぜんざいなどの甘味がいただけます。

2021年4月には店内を改装。以前の趣は残しつつ、1F、2Fと広々とした空間にテーブル席が並びます。新しくなっても甘味メニューは変わらず絶品です。

いちご氷

Photo by グッチジャパン

890円(税込)
いちご氷は5月~6月限定のフルーツ氷です。山のように盛られた氷にはいちごを丸ごと使ったシロップがかかっていて、自然の甘さを感じることができます。氷の中まで濃厚ないちごソースがたっぷりです。

また練乳をかけていただくと、違った味わいになるので最後まで飽きずに食べることができます。かき氷はテイクアウトも可能ですよ。
店舗情報

3. 5つの味が楽しめるかき氷「二條若狭屋 寺町店」

Photo by グッチジャパン

お店は京都市役所前駅より徒歩5分。大正時代の1917年に創業した和菓子屋です。名物のやき栗をはじめ厳選素材で丁寧に作られる和菓子はもちろん、一年中食べることのできるかき氷も人気です。

定番のフルーツに、見た目のインパクト抜群な季節のあんみつかき氷、バジルかき氷、レアチーズかき氷など、斬新なかき氷がラインアップしています。

彩雲(さいうん)

Photo by グッチジャパン

1,512円(税込)
かき氷のなかでも人気の「彩雲」。白く美しいかき氷に、色鮮やかな5色のシロップでいただきます。シロップは季節替わりになっており、行くたびに違う味が楽しめますよ。

かき氷を食べ進めると、中に数種類のフルーツが隠れています。氷にもこだわりがあり、地下水を流れる天然水を専用の冷蔵庫で5日間かけてじっくりと製氷しています。ふわふわのかき氷と季節の蜜が混ざり合い、至福のときを感じられます。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ