ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

2021年 春の益子WEB陶器市

Photo by 益子WEB陶器市事務局

2021年春。今年も益子WEB陶器市の開催が決定されました。うつわ好きなら誰もが知るビックイベント。心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。

今季はどのような進化を遂げて開催されるのか。新機能プレサイトの使い方や窯出しスケジュールについてなど、陶器市を徹底的に楽しむためのコツを、益子WEB陶器市事務局 の奥村さんに伺いました。ここでしか聞けない注目作家さんの情報も……!

Photo by 益子WEB陶器市事務局

益子WEB陶器市事務局 ・奥村さん
「2021年2月ごろ、町全体で話し合いオフラインでの陶器市中止を決定しました。1月に緊急事態宣言が出るまでは、現地開催のつもりで動いていたのですが……」そう話すのは益子WEB陶器市事務局の奥村さん。“益子町のことをもっと知ってもらう”というミッションを掲げ、地域・観光事業の活性に取り組まれています。

今年で3回目となる益子WEB陶器市。回を増すごとにパワーアップしていますが、今季はいったいどんな見所があるのでしょうか。

開催前からもう楽しい。プレサイトで商品や価格帯をチェック

Photo by macaroni

「今季から新しく、プレサイトをオープンすることにしました。以前は開催スタートと同時に商品をお披露目する形でしたが、事前に閲覧できる状態に。購入するうつわの目星をつけたり、価格帯をチェックしたりするのに活用していただければと思います」(奥村さん)

商品のラインアップや価格帯を事前にチェックできるのはうれしいですよね。開催前からワクワクが止まりません……!プレサイトは下記リンクよりご覧いただけます。

注目の作家さんは?

Photo by 益子WEB陶器市事務局

鳴海鈴子さんの作品 @reiko_narumi
「女性陶芸家の鳴海鈴子(なるみれいこ)さんは、今年3月に陶芸学校を卒業されたばかり。今季の益子WEB陶器市がデビュー戦となるので、ぜひ注目していただきたいです。

通常、現地開催ではテント数やスペースが限られているので、新人作家さんはなかなか出店しづらい。しかし、 オンライン上だとスペースは無限にありますから、デビューしたての新人さんからレジェンドとも言える作家さんまで、一同にそろうのもWEB陶器市ならではの魅力だと思います」(奥村さん)

Photo by 益子WEB陶器市事務局

川尻製陶所さんの作品 @kawajiriseitoujo
「打って変わって、こちらは益子で2代続く窯元 川尻製陶所(かわじりせいとうじょさん。諸事情によりこれまで出店を見送られていたのですが、満を持して初登場となります。

登窯(のぼりがま)という昔ながらの製法で、三日三晩と長い時間をかけて作られるうつわは、やわらかくやさしい雰囲気。今回、どんな作品が出品されるのか私たちも楽しみです」(奥村さん)

陶器以外の工芸品にも注目!

Photo by 益子WEB陶器市事務局

「陶器に負けず劣らず人気があるのが、木工工芸品。益子町には木工作家さんが多く、根強いファンもいらっしゃいます。今回は2〜3名の木工作家さんが出店予定です」(奥村さん)

Photo by 益子WEB陶器市事務局

「さらに、今回新しいジャンルとして登場するのが紙クラフト。手すきの和紙で作られた置き物やブックカバーが出品される予定です。このほかにも、金属工芸品やアクセサリーなど、クラフト工芸品にも注目していただきたいです」(奥村さん)

益子の道の駅では、食品に並んで販売面積の半分を占めるほど、クラフト工芸品の生産が盛んだそう。うつわだけでなく、温かみのある工芸品も要チェックですね。

もっと楽しむために!利用上の注意点

窯出しはいつ?

期間中の窯出しは5月2日(日)、5月5日(水2回。前回は在庫の追加が中心でしたが、今回は新規作品が追加されるそうです。新たな作品に出会えるチャンスですので、要チェックですね。なお、在庫補填は常時おこなわれる予定とのこと。

在庫確保

商品の在庫確保は、購入手続きをもってのみです。買い物カートに入れただけでは在庫の確保にはならないのでご注意を。絶対にゲットしたい!! という商品は、すぐさま購入することをおすすめします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ