ローディング中

Loading...

気づけば一月も中旬にさしかかろうとしている今日この頃。新年会を実施するという人も多いのでは?そこで避けたいのが悪酔い。特にワインはたちが悪いですよね。そこで今回は、ワインで悪酔いしないための5つの方法をご紹介します

新年会シーズンのこの時期には覚えておきたい!ワインで悪酔いしない方法!

今日は、今回はお酒のエンタメ情報サイト「NOMOOO(ノモー)」より、ワインを飲む機会が増えるこの時期だからこそ知っておきたい、ワインで悪酔いしない方法をご紹介します!

なぜワインは悪酔いするのか?

ワインで悪酔いする理由には諸説存在し、定説がない状況ですが、ここでは主に考えられる理由を紹介いたします。

その1:酸化防止の添加物が原因

海外で製造されたワインが日本へと輸入される過程において、ワインが酸化しないように、酸化防止の添加物、亜硫酸塩が混入されている場合があります。その添加物が原因となり、アルコールの分解を妨げ、頭痛などの症状を引き起こすとされています。

その2:酸化によって発生する成分が原因

長い時間経たビンテージワインなどでは、酸化が進み、「フーゼル油」という成分が発生し、この成分が頭痛を引き起こすともいわれています。しかし、この成分は酒に奥深く、複雑な香りをもたらす成分でもあるので、一概に悪とも言えないのです。

その3:アルコールの種類が複数存在する

ワインはウイスキーやブランデー、焼酎などの「蒸留酒」などとは異なり、「醸造酒」に分類されます。「蒸留酒」は蒸留によりアルコールの種類が単一であるのに対して、「醸造酒」は含まれるアルコールの種類が複数であり、アルコールの分解効率が落ち、悪酔いしやすいともいわれています。

悪酔いを防ぐ方法

さて、ワインで悪酔いする原理をご紹介したところで、皆さんが気になっているであろう、実際の悪酔い対策をご紹介します。

その1:30分ほど空気に触れさせる

先ほどご紹介したワインに添加される亜硫酸塩は酸素と結びつくと分解されるという性質があり、デキャンタにいれて空気にふれさせておくことである程度頭痛が起こる可能性を抑制することが可能です。

その2:無添加・定温輸送のワインを選ぶ

無添加・定温輸送のワインであれば、酸化防止剤の混入がないので、亜硫酸塩による頭痛症状を考える必要がなくなります。

その3:白ワイン→赤ワインの順番で飲む

飲み会などで複数種類のワインを飲む際、軽めの白ワインから始め、徐々にワインの重さなどを上げていくという方法がとれます。他のどんなお酒でも同じですが、いきなり強いお酒を飲むのは悪酔いの原因ですので、これは忘れないようにしましょう。

その4:水分補給は忘れない

二日酔い対策のご紹介で繰り返しご紹介しておりますが、お酒を飲む際の水分補給は悪酔い・二日酔い対策の基本中の基本です。日本酒の「和らぎ水」と同じように、飲んだワインの量と同量~二倍の水分を摂取することをオススメいたします。

その5:食べ物と一緒に飲む

胃の中が空ではアルコールの吸収が早く、酔いが回りやすくなってしまいます。そもそも、ワインは料理と一緒に合わせて楽しむお酒です。ワイン単体ではなく、食事との組み合わせも考えてワインを楽しみましょう。

その6:飲みすぎない

お酒を飲むときの何よりの基本!「酒は飲んでものまれるな!」です。頭が痛くなったりと、体に異変を感じたら飲むのはやめましょう。ワインを残しても、しっかりと栓をして、またゆっくりと楽しみましょう!

いかがでしょうか。ワインで悪酔いした記憶のある方はも、これらの対策を覚えておけば、悪酔いをできる限り抑えられます。悪酔いをなくして、今日からワインを思う存分お楽しみください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

唐揚げ 揚げ物 レシピ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介します…

コーヒー まとめ

今、大きな話題になってる金魚鉢ドリンクをご存知ですか?夏になると飲みたくなるサワー、サイダー、ソーダやコーヒーが金魚鉢に入って出てくるんですよ。そのボリュームにびっくりする人続出。今回は見てるだけでも涼しくな…

レシピ カクテル

「アマレット」というリキュールをご存知ですか?馴染みのある方には、すぐにピンと来るかもしれませんが、普段お酒を飲まない方からするとなんだろう?と疑問に思いますよね。アマレットを使ったオススメのカクテルをご紹介…

フルーツ

沖縄や小笠原諸島などで栽培されているパッションフルーツ。どのような食べ方がいいのでしょうか?パッションフルーツのおいしい食べ方とおすすめレシピのほか、旬や賞味期限など、魅力あふれるフルーツについて詳しくご紹介…

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、究極の半熟卵の作り方を動画つきで紹介します!卵の選び方・茹で時間・むき方はもちろん、水から茹でる場合やレンジを使う場合など、全部丸ごと教えちゃいます。誰でも簡単にで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

メキシコ料理 まとめ

日本ではサボテンといえば観葉植物というイメージが根強いと思いますが、実はダイエットにも効果があるスーパーフードなのです。メキシコでは古くから薬効がある植物として大切にされてきたサボテンの効能などをお伝えします。

レシピ

スーパーフードとして日本でもよく知られるケール。青汁に入れて飲むのが主流ですが、もっと手軽においしくケールを食べる方法をご紹介!ダイエットの天敵ポテトチップスのかわりに、たった15分で作れる「ケールチップス」…

rinda

全国食べ歩きが趣味です。あとフードイベント系はもっと大好きです。

ページTOPに戻る