ローディング中

Loading...

ベイクドチーズケーキ、スフレチーズケーキなどいろいろな種類があるなか、濃厚でなめらかな舌触りが特徴の「レアチーズケーキ」をご紹介します!簡単に作れる基本のレシピや、いちご、ブルーベリー、抹茶など人気のアレンジも一緒にチェックしましょう♩

まるでプロ!レアチーズケーキのレシピ

小さな子どもから大人まで皆に愛されるチーズケーキには、ベイクドチーズケーキ、スフレチーズケーキ、レアチーズケーキの3つの種類があります。

今回は、もっとも濃厚でなめらかな舌触りが特徴の「レアチーズケーキ」レシピをご紹介♩ほかの2つのようにオーブンで焼く必要がないので、初心者でも簡単に作れるのが魅力です。フルーツや抹茶を混ぜてフレーバーを変えたり、豆腐を混ぜてカロリーダウンするアレンジもあるんですよ。

それでは、基本のレシピからチェックしていきましょう。

簡単濃厚!「レアチーズケーキ」基本の作り方

基本となるレアチーズケーキ

Photo by donguri

ヨーグルトと生クリームを使う、スタンダードなレアチーズケーキレシピです。濃厚でありながらサッパリとした風味もあり、程よいバランスが特徴的。基本的な流れは「混ぜる→固める」の2つの工程だけなので、デザート作りがはじめての方も、肩の力を抜いてチャレンジしてみましょう!

材料(18cm型1台分)

レアチーズケーキの材料

Photo by donguri

・クリームチーズ 200g
・ヨーグルト   200g
・生クリーム   100ml
・砂糖      60g
・レモン汁    大さじ1
・粉末ゼラチン  7g
・ゼラチン用水  70ml

【台】
・ビスケット   90g
・バター     40g

作り方

1. ビスケットを袋に入れ、細かく砕く。(今回は空き瓶を使用しましたが、めん棒がある場合はめん棒を使ってください。)
ビスケットを砕いている様子

Photo by donguri

2. バターをレンジで10秒ほど温めて溶かし、ビスケットに加えてよく混ぜる。
ビスケットにバターを加えた様子

Photo by donguri

3. クッキングシートを敷いたケーキ型の底にビスケットを詰める。サランラップをしたコップでギュッと押しながら固め、冷蔵庫で冷やしておく。
台を作っている様子

Photo by donguri

4. 常温に戻したクリームチーズをボウルに入れ、砂糖を少しずつ加えながら泡だて器で混ぜる。※クリームチーズが固い場合は、600Wのレンジで10秒ずつ様子を見ながら温める。加熱しすぎると風味が落ちるので注意が必要。
混ぜたクリームチーズ

Photo by donguri

6. ゼラチンは水と合わせて、レンジで30秒ほど温める。ヨーグルト→生クリーム→レモン汁→ゼラチンの順で5の生地にその都度よく混ぜながら加えていく。
レアチーズケーキのチーズ部分

Photo by donguri

7. 3の型に5の生地を流し込み、冷蔵庫で3時間ほど冷やす。
型に生地を流した様子

Photo by donguri

8. 底を外してから周りのクッキングシートを剥がし、お皿に盛り付けてできあがり!
完成したレアチーズケーキ

Photo by donguri

レアチーズケーキを作るときのコツ

固まらないときは

冷蔵庫から出したらレアチーズケーキがトロトロのまま……!というときは、ゼラチンを足して再度固めることができます。

まずケーキを常温に戻します。レシピより2gほど減らした量でゼラチンを溶かしたら、常温に戻したケーキの生地の中に加えてよくかき混ぜ、再び冷蔵庫で冷やせばOK。

もう一度固め直すのが面倒な場合は、そのまま冷凍庫で固めて、アイスケーキ風に楽しむという手もあります。

なめらかに仕上げるには

クリームチーズと砂糖を混ぜて材料を足していくときに、1回1回ていねいに混ぜていくことが大切です。きちんと混ざらないまま次の材料を加えると、ダマが残って舌触りが悪くなってしまいます。

さらに基本のレシピにはありませんでしたが、全てを混ぜて生地を作ったあと、こし器に入れることでなめらかな仕上がりになります。お家にこし器がない場合は、目の細かいザルでも代用できますよ。

軽め、重めは生クリームの泡立て具合で

今回のレシピでは生クリームをそのまま加えましたが、泡立ててから加えると軽い食感のレアチーズケーキに仕上がります。ねっとりと濃厚なレアチーズが好きな方はそのまま、ふわっとした食感が好きな方は、6分ほど泡立ててから加えるようにしましょう。

泡立てる際ハンドミキサーを使ってOKですが、クリームチーズは分離しやすいので、生クリームのみに使用するのがおすすめです。

型から綺麗に取り出すには

冷やしたクリームチーズケーキは型にピッタリとくっつくので、必ずクッキングペーパーを敷いてから生地を流し込むようにしましょう。それでも取り出しにくい場合は、蒸しタオルなどで型を温めるとスルっと抜けるようになります。

これは切り分けるときにも使える技で、お湯で温めて水気を取った包丁を使うと、生地がなめらかに抜けて綺麗に切り分けることができます。
それでは、人気のレアチーズケーキアレンジをご紹介!

レアチーズケーキ、人気のアレンジレシピ6選

1. たっぷりいちごのレアチーズケーキ

シンプルなレアチーズケーキも良いですが、誕生日やイベントに作るならいちごを加えてゴージャスにワンランクアップさせてみませんか?

ケーキ型にビスケットを敷き詰めたら、縦にスライスしたいちごを並べ、最後に生地を流し込むと表面の綺麗ないちごのレアチーズケーキに!さらにベリーピューレをのせれば、美しいフレジェのような仕上がりになります。

2. ココアとコーヒーのレアチーズケーキ

ほろ苦いコーヒーとココアが香る、ちょっぴり大人の味のレアチーズケーキです。コーヒー味の生地に合わせて、底に敷くビスケットはココア味がおすすめ。濃厚なクリームチーズとコーヒーの組み合わせは、ティラミスのような味が楽しめます。

3. レインボーレアチーズケーキ

SNSで写真栄えすること間違いなしの、レインボーカラーのレアチーズケーキ。基本のレシピと作り方はほとんど変わらないので、見た目よりも簡単に作ることができますよ。

生地を5つに分けて食紅で色づけし、順番に流し込むだけでOK!食紅を使うのに抵抗がある方は、抹茶やイチゴパウダーで作るのもおすすめです。

4. ほっこりほうじ茶のレアチーズケーキ

レアチーズケーキをほうじ茶パウダーとあわせた、和風のアレンジレシピです。ベリー系のソースと相性の良いレアチーズケーキですが、ほうじ茶版は小豆クリームでほっこりと食べるのがおすすめ♩

和カフェのようなおしゃれな雰囲気が作れるので、おもてなしデザートにも良いですね。

5. クリチ不使用のレアチーズケーキ

レアチーズケーキが作りたいのに冷蔵庫にクリームチーズがない!というときは、水切りヨーグルトの代用レシピに挑戦してみましょう。

普通のレアチーズケーキよりカロリーダウン&コストも安くなるので、あえてヨーグルトで作るのもアリです◎ サッパリとした味なので、暑い季節におすすめですよ。

6. スティックレアチーズケーキ

プレゼントにピッタリなスティック型のレアチーズケーキ。ケーキの生地をラップに包んだら、両端をきゅっと結んで冷蔵庫で冷やすだけでできあがりです♩

表面から見えるようにフルーツを挟んでおくと、かわいらしさがアップ!手土産やちょっとしたお礼など、いろいろなシーンで活用できそうです。

生クリームなしで作るレアチーズケーキ6選

7. 牛乳で作るレアチーズケーキ

生クリームの代わりに牛乳で作るレアチーズのレシピです。チーズの濃厚さを残すために、ヨーグルトを使わないのがポイント!普通のレシピよりもライトな口当たりですが、しっかりとチーズを感じる不思議な仕上がりになりますよ。

8. 豆腐のヘルシーレアチーズケーキ

クリームチーズの量を半分に減らし、代わりに絹豆腐をプラスするヘルシーなレアチーズケーキです。カロリーオフになるだけでなく、ムースのような滑らかな食感に。ダイエット中だけどデザートが食べたいときは、こちらのレシピを活用してみてくださいね。

9. 豆乳のショコラレアチーズケーキ

生クリームや牛乳の代わりに、体に良い豆乳を加えたレアチーズケーキ。200ccの生クリームが804kcalなのに対して、豆乳はたったの294kcalなので、半分以下もカロリーカットに。

豆乳は少し風味が強いので、こちらのレシピのようにココアや抹茶などで味付きのアレンジをするのがおすすめです。

10. カルピスのレアチーズケーキ

クリームチーズをカルピスの原液と混ぜて作るアレンジレシピです。生クリームやヨーグルトを使わないので、とっても爽やかな仕上がりに!レシピはマンゴー味のカルピスを使っていますが、もちろんプレーンや、その他のフレーバーでも応用できます。

11. 混ぜて冷やすだけのレアチーズケーキ

ビスケット生地をのぞけば、クリームチーズ、ヨーグルト、砂糖、レモン汁、ゼラチンのたった5つの材料で作れるレアチーズケーキです。クリームチーズよりもヨーグルトの量を多くすることで、あっさりと食べやすい仕上がりになりますよ♩

12. ブルーベリーレアチーズケーキ

お家にミキサーがある方は、ぜひ試して欲しいブルーベリーのレアチーズケーキ。ゼラチン以外の材料を全てミキサーに入れたら、スイッチを押すだけであっという間に生地のできあがり!

少しだけプレーンの生地を残しておけば、綺麗な二層のレアチーズケーキが作れちゃいます。
▼生クリームなしのチーズケーキはこちらもチェック!

ゼラチンなしで作るレアチーズケーキ5選

13. 流すだけのカップレアチーズケーキ

ゼラチンを使わないレアチーズケーキは柔らかな仕上がりになるので、型ではなくカップを使うと簡単です。

普通のレシピのように冷蔵庫で冷やし固める必要がないので、時短でサクッと作れるのも魅力的!ジャムやフルーツ、粉末パウダーとあわせるだけで、いろいろなバリエーションが楽しめます。

14. 完熟バナナのレアチーズケーキ

テレビで紹介され話題になった、完熟バナナのレアチーズケーキ。 バナナ、クリームチーズ、牛乳、レモン汁のたった4つの材料を混ぜて固めるだけで、驚くほどおいしいレアチーズケーキが作れます。

バナナが熟していないとうまく固まらない場合があるので、少し色が変わり始めたものを使用してくださいね。

15. はちみつレモンのレアチーズケーキ

ゼラチンを使わないのに、ホールケーキとして作れるはちみつレモンのレアチーズケーキです。

形を作るポイントは、しっかりと泡立てた生クリームを使うこと。かなり柔らかいので、底の抜けるタイプの型を使用してくださいね。心配な場合は、ココットやカップに入れて作りましょう。

16. オレオのスコップレアチーズケーキ

どんな不器用さんでも簡単に作れる、スコップレアチーズケーキのレシピです。底に敷くクッキー生地は、砕いたオレオを上からのせるだけに簡単アレンジ!

底の深いお皿に生地をいれて冷やしたら、スプーンですくって盛り付けましょう。オレオのほろ苦さがチーズとの相性抜群です♩
▼こちらのオレオチーズケーキもチェック!

17. 飲むブルーベリーレアチーズケーキ

あえて生地がゆるい状態で作る、飲むレアチーズケーキ。ブルーベリーとプレーンの2種類の生地の間に、クッキーやジャムを挟んでアレンジしましょう。おしゃれで珍しいデザートは注目されること間違いなしなので、パーティーやおもてなしのときに活用したいですね。

ヨーグルトなしで作るレアチーズケーキ3選

18. レモンもなし!マイルドレアチーズケーキ

酸味が苦手な方におすすめな、マイルドな味のレアチーズケーキです。ヨーグルトだけでなくレモンも使用しないので、純粋にクリームチーズと生クリームの濃厚で優しい味に仕上がります。使う材料が少ない分、コストもカットできちゃいますよ。

19. 抹茶のレアチーズケーキ

いつもとひと味違うレアチーズケーキを作るなら、抹茶フレーバーのレアチーズケーキを作ってみませんか?爽やかなレアチーズケーキにほろ苦い抹茶が合わさると、いつもとはまったく違うおいしさが楽しめます。優しいうぐいす色は、見た目からも癒されそうです♩
▼豆腐入り抹茶レアチーズケーキはこちら!

20. チョコ入りレアチーズケーキ

チョコ入りのレアチーズケーキは、普段はもちろんバレンタインデーにピッタリ!ヨーグルト抜きで作った生地に、湯煎で溶かしたチョコレートを混ぜるだけの簡単アレンジです。

チョコの甘さがあるので、砂糖は少し少なめで作るのがポイントです。ホワイトチョコや、いちごチョコでも応用できますよ。

レアチーズケーキの型は底が取れるタイプで!

ケーキ型をひとつを持っていない方は、底が抜けるタイプを買っておくととっても便利!底が取れないタイプよりも、ケーキが取れやすくなります。家族で食べたり、お土産に持っていったり、さまざまなシーンで活用しちゃいましょう!
【仕様】18cm
■サイズ:18cm×深さ7cm
■材質:ステンレス
■備考:6〜8人分
■楽天価格:1,707円(税込)
【仕様】21cm
■サイズ:21cm×深さ7cm
■材質:ステンレス
■備考:8〜10人分
■楽天価格:1,938円(税込)
【仕様】24cm
■サイズ:24cm×深さ7cm
■材質:ステンレス
■備考:10〜12人分
■楽天価格:2,231円(税込)

お家でレアチーズケーキを堪能♩

いろいろなレアチーズケーキをご紹介しましたが、いかがでしたか?たくさんの種類があるケーキのなかでも、冷やして固めるだけのレアチーズケーキは、簡単で初級者向きのデザートです。

はじめてのデザート作りに挑戦してみたり、すでにレアチーズケーキを作ったことがある方は、いつもと違うフレーバーやアレンジを試してみてくださいね。
▼こちらのチーズケーキレシピも気になる!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ サラダ おから まとめ

食物繊維が豊富、かつ低カロリーで人気の食材「おから」。マヨネーズで和えるとポテトサラダのようで食べやすくなりますよ。今回は、おからを使ったサラダの厳選レシピや保存方法をまとめてご紹介。おからをおいしく食べて、…

かぼちゃ サラダ スープ まとめ

夏から冬にかけて旬を迎えるかぼちゃは、ほくほくとした食感と程よい甘味さで、煮物やサラダ、お菓子までレシピが豊富にあります。今回は、定番からアレンジまで人気のかぼちゃレシピを紹介!1個買ったら、食事からスイーツ…

ヨーグルト まとめ

カレーと一緒に出されることの多い「ラッシー」。お店で飲むイメージが強いかと思いますが、実はお家でも簡単に作れるんですよ♩今回は、プレーンラッシーとマンゴーラッシーの作り方に加え、人気のアレンジレシピ10選もご…

上野 カフェ おしゃれ まとめ

広々とした公園、美術館や博物館に囲まれた街、上野。上野は、アートだけでなく、おしゃれなカフェも堪能できる場所です。今回は、上野駅周辺のおすすめカフェを18店舗ピックアップしてご紹介。いずれも魅力的なお店ばかり…

イカ まとめ

佐賀県名物「呼子のイカ」を知っていますか?他のイカとどんな違いがあるの?と気になりますね。呼子のイカは、スーパーで買えるイカとは全く違います!今回は、佐賀県民が愛してやまない驚きの美味しさを持つ呼子のイカと、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 寿司 まとめ

もうすぐひな祭りですね♫ひな祭りといえばちらし寿司!まだ少し時間がありますが、今年のちらし寿司はいつもと少し違ったおしゃれなものにしてみませんか?今回は見た目もとっても可愛くておしゃれなちらし寿司をご紹介しま…

レシピ まとめ お弁当 おにぎり

「おにぎらず」レシピは皆さんもうご存知かと思いますが、おにぎらずの断面や表面をかわいくキャラクターにした「デコおにぎらず」を作っている方がたくさんいるみたいですよ!これはどこから食べればいいの?というかわいさ…

まとめ レシピ サラダ

今、人参やキュウリをうすーくながーくスライスした「リボンサラダ」が注目を浴びています。基本的にピーラーで剥けばいいだけなのでとっても簡単、そして見た目は普通のサラダよりもおしゃれ♪と一石二鳥なリボンサラダのレ…

チーズ レシピ まとめ パン

チーズ好きな方は多いと思います...私もその一人。多様な食べ方ができるチーズですが「グリルドチーズ」というのがあるそうですよ。考えるだけで心ときめく焼きチーズサンド♪簡単につくれますので是非おためしくださいね。

韓国料理 レシピ まとめ キムチ

実は、キムチより栄養価が高い「水キムチ」というものが人気を集めだしているそうです。普通のキムチより乳酸菌の量が多く、辛くない白いキムチ。腸内環境も整えてくれるんだとか。そんな水キムチをつかったレシピをご紹介し…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

スペイン 山梨

ワイン業界に巨大な隕石を落とした「青いワイン」は、豊かな創造性と独創性に富んだ若手クリエイター6名によって生み出された、新酒でした。目が醒めるほどパキッと明るく澄み渡った青いワインは、どのような経緯で誕生した…

日本テレビのヒルナンデス!でも紹介された「珪藻土コースター」が話題になっています。番組では、フランフランおすすめのキッチングッズとして紹介されていましたが、3COINSでも販売されています。高価なイメージの珪…

donguri

海外のカラフルな色使いが大好きです! ラッピングや料理も、海外のア...

ページTOPに戻る