ローディング中

Loading...

タルトを作りたいけど、型がなくてあきためた経験ありませんか。実は身近なもので代用ができます。代用品をつかって、少し工夫をすると上手にタルトが焼けるんですよ。タルト型の代用品にどんなものがあるのか、詳しくご紹介します。

タルト型の代用になるものは?

タルト型は、タルトを焼くときに使う調理器具で、大きく分けて2種類あります。まず、底版が外れるものはフラン型と呼ばれます。型から外す時に下から押し出すことができるため、型崩れがしにくいです。底板と一体型は、そのまま食卓に出すことができます。

このように、タルトを焼くときには専用の型があると便利ですが、頻繁に使用することがないので、持っていない方も多いようです。タルトを焼きたいけれど、タルト型がない時は買うしかないのでしょうか?

諦める前に、身近にあるものでタルト型は代用できるのか調べてみました。今回は、どのような物で代用ができるのかを詳しくご紹介します。

代用を考える際のポイント

タルト型の代用を考えるときは、色々な注意点がありそうです。どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

まず、底の深いものはパイ生地を敷きにくくなるため、なるべく浅いものを選びましょう。深いものを使う場合は一工夫が必要です。また、金属ではなく耐熱皿を使う場合は、熱が通りにくいため焼き時間の考慮が必要でしょう。

焼きあげたり、作ったりする過程でも代用品によって調節が必要です。そのような調節が面倒であれば、代用型を使ったレシピを探してみるのもよいかもしれません。同じ代用型で作れば、レシピ通りにすることで上手にタルトが焼けますよ。

タルト型の代用になるもの

タルト型の代用品はいろいろあります。意外に身近なもので代用ができますよ。どのようもので代用ができるのか見ていきましょう。

グラタン皿・ココット容器

まず、オーブン対応のグラタン皿やココット容器が代用できます。浅いラザニア用のグラタン皿はタルトに代用しやすいです。作るときには、内側に薄くバターを塗るとタルトが外しやすくなりますよ。

また、グラタン皿やココット容器は金属製のタルト型に比べると、火の通りが悪いため底が生焼けになりやすいです。焼き時間はレシピよりも長めに設定すると、ちょうどいい仕上がりになるでしょう。

スキレット

流行りのスキレットであればオーブンに入れることが可能なため、タルト型の代用になりますね。スキレットは色々な大きさが販売されているため、小さめのサイズを人数分焼いてもいいですね。分厚いスキレットでは、タルトが固く焼きあがることがあるため注意が必要です。

スキレットを使用してタルトを作ると、そのまま食卓に運ぶことができとても便利です。見た目もおしゃれなため、仕上がりが楽しみですね。

アルミカップ

アルミカップは耐熱温度が高く、オーブンやグリルに対応した商品が多く販売されています。スーパーや100円ショップでも販売されているため、手に入りやすいですね。

アルミ箔に比べると、しっかりとした形で使いやすいです。小さなサイズのものが多いため、プチタイプのタルトを作る時におすすめ。手みやげやプレゼントに最適なタルトが焼きあがりますよ。

耐熱皿

普段の食卓で使用している耐熱皿も活用できます。高い温度に耐えられる分厚い耐熱皿で作るとよいでしょう。耐熱のコップを使用して作ると、おしゃれなかわいらしいタルトが完成しますよ。

耐熱皿はどこのご家庭にもあるため、上手に利用すると人数に合わせた量や場面に合わせたサイズのタルトが作れそうです。大きめの耐熱皿で野菜をメインにしたおかずタルトを作ると、みんなでシェアでき、食卓が華やかになりますね。

アルミ箔

市販のアルミ箔を利用して、手作りのタルト型を作ることもできます。アルミ箔のため、後片づけも簡単!

作り方は、気に入った形の食器を選び伏せておきます。お皿が隠れるくらいの大きさにアルミ箔を置き手で押し当てます。強度を増すために、何重かにするといいでしょう。

アルミ箔は、好みの大きさや形にできるためとても便利です。定番の丸型以外にも、かわいい形にするといつもと違ったタルトを楽しめますよ。使用後はゴミとして捨てることができるため、置き場所にも困りません。

ケーキ型

ケーキ型を使っても作れますが、底が深いため生地を敷く際は工夫が必要です。

ケーキ型にクッキングシートを敷き、均一の厚さにした生地を底に敷きます。次に、側面の長さに作った長方形の生地を半分に切り、半分ずつ側面に敷きます。このとき、高さはケーキ型の側面の通りに作らず、低めにしましょう。最後に、底と側面の継目に余った生地を長く伸ばして馴染ませましょう。

パウンドケーキ型

パウンドケーキ型も高さがあるため、難しいようです。パウンドケーキ型を使ってタルトを作りたい場合も、底から数センチの所までタルト生地を敷いて作るとよいでしょう。

その場合、側面のタルトの形が熱によって下がってきます。タルト生地を敷いた後、アルミ箔を敷いて重しを乗せてからタルト生地だけを先に焼きます。その後、中身を入れてもう一度焼くときれいに仕上がりますよ。

パウンドケーキ型を使用してタルトを焼いたレシピを参考にすると便利です。失敗なく仕上がるため、チャレンジしてみましょう。

タルト生地を型に上手に敷くポイント

見た目の仕上がりが左右されるタルト生地の敷き方をご紹介しましょう。ひと手間かけて、ていねいに作業するときれいな仕上がりになりますよ。いくつかのポイントをまとめてみました。ぜひチャレンジしてみてください。

焼き型は冷やしておく

まず、焼き型は冷やしておきましょう。タルトを作る時には、型に無塩バターを塗ります。バターが溶けないように生地を敷く際も低温で作業できるとよいですね。途中で柔らかくなってきてしまったときは一度冷蔵庫に入れたり、生地を伸ばす台をあらかじめ氷で冷やしておくなどの方法もおすすめです。

また、溶ける前に手早く作業をするのがコツですよ。バターを塗り終わってからも冷蔵庫へ入れて冷やしましょう。

生地の厚さを均等にする

タルトを焼くときには、厚さを均等にすることがポイントになります。

まとまった生地をのし棒を使いながら3mmくらいの厚さにどんどん伸ばしていきましょう。伸ばしすぎて薄くなると、タルトができあがりカットした時に崩れることがあります。また、厚すぎると仕上がりが固くなってしまいます

均等に伸ばすためには、割り箸など3mm程度の木の板を生地の両サイドに置き、その上にのし棒を転がすように伸ばしていきましょう。

生地は型にしっかり押しつける

生地が完成したら、冷やしておいた型にふわっと乗せます。底の角の所は指で軽く押さえて型に納めていきましょう。次に、のし棒で型の縁をグリグリと押さえて余分な生地を切り落としていきます。

切り落とした余分な生地は丸めて粉を付けます。その生地を使い、タルトの底部分をしっかり押さえていきましょう。ここでは角もしっかり押さえてください。溝部分は指で丁寧に押さえたら、タルト生地を敷く作業は完成です。

代用型でもできる!タルトレシピ

代用型で上手にタルトを焼いてみましょう。スキレットとマフィン型、パウンドケーキ型を使ったレシピをご紹介します。代用品を使って作るレシピなので、焼き時間などの調節は不要!レシピ通りに進めればおいしく完成しますよ。参考にしてみてください。

1.【スキレット】ウォーターチョコタルト

スキレットを使用したあっさり味のチョコレートタルトです。チョコレート生地のしっとりとした食感と、タルトのサクサク軽い食感がベストマッチな1品です。

タルト生地は、スキレットよりひとまわり大きく伸ばして敷きます。生地に穴を開け、オーブンで焼き、冷まします。溶かしバター、チョコ、グラニュー糖を混ぜ合わせ、そこに粉類をしっかり混ぜ合わせ、タルト生地に入れて焼きあげたら完成です。

スキレットの厚さや大きさで仕上がりが変わるため、竹串でチェックして仕上げてくださいね。上手に焼きあがったタルトは、スキレットのままテーブルへ!おいしくいただきましょう。

2.【マフィン型】エッグタルト

マフィン型を使用して、プチサイズのエッグタルトを作りましょう。小さいサイズのため、タルト生地を敷く作業はむずかしいですが、しっかりとタルト型としての代用ができます。

マフィン型にバターを塗り、タルト生地を敷きます。生地にフォークで穴を開けて、重石をし、オーブンで焼き上げたら冷まします。フィリングの材料を全て混ぜ、一度濾します。あら熱が取れたタルト生地に流し入れ、オーブンで焼きあげればできあがり。

タルト生地には卵白を入れずサクサクとした歯ごたえがポイントです。生クリームと卵黄を使用したカスタードクリームで滑らかな食感が味わえますよ。シンプルなレシピですから、少し高級なタマゴを使って、高級感をだしてもいいですね。

3.【パウンドケーキ型】バナナキャラメルタルト

黒ずんだバナナをリメイクできる便利なレシピ。パウンドケーキ型を使って、タルトを焼きましょう。できあがったタルトは、パンプキンパイのような濃厚な味わいですよ。

薄力粉とバターをフードプロセッサーにかけ、その後、卵黄、塩、水、砂糖を入れて再度フードプロセッサーで混ぜ合わせます。ひと固まりになったら、ビニール袋に入れて冷蔵庫で寝かせます。1時間寝かせた生地をパウンド型に平らに敷き焼き上げます。次に、フードプロセッサーにかけたバナナ生地の材料を型に流し入れ、焼き上げれば完成です。

キャラメルの甘さとバナナの風味がとてもおいしいタルトです。

タルト型は代用ができた!

タルト型がなくても、自宅にあるもので簡単に代用ができますね。普段使用している耐熱皿も、上手に使うとタルトが焼けるとは驚きました。どのようなシーンでタルトを食べるのか思い描いて、タルトのサイズを自在に変えられそうですね。

身近にある代用品が決まれば、厚みや大きさなどを考えて、レシピを参考に焼き時間を調節するときれいに焼きあがりそうですね。タルト型がない時は、代用品を使っておいしいタルトを焼きあげてみてください。
▼タルトレシピは、こちらもチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

皆さん、酢豚をメイン料理に決めた日の献立、どうしていますか?酢豚だけだと少し物足りないという方も多いのではないでしょうか。酢豚に合わせたい副菜やスープ、サラダなどをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

スイカ お土産

暑い夏にぴったりの、スイカにそっくりな新スイーツ「スイカバームクーヘン」が、バームクーヘン専門店『ら・それいゆ』から販売されています!通販も可能で、スイカを見事に再現した「スイカバームクーヘン」の魅力をご紹介…

レシピ まとめ

みんなの大好きな肉じゃがメインの晩ご飯のとき、どんな献立を組んでいますか?汁物は?副菜は?今回は、いつも「何がいいかしら」と悩んでしまう方のために、肉じゃがと合う献立をレシピ付きでご紹介します。肉じゃがをおい…

レシピ カクテル

「アマレット」というリキュールをご存知ですか?馴染みのある方には、すぐにピンと来るかもしれませんが、普段お酒を飲まない方からするとなんだろう?と疑問に思いますよね。アマレットを使ったオススメのカクテルをご紹介…

餃子 宇都宮 まとめ

餃子の街・宇都宮には、なんと200軒以上も餃子のお店があります!地元でも人気のおすすめ餃子店12選とお店イチオシメニューも一緒にご紹介。宇都宮で餃子を食べるならぜひ立ち寄ってみたくなるお店が満載です。気になる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コーヒー おしゃれ まとめ

お部屋が殺風景な方に、お家で出来る簡単オシャレなコーヒーフィルターを使ったDIYアイディアを「6」個ご紹介します!コーヒーを出すときにしか使わないフィルターが、その独特の風合いでオシャレなインテリアに大変身し…

ワイン まとめ

保管している人も多いワインコルクですが、DIYの材料にしてみるのはいかがでしょうか?リサイクルになるのと同時に、おしゃれでかわいい小物に変身してくれるんです。今回はそんなワインコルクを使ったリサイクルDIYの…

お菓子 ドリンク まとめ

最近テレビでも紹介された遊べる本屋「ヴィレッジ・ヴァンガード」。本屋さんだけどいろんなグルメ関連雑貨もあり面白い!と今だ人気の絶えない本屋さんです。まだ行ったことが無い人は、一度行くとハマるかも‥。

まとめ

アイスの棒を使って、オシャレなアイテムを作っちゃいませんか?作るといっても、どんなものが作れるのかわからない、という方もいらっしゃると思うので、いろんなアイデアをご紹介しますね♪

まとめ

IKEAの人気商品の1つ、LACKサイドテーブルを使ったDIYアレンジをご紹介します。軽くて簡単に動かせることもあり、お子様用から大人用まで幅広く使えるアイテムなんです♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

ポテトサラダ レシピ

子供から大人までみんな大好きなポテトサラダ。実はポテトサラダを冷凍保存すると便利って知ってましたか?今回は、不動の人気メニューであるポテトサラダの冷凍保存の方法やポイント、解凍の仕方や余った場合のリメイクレシ…

カレー レシピ まとめ

食卓にあがることの多いカレー。しかしそれ以外の付け合わせ、いつも同じようなものばかりになっていませんか?今回は悩めるあなたのために、定番からちょっと意外なものまでカレーに合う付け合わせをご紹介。これでお悩みば…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る