ローディング中

Loading...

冠婚葬祭から日常のおつきあい、ビジネスや食事など、必ずシーンに合ったマナーがつきもの。いざという時に慌てないためにも事前に知っておきたいですよね。そこで本企画では、大人として最低限知っておきたいマナーをシチュエーションごとにピックアップ。今回は、和食と近いようで意外と遠い「中華料理のテーブルマナー編」をNGマナーとともにご紹介します。

意外と知らない大人のマナー講座 〜中華テーブルマナー編〜【社会人必見】

冠婚葬祭から日常のおつきあい、ビジネスや食事など、必ずシーンに合ったマナーがつきもの。いざという時に慌てないためにも事前に知っておきたいですよね。今回は、日本と近いようで意外と遠い「中華料理屋」での正しいテーブルマナーをピックアップ。NGマナーとともにご紹介します。

席次

[円卓での席次・席順および上座、下座]

◉円卓では入り口に最も近い席が下座となります。

◉中華料理のレストランなどでは、主賓が席に着くまで出入口近で待つのがマナーです。

出典: www.jp-guide.net

回転テーブル

回転テーブルには、調味料、お茶の急須、料理の大皿など、共有するものだけを置くのがルールです。ビール瓶などの倒れやすいものや食べ終わったあとの取り皿、グラスなどは乗せないようにしてください。

料理が運ばれてきたら、まず主賓から取りはじめて時計回りに順番に取り分けていきます。順番が回ってきたら、テンポよく取っていきましょう。しかし、全員が取り終わるまでは、料理には手はつけないのがマナーです。これは和食や洋食のルールと変わりません。

中華料理では、一度全員に行き渡った料理の残りを食べたい人が自由に取っても構いません。お客様が料理の量に満足しているかどうかを確認して、もう料理に手をつけないようならば遠慮せずにいただきましょう。テーブルを回すときは、他の人が取り分けていないかを確認し、時計回りにゆっくりと回します。また、席を立って料理を取るのはマナー違反なので、必ず座って料理を取りましょう。

出典: www.hitachi-solutions.co.jp

なお、円卓の動く部分に置いても良いのは、大皿料理、未使用の小皿、調味料のみ。

自分の取り皿や、グラス、ビール、使用済みのお皿などは置かないように気をつけましょう。

取り分け

■最初の取り分け
 大皿はターンテーブルから下ろさず、サーバーを使って取り分けます。取り分ける時には、全員に均等に分けられるよう気を配りましょう。取り分けの順番は主賓か一番目上の人を優先に。なお取り分けられた料理が手もとに来ても、全員に行き渡るまで、料理に手を付けてはいけません。
そしてターンテーブルが一回りして料理が残っている場合は、おかわりも自由です。

■取り分けは座ったまま
 料理の取り分けをするのは、料理が自分の前に来てからがマナー。加えて、立ち上がって取り分けるのはマナー違反です。そして取り分けた後、サーバーはターンテーブルからはみださないように戻しておくこと。

■取り皿は一品一枚
 取り皿は新しい料理ごとに取り替えましょう。前の皿の味と混ざってしまい、味のバランスが崩れてしまってはもったいないので、まめに変えてください。円卓に新しい皿がなくなりそうと気付いたら、お店の人に一声かけることも忘れずに。

出典: www.asahibeer.co.jp

食べ物を残すのはマナー違反なので注意。自分の食べたい分だけを取るのがベストですね。

お代わりをしたい場合は、最初の取り分けが一周した後、残った料理を取ると良いかもしれません。

食べ方

れんげのマナー

麺類は一度れんげにとってから麺を食べます。こうすることで汁がはねにくくなります。スープを飲むときはれんげを右手に持ち替えます。また、れんげにも使い方があります。れんげは真横ではなく斜めに口にあてます。口に垂直にあたるのが良いでしょう。れんげの柄のくぼみに人差し指を入れて親指と中指でれんげを持ちます。

中国茶のマナー

油を使った中華料理には脂肪を分解してくれる中国茶は欠かせません。中国茶は食後ではなく食事中にいただきます。ウーロン茶やジャスミン茶などお好みで選んでみてください。中国茶は急須を使わず、湯飲み茶碗の中に茶葉が入っていることもあります。その場合は、湯のみ茶碗を左手で茶托ごと持ち、右手で蓋をずらして飲むと、口の中に茶葉が入るのを防ぐことができます。また、急須を使った中国茶は、蓋を少し右にずらすとおかわりのサインになります。

出典: www.table-manners.org

乾杯も中華料理独特のマナーがあります。中国の祝いの席ではたくさん乾杯があり、どんどんグラスに注がれていきます。

例えば、中国の結婚式では花婿が泥酔しないように代わりに飲む人が付き添っているほど。

飲めない人は事前に伝えておくと良いですね。

お茶

中国茶はたいてい大きな急須で出てきます。
何杯でもお代わり自由なので、急須を回転台にのせて自分でついて飲みます。
自分のぶんだけでなく、両隣の人にもついであげてもかまいません。


・お代わりのサイン
お茶がなくなったら、ふたをずらすかひっくり返してのせておきます。
こうしておくとわざわざ頼まなくても、お店の人が気がついてお代わりを持ってきてくれます。
もちろんお店の人に直接頼んでもかまいません。


・ふた付きの茶碗での飲み方
中国茶はふた付きの茶碗で出される場合もあります。
中に茶葉も入っているので、日本茶のようにふたを取って飲むと、茶葉が口に入ってきます。
受け皿ごと取り上げて、ふたをずらしてその隙間から飲むのが正式なマナーです。
お湯のポットがでていれば、自由にお代わりができます。

出典: mannerpage.com

お茶を飲むときは、左手で受け皿ごと持つか茶碗を持ち、右手でフタをちょっとずらし、フタで茶葉を押さえるようにしながら隙間から飲みます。

お代わりするときは、フタを開けポットからお湯を注いで少し蒸らしてから飲みます。

NGマナー

食べ物を残すのはマナー違反なので自分が食べられる分だけを取り分けます。料理が残っている場合、おかわりがしたい人はその都度おかわりをします。
先にも書きましたが、中華料理のお店では他の人の分まで取り分けることはしません。しかし、お茶は隣の人にも入れてあげましょう。

出典: www.table-manners.org

いかがでしたか? 実際の会食の場面で、横目で他人の所作をチラチラ観察しながら食べるよりも、しっかり覚えておけば食事も楽しむことができますよね!

あわせて読みたい「知っておくべき大人のマナー」

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 中華 まとめ

今日は麻婆茄子にしよう!そんなとき、献立はどうしますか?ご飯だけでは何だか物足りないし……。スープ、サラダ、副菜など、栄養バランスがさらによくなる献立にしませんか?麻婆茄子の日のお…

レシピ 中華 チャーハン

少し入れるだけで、お店で食べるような味になるウェイパーは人気の調味料。ご自宅にない場合、何かで代用できないものでしょうか?あの味をキッチにある何かで代用ができたら、いつでも炒め物や汁物がおいしく作れますよ!身…

パクチー 中華 ラム肉 日暮里

パクチー料理を求める人を、パクチストと呼ぶのを皆さんは知っていますか?そのパクチストが絶賛する店舗が日暮里にある「中華深せん」です。お店ではどんなパクチー料理がラインナップしているのか、また、ほかに提供されて…

チョコレート

チロルチョコから、父の日の贈り物にぴったりな、「大人のごえんカップ」が発売されます。カカオ41%のほろにがチョコに、ブランデーの粉末酒が加えられた大人の味わいを楽しめるひと品。今年の父の日のプレゼントにぜひ♩

おしゃれ 和食

みなさん、「とんすい」ってご存じですか。名前は知らなくても、「お鍋を食べる時に使うあの小鉢」というとすぐに想像できる人も多いのではないでしょうか。今回は、そのとんすいの歴史や正しい使い方、おすすめのとんすいな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

シャーベット レシピ

「食後のデザートはやっぱりさっぱりしたものがいい♪」という方におすすめの柚子シャーベットのレシピをご紹介します。また、お食事途中のお口直しにもぴったりのさっぱり味です♡柚子をそのまま容器として使うことで見た目…

ホテル スイーツ

自分へのご褒美に、たまには贅沢な朝食を味わってみませんか?今回は、東京の高級ホテルで味わえる、絶品フレンチトーストモーニングをランキング形式で発表します!いつもとはちょっと違う、スイーツで朝活♪一日の始まりが…

あれすーぱ

「人はパンのみに生くるものに非ず、されどまたパンなくして人は生くる...