ローディング中

Loading...

ご家庭のフライパンで焼肉をすると、焼きすぎてしまったり油っぽくなったりしませんか?お持ちのフライパンや一般家庭の火力でも、コツをおさえればお肉をジューシーに焼けますよ。今あるフライパンを使って、おいしいお肉の焼き方をご紹介します!

家のフライパンでおいしい焼肉

ホットプレートを使って家で焼肉をすると、床に油が飛び散ったり焼肉の臭いも翌日まで残ってしまい、後片付けも大変ですよね。かといってフライパンで焼肉を焼くと、お肉や一緒に炒めたお野菜まで油っぽくなって、おいしく焼けなかったという経験はありませんか?

お店で食べるような、ジューシーなお肉が家でも焼ければ嬉しいのですが、なかなか難しいですよね。しかし、失敗しがちなフライパンを使った焼肉も、簡単なコツさえ掴めば、簡単にお店で食べるような焼肉が作れますよ。今回はお持ちのフライパンでおいしく本格的な焼肉を焼くコツをご紹介します。

おすすめのフライパンはテフロン製?

多くのご家庭で使われているテフロンのフライパンですが、焼肉をおいしく焼くのに一番おすすねなのは、鉄製のフライパンです。おいしくお肉を焼くコツは、フライパンを熱々に熱した上で、強火で思い切って炒めることが大切。

テフロン製のフライパンは、あまり強すぎる火で炒めるとテフロン加工がはがれてしまう可能性がありますが、鉄製のフライパンは熱々に熱しても表面の鉄がはがれることはありません

焼く前に大切な3つのこと

1 お肉は常温に戻す

お肉は常温に戻してから焼くとよいですよ。常温に戻してから焼くと、肉汁をお肉の中に閉じ込めることができます。常温にしておいたお肉を焼くと表面だけではなく、内側の温度をちょうどよい温度にでき、旨味を余分に逃さないことができます。

もし冷蔵庫から出してお肉が冷たいまま焼いてしまうと、あっという間に表面だけに火が通り、内側は生焼け状態、肉汁も流れ出てしまうことが多いでしょう。お肉は冷蔵庫から出したら、最低でも30分は常温においてから焼くようにしてください。

2 よく熱したフライパンで焼く

お肉を常温に戻し、表面と中の温度が一定になったお肉は、よく熱したフライパンで焼きましょう。お肉の表面を一気に焼きあげることで、肉汁をお肉の中に閉じ込めることができます。

お肉をのせたときに、ジューッという大きな焼き音がする位にフライパンは熱してください。

3 焼き油は牛脂がおすすめ

ご家庭にあるサラダ油などでお肉を焼いても問題はありませんが、よりおいしくいただきたい場合は、牛脂を使うのがおすすめです。牛脂を使うことで、風味よく焼きあげられます。

焼肉ようのお肉にはパックの中に添付されていたり、牛肉を買うと無料で牛脂をもらえたりもしますよね。よかったら一度牛脂を使って焼いてみてくださいね。

フライパン焼肉のコツ3つ

1 お肉は重ならないように焼く

お肉を重なったまま焼くと、お肉に焼きムラが出てしまいます。お肉が重ならないように気を付けましょう。大きめのフライパンを使って焼くようにするか、少量ずつ焼くとよいですよ。

2 強火で両面に焦げ目をつける

お肉は表面に焦げ目がつく程度まで、強火で焼いてください。一気に表面に熱を入れ、焼き目をつけることで肉汁を閉じ込めることができます。表裏、どちらにもまずは強火でしっかりと焼き目をつけてくださいね。

3 火を弱めて中に火を通す

強火でお肉の表面に焦げ目がついたら、中火~弱火に弱めます。強火のまま焼き続けると、中に火が通る頃には表面は焦げてしまいます。火を通しすぎると、食感がパサパサしたものなってしまいますので注意してください。

薄切り肉の場合には、片面はしっかり強火で焼き、裏面はサッと炙る程度で十分です。これだけで、いつもの焼肉よりもジューシーに、油っぽさも防ぐことができますよ。

油っぽくならないポイント

キッチンペーパーを使う

お肉から出た余分な油はキッチンペーパーでこまめにふき取ると焼肉が油っぽくなるのを防げます。フライパンにでた余分な油はお肉の臭みの原因にもなります。油はできるだけこまめにふき取って、調理するのがおすすめです。

クッキングシートを敷いて焼く

クッキングシートをフライパンに敷いて調理するだけで、焦げ付きも防ぐことができます。クッキングシートは油をはじきますので、余分な油をふき取るのもやりやすいのですよ。まて、こげつきにくくもなりますので、後片付けも楽になります。

アルミホイルを敷いて焼く

フライパンに、一度くしゃくしゃにして広げたアルミホイルを広げ、その上でお肉を焼くと余分な油が下に落ち、油っぽさを防げます。
▼お肉をやわらかくするコツはこちら

フライパン焼肉のおすすめレシピ

フライパンで簡単に美味しく焼き肉を焼くコツがわかりましたね。今日から早速活用してみてはいかがでしょう。ただお肉だけを出すのではなく、もうひと手間加えたアレンジ焼き肉も良いですね。ここからは、家族も喜ぶ焼き肉のアイデアレシピをご紹介します。

1 焼肉のサンチュ巻き

焼き肉店では必ずサンチュを注文するという方も多いのではないでしょうか。がっつり焼肉の味に少し飽きてしまった際にサンチュでさっぱりと、と味の変化をつけてくれる名わき役です。そんなサンチュをプラスしてお店のような食べ方ができるレシピです。

キムチはザク切りにして、白髪ネギと調味料をからめてておきましょう。フライパンを強火で熱し、豚肉を焼いて塩コショウをします。白菜キムチ、サンチュ、大葉、プチトマトと焼肉を盛り合わせでき上がりです。サンチュで巻いて食べれば、野菜も摂れて栄養バランスもよいですね。

2 サラダ仕立ての焼肉

お肉が食べたいけど、野菜もちゃんと食べないと、という方におすすめのサラダ仕立ての焼肉。野菜もたっぷり摂れて、お肉の食べ過ぎも防げそうなメニューです。

サニーレタスは水洗いし水気を切って、ひと口大にちぎっておきます。みそ、甜麺醤などの調味料を混ぜ合わせ、合わせみそディップを作りましょう。焼いたお肉を器に盛り付ければ完成です!お好みで唐辛子を添えてもおいしくなります。

3 ビビンバ風焼肉丼

ワンプレートで済ませてしまいたい、という日にはビビンバはいかがでしょうか。

牛肉はひと口大に切り、小麦粉をまぶしておきます。ホウレン草を湯通しし、適度な幅にカット。フライパンにゴマ油を熱して牛肉を炒め、色が変わったら焼肉のタレを加え、全体にからめます。 石鍋がない場合は、スキレットなどの小さなフライパンにゴマ油を入れご飯を広げましょう。ホウレン草と焼き肉を加え、真ん中に卵を割り入れ蓋をします。ご飯が少し焦げたら完成です。

あなたのご家庭でも本格的な焼肉を味わって

フライパンを使ったお肉の焼き方について、いかがでしたか?本格的な鉄板やホットプレートを使わなくても、フライパンでおいしい焼肉ができますよ。高価なお肉を用意しなくても、コツを意識すればジューシーなお肉に焼きあがるはずです。

これまで油でギトギトになってしまい、お肉を焼くのは苦手に思っていたみなさんも、今回の内容を参考によかったらご自宅のフライパンでお肉を焼いてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おつまみ

ジメジメする梅雨は憂鬱なものですが、この時期ならではの楽しみもあります。今回ご紹介するのは、梅雨時期に旬を迎えるイサキの煮付け。通年見かけるイサキですが、産卵期前の時期は脂がのっていて、一段と美味ですよ。

牛肉 ピーマン レシピ まとめ

時間の無い時に便利なおかずは炒め物ですね。牛肉とピーマンを使った炒め物は、どんな味付けでもおいしくなるのが特徴です。和にも中華にも合う、おかずレシピをたっぷりご紹介します。時間をかけずに作れるスピードおかずは…

豆腐 レシピ

今回ご紹介するのは、フライパンで簡単に作れる「玉子豆腐の枝豆あんかけ」のレシピです。思わずホッとしてしまいそうな香りと味わいが私たちをやさしく包んでくれます。疲れたときに、この玉子豆腐を食べれば心温まる、そん…

オムレツ じゃがいも ほうれん草 レシピ トマト

底に隠れたカリカリのじゃがいもがポイント♩「じゃがほうれん草のオープンオムレツ」は、フライパンだけで簡単に作れるので、忙しい日にもってこいです。ベーコンの香ばしさとジューシーなトマトの相性が抜群なこの料理、ぜ…

パン レシピ

使う機会が多いからこそフライパンにはこだわりたい!そこでおすすめしたいのが、セブンプレミアムの新フライパン。名前どおりの機能性をもつこの新商品なら、フライパンでは調理のむずかしいパンだってムラなくきれいに焼き…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

カクテルは名前を見ても見当が付かないものがチラホラあると思いませんか?「カシスオレンジ」ならカシスとオレンジ。「カンパリソーダ」だったらカンパリとソーダ。とすぐわかるのですが、問題は「モスコミュール」や「スプ…

レシピ まとめ

おせち料理はもう食べ終わりましたか?たくさんある料理の中でもよく余ってしまうのが「数の子」。数の子は高価で貴重品なので捨てるのはもったいない。おいしくリメイクしてみませんか?パスタや簡単おつまみなど、おいしい…

レシピ まとめ 鶏肉

普通に焼くと、パサパサになってしまうことが多い鶏むね肉を、ふっくらジューシーに仕上げてくれるレシピを集めました。鶏むね肉の調理方法に悩んでいる女性はぜひご覧になってみてくださいね!

レシピ まとめ たけのこ

春は筍の季節ですね。「旬」にたけかんむりがついて「筍」と書くぐらい季節限定のものですから、この時期に味わわないともったいない!上手にアク抜きをして食べてみましょう。おすすめのレシピをご紹介します。

中華 レシピ まとめ

なんとこの頃はホットケーキミックスで肉まんが作れちゃうそうですよ、奥様!ということで気になったのでちょっと調べてみました。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

渋谷 女子会 レストラン バー

渋谷「BAR & RESTAURANT BEE8(バーアンドレストラン ビーエイト)」が、2015年8月27日にリニューアルオープン。ニューヨークテイストのインテリアと、大人のニーズへ対応できる新たな空間のお…

ニューヨーク マグカップ

NYのお洒落なお土産として、またミスタードーナツがコラボして徐々に日本で注目を浴びつつあるFishs eddy(フィッシズエディ)。とにかくNYやアメリカの有名人をモチーフとしたデザインが可愛いんです!その魅…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る