ローディング中

Loading...

日本人の食生活に欠かせないおにぎり、ラップで包みますか?アルミで包みますか?どちらを使うとよりおいしくなるのでしょうか。今回は、おにぎりを作る際のラップとアルミの比較、さらにおにぎりの上手な握り方まで詳しくお伝えします!

おにぎり、何で包んで持ってく?

温かくなり、お花見や遠足など、出かける機会が多くなるこのシーズン。おにぎりを作って持っていくという方も多いのではないでしょうか。

手軽に作れ、なかに入れる具材によって様々な味わいが楽しめる日本人のソウルフード、おにぎり。そんなおにぎりですが、皆さんは何で包んで持っていきますか。ラップ?アルミ?それともおにぎり専用ケース?

人によって分かれるところですが、ラップで包んだ場合、アルミで包んだ場合それぞれどういったメリット、デメリットがあるのでしょうか。また、行楽シーズンに向け、おいしいおにぎりのレシピもご紹介します。

ラップで包んだ場合

ラップで包むメリット

おにぎりをラップで包む最大のメリットは、密閉できることではないでしょうか。アルミで包んだ場合、どうしても多少の隙間ができてしまいますよね。ですが、ラップの場合はおにぎりと密着させることが可能!空気に触れさせないことにより、ご飯が乾燥するのを防いでくれます。

この他にも、電子レンジでそのまま温めることができたり、カバンの中で潰れてしまっていても再度握り直すことができるといった点もラップの嬉しいところです。

また、小さいお子様がいるご家庭などの場合、ラップだとマジックで顔や絵を書いたりできるというのもラップのメリットと言えるかもしれませんね。

ラップで包むデメリット

一方、ラップで包むデメリットとしてはやはり通気性の悪さでしょう。短時間であればご飯をしっとりとした状態に保ってくれるのですが、時間が経つとともにべちゃっとした食感になってしまいます。

また、蒸れやすいため夏場などは傷んでしまわないか心配という声も。ちなみに、パリパリのり派の方の場合は、あらかじめのりをまいたおにぎりをラップで包んでしまうとしんなりしてしまいますので、食べる直前に巻くようにしましょう。

アルミで包んだ場合

アルミで包むメリット

アルミで包む際のメリットは、アルミとご飯の間に程よい隙間ができるため、表面が少し乾燥し、雑菌の繁殖を防いでくれるといった点があります。

この他、ラップと比べるとめくって食べやすいといった点も。ちなみに、年齢があがるほどアルミ派率が高くなるというデータもあるのだとか。確かに、アルミで包まれたおにぎりってなんだか懐かしい気持ちになりますよね。

アルミで包むデメリット

おにぎりをアルミで包むデメリットとしては、やはり電子レンジでそのまま温めることができないといった点ではないでしょうか。遠足など外で食べる分には問題ありませんが、オフィスで食べる場合などはやはり温かい状態で食べたいと思ってしまいますよね。その際は、アルミから取り出し、耐熱皿にのせて温めましょう。

この他、ラップと比べるとアルミの方がご飯粒がくっつきやすく、食べにくい場合があるというのもデメリットのひとつと言えるでしょう。

結局アルミとラップどっちがいい?

おにぎりをラップで包んだ場合とアルミで包んだ場合のメリット、デメリットについてご紹介しました。一概にどちらがいいとは言い難く、どういったシーンで食べるのか、どういった食感のおにぎりが好みか、どういった人が食べるのか……などによっても異なってきます。ご自身の好みやおにぎりを食べるシーンに応じて上手に使い分けてみてくださいね。

おいしいおにぎりの握り方

おにぎりを包むのに欠かせないアイテム、ラップとアルミについてお伝えしました。次に、おいしいおにぎりの握り方をご紹介します。普段何気なく作っているおにぎりも、これらのポイントをおさえることで、驚くほどおいしいごちそうへと大変身しますよ!

お茶碗とラップで衛生的に

おにぎりを握る際、手をぬるま湯で濡らし、塩を付けて握るという方もいるかと思います。ですが、いくらきれいに手を洗ったとしても、人間の手には常在菌という菌が多少なりとも存在しています。

健康な大人であれば特にからだに支障がでることはないかもしれませんが、体調が優れない時や小さなお子様の場合は、この常在菌によって食中毒を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、おにぎりを握る際は、お茶碗とラップを使用するほうが、衛生的にはおすすめです。

炊きたてのご飯を握る

冷めた状態のごはんでおにぎりを作ると、かなり固く握らなければならないだけでなく、握る回数も多くなってしまいます

そうなるとご飯が潰れてしまい、あの炊き立ての時のようなふっくら感を感じられなくなってしまうのです。そのため、おにぎりを握る際は炊き立てのご飯を使うようにしましょう。お茶碗によそったご飯をラップに落とし、転がしながら丸めていくとうまく握れます。その際、やけどしないよう注意してくださいね。

三角の手でやさしく握る

一言におにぎりと言っても、まんまるのものや俵型のもの、そして定番の三角形のものなどさまざまかと思います。ですが、お米そのものの風味を味わいたいのであれば、やはり定番の三角形がおすすめです!

右手の人差し指と中指で三角形の角を作り、左手は添える程度で握っていきます。中心部にはあまり力を加えず、外側の部分だけをしっかりと握るように心がけてくださいね。一つの辺が握れたら手前に回して次の辺へと移動し、3~4回握りましょう。握る回数が多すぎるとご飯が固くなってしまうので注意してくださいね。

冷まして包み直す(包み直すときにラップまたはアルミを選択)

おにぎりを包む際は、一度冷ましてからラップもしくはアルミで包むようにしましょう。握った時のラップのまま置いておくと、水分が抜けず、食べた時にべちゃっとした食感になってしまいます。

もったいないと感じるかもしれませんが、握る時に使用したラップは処分し、包み直す時は新たにラップもしくはアルミを使用しましょう。
▼ひと手間かけて「焼きおにぎり」も作ってみよう!

ラップで握る時の塩のつけ方

ラップでおにぎりを握る際、気になるのがどのタイミングで塩を振ればよいのかということですよね。ラップでおにぎりを作る時は、あらかじめラップに塩をまんべんなくまいておくことをおすすめします。こうするとおにぎりの表面にある程度均等に塩が付き、食べた時もほどよいしょっぱさが感じられます。この時、塩はなるべく高い位置からパラパラと軽くまいてくださいね。

その他、ご飯をボウルに入れ、その中に塩を混ぜるといった方法もありますが、塩を多く入れすぎてしまったり、塩を均等に混ぜたいがためにご飯をかき混ぜすぎてべちゃべちゃになってしまう可能性もあります。やはり上記のラップに散らばす方法をおすすめします。
▼「塩」にこだわるともっとおいしくなる!

ランチに持って行きたいおにぎりレシピ

おいしいおにぎりを作るコツをお伝えしました。基本のおにぎりの作り方をおさえたところで、やはり気になるのは、SNS映えもしそうな見た目もオシャレでおいしいおにぎりのレシピではないでしょうか。お出かけが楽しくなる春は、持っていくお弁当にも力が入ります。

次に、簡単にできて見栄えもばつぐん、ランチの持ってお出かけしたくなるおにぎりのレシピをご紹介します。

梅と大葉のオイルおにぎり

梅と大葉の爽やかな風味が食欲をそそる、見た目も美しいおにぎりです。ご飯、叩いた梅干し、みじん切りにした大葉、白ごま油、塩を混ぜ合わせます。ラップを絞るように、丸く形を整えれば完成です。

白ごま油は一般的なごま油と比べると香りが控えめなため、梅や大葉の風味が損なわれず、香ばしさだけが引き立つためおすすめですよ。

炒め水菜の香ばしごま風味おにぎり

ごま油で炒めた水菜が食欲をそそる一品です。緑色のものが入っていると、なんだか一気に華やかになりますよね。

作り方もとても簡単!ごま油で水菜を炒め、水気がなくなってきたら塩と醤油で味を整えます。白ごまを入れ、さらにあたたかいご飯を入れて三角形に握ればできあがり!醤油は出来上がる直前に入れることで香ばしさが引き立ちます。

オリーブとチーズのおにぎり

ワインとの相性も良さそうなおにぎりです。オリーブとチーズを食べやすい大きさにカットし、ご飯に混ぜて丸く握るだけ!仕上げに黒コショウをかけることで、大人好みの味わいに仕上がります。チーズ好きの方は、さらにパルメザンチーズをプラスしても良いかも知れませんね。

休日におにぎりを持って出かけよう!

おにぎりはラップ派という方も、アルミ派という方も、改めてそれぞれのメリット、デメリットを知ると、シーンに応じて上手に使い分けができますね。また、これまで何となく作っていたおにぎりも、ちょっとしたコツをおさえることで格段においしく感じられるでしょう。

ぜひ次の休日は、ラップかアルミに包んだお手製のおにぎりを持ってお出かけしてみませんか。
▼手毬おにぎりでお弁当をかわいくしませんか?
▼おすすめの具材はこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

タコライス レシピ まとめ

沖縄の人気料理「タコライス」を、お家で作ってみませんか?ピリッとスパイシーなひき肉、さっぱりトマト、シャキシャキレタスの組み合わせが絶品!今回は、基本の作り方や人気のアレンジレシピ、簡単に作れる裏技をご紹介し…

レシピ

博多名物「おきゅうと」をご存じですか?こんにゃくのような見た目ですが、こんにゃくではありません。独特の食感が人気のおきゅうととは?名前の由来や作り方、味、食べ方までご紹介。知らなかった人は、食べてみたくなるか…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

ハヤシライス レシピ

マイルドでコク深い「ハヤシライス」は、子どもから大人まで大人気の料理!今回は、市販のルーを使わずにトマト缶で作る、本格ハヤシライスのレシピをご紹介します。余った次の日は、ドリアやグラタン、コロッケにリメイクで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

ステーキ 鶏肉 パスタ レシピ

脂身のすくない赤身肉で作るフランクステーキは、低脂肪でとってもヘルシー。パサつきを防ぐため、マリネしてジューシーにおいしくいただきましょう。同じく、ハニーシラチャを使ったチキンヌードルのレシピもご紹介します。

レシピ

お料理に添えられている大根おろし、残さず食べていますか?じつは大根をそのまま食べるより、おろして食べる方が断然体に良いことが判明。大根おろしの効能から、栄養を活かしたレシピ、辛味を抑えるおろし方まで盛りだくさ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る