ローディング中

Loading...

「たまごねこ」はとってもかわいらしくて、食べるのがもったいないくらいの卵焼きです。一体どういったものなのでしょうか。この「たまごねこ」がお弁当に入っているだけでとても華やかに。たまごねこの作り方、ほかのアレンジ卵焼きのレシピも紹介します!

たまごねこがかわいすぎる!

みなさんは「たまごねこ」をご存じですか?その名の通り、たまごで作ったかわいいねこです。なんと卵焼きがねこに変身しているのです!キャラ弁が流行している中、キャラクターばかりではなく、動物のお弁当もお子さんが喜ぶこと間違いありません。

とてもかわいらしいだけではなく、アイディア次第でいろいろなたまごねこを作ることができるのも人気の秘密だとか。今回はそんなたまごねこについて詳しく、そしてレシピも紹介します!

たまごねこって?

たまごねこはいつもの卵焼きからぴょんっとかわいらしいふたつの耳が出ています。そのにお顔をつけるだけなのでとても簡単なのですが、表情をちょこっと変えたり、ほかの具材を使って色をつけたりと簡単なのにアレンジは無限大で、飽きることなく見て、食べて楽しむことができます。笑ったり、怒ったり、悲しんだり……表情豊かなねこたまごにメロメロになってしまいますね。
もちろん味は、いつもの卵焼きと何ら変わりなく、その家庭の味、おふくろの味を楽しむことができるのがうれしいですね。目を海苔でつけたり、ケチャップで書いたり、と顔を書くときの具材を変えれば、違う味も楽しむことができます。なので、食べる人はいつも新鮮で楽しいとお子さんを中心に人気があります。
お弁当に入れている方が多いですが、もちろんそのまま食事のときに出してもOKです。食卓にもかわいらしさ、癒しの空間が広がりますよ。

たまごねこの作り方

用意するもの

・卵
・出汁
・醤油
・砂糖
・料理酒(卵の味付けはお好みでOK)
・まきす
・黒ゴマ・塩昆布・海苔など(ねこの顔を作るときに必要)

作り方

1.溶いた卵に調味料を混ぜ、いつも通りに卵焼きを作ります。(しっかりと焼きましょう。)
2.熱いうちにラップを敷いたまきすの上にのせます。
3.箸(できれば太い部分が四角いもの)を用意し、一本だけ上下逆さにしてたまごの上にのせます。
4.卵に箸がくいこむようにまきすを巻き、輪ゴムで止めて冷まします。
5.冷めたら箸を取り、適当な大きさにカットします。
6. 黒ゴマなどで目と鼻、塩昆布で口をつければ完成です。

みんなのたまごねこアレンジ

まずはお弁当にIN!

やはり定番はお弁当にインしているたまごねこ。3色丼のまるで花畑のような色鮮やかなお弁当の中にいるたまごねこは、本当のねこのようにのんびりと楽しそう!とってもかわいらしいですよね。

ソーセー人とのコラボ♩

お花でおめかししたたまごねこと一緒に入っているのは、ニコニコ笑顔のソーセー人。小さいお子さんも喜ぶこと間違いなしです。とってもかわいらしいお弁当で、こんなに癒される顔がたくさんあれば、食べるのがもったいなくなってしまうかも。

ケチャップでほっぺ作り!

黒いパーツだけで顔を作るのはもったいない。もっとキュートにしたいなら、ほっぺをケチャップで赤くしましょう。ちょっと照れたような顔になり、ますますかわいさアップです。赤らめたたまごねこにメロメロになってしまいますね。

お皿に並べて食卓に出してもかわいい!

もちろんお弁当にいれてもかわいいのですが、そのまま食卓に出してもかわいさは半減するどころか倍増です。卵焼き=お弁当というイメージが強いですが、そんなことはありません。食卓にもたまごねこを並べてみてください。

喜怒哀楽をつけて楽しんで♩

せっかくお顔をつけるのなら、いろいろな表情があった方がおもしろいですよね。口元をちょっと口角を上げたり、逆に下げたり、目の大きさをちょこっと変えたり。少しの工夫だけで、たくさんの表情のたまごねこを楽しむことができます。

ほかにも!まねしたくなる卵焼きレシピ

ねこたまごはもちろん、卵焼きはいろいろなアレンジが可能です。アレンジした卵焼きレシピもいくつか紹介いたします。

1.お花卵焼き

作り方は、先ほどのたまごねこと要領は同じです。ただ箸ではなく、竹串を5本程使い、その5本の竹串は等間隔で置きます。それが、お花のへこみの部分になります。あとは冷めたらスライスしてできあがりです。等間隔になるように、いろんな角度から確認することがポイントですよ。
▼こちらの記事もご覧ください

2.ツートン卵焼き

よーく見てみると色が綺麗に2つに分かれてる!それがツートン卵焼きです。作り方は、白身と黄身に分けて、白身には牛乳とマヨネーズもプラス。先に白身の部分だけいつも通り卵焼きを作るようにして焼き、そのあとに黄身をひき、できた白身の卵焼きをくるむように、また卵焼きを作っていきます。意外と簡単なのでぜひ試してみてください。
▼こちらの記事もご覧ください

3.おにぎり卵焼き

こちらも作り方はたまごねことほとんど変わらないです。円柱状になるように卵焼きを作り、まきすにいれたときに、三角柱になるようにします。一辺ずつ、まな板などの硬いところに押しあてるようにすれば綺麗にできます。画像のように海苔をつければますますおにぎりらしさアップです。
▼こちらの記事もご覧ください

ねこたまごでお弁当を華やかに!

いかがでしたでしょうか。卵焼きはお弁当には必ずといってもいいほど入っている定番のおかずです。そんな卵焼き、いつも同じ味、同じ見た目になってはいませんか?ちょっとひと工夫することで、とてもかわいらしく、お弁当が一段と華やかになります。

意外と難しくないので、慣れれば簡単に作ることもできますし、ぜひ卵焼きを作るときは「ねこたまご」にチャレンジしてみてください。お子さんのお弁当にいれたら、喜ばれること間違いなしですよ。
▼こちらの記事もご覧ください

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

ペペロンチーノ レシピ

ペペロンチーノはシンプルな味付けで、にんにくの風味がおいしいパスタですよね。日本ではこのパスタを”ペペロンチーノ”として親しまれていますが、実は正式名称ではないのです!ペペロンチーノの意味や美味しくするコツな…

まとめ

タイカレーの一種、グリーンカレー。使用される具もインドカレーや日本のカレーとは異なるようです。グリーンカレーの具は、どんなものが合うでしょう?基本的な作り方は?今回は、人気のグリーンカレーにぴたりの具、作り方…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フルーツ カクテル まとめ

梅酒って女子は好きな人が多いですよね!最近色々なフルーツを使用した梅酒が販売されています。その中でも人気沸騰中のフルーツ梅酒12個をご紹介します。

レシピ おつまみ まとめ

人気ブロガーで料理本も出される山本ゆりさん提案のおつまみレシピ。お肉からお魚、じゃがいもを使ったレシピ、火を使わないものまで美味しくて簡単なので帰宅後にちゃちゃっと作れちゃいますよ。ビールやワインはもちろん、…

お菓子 レシピ おつまみ まとめ

ダイエット中だとしても何となくポテトチップスが食べたい時ってありますよね…。しかし、市販のポテトチップスは油であげられているので高カロリー!そんな時は揚げない野菜チップスを手作りしてみましょう。ノンフライでヘ…

うどん レシピ まとめ

うどんは1年中通して美味しく食べられる食材ですよね♫これからの時期はそろそろ冷たいうどんも食べたくなる。今回は、そんなうどんの時短アレンジレシピを5つご紹介します。最後に、お得なお取り寄せ情報もあるのでお見逃…

レシピ まとめ

食感は柔らかく、甘くて生でもおいしく食べられる新玉ねぎ。春だけに出回るので、限られた時期にしか食べられない新玉ねぎを丸ごとレンジチンするだけで絶品になると話題になっているとか!さっそくアレンジレシピを紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

岡山

みなさんは「ままかり」という魚をご存知ですか?一般的には「サッパ」と言われており、岡山県にはその魚を使った郷土料理まであるようです。今回は、ままかりとは一体なんなのか、名前の由来、他県での呼び名など詳しくご紹…

レシピ まとめ

一年中、安価で売られている鯖は家計の味方です。鯖を使ったレシピで思い浮かぶのは、味噌煮や塩焼きですよね。定番のレシピもおいしいですが、もっと違った味付けが楽しめます。今回は、鯖をおいしく食べるレシピを25選ご…

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...

ページTOPに戻る