ローディング中

Loading...

シフォンケーキを作りたいけど専用の型がないから作れない!特有のシフォンケーキの型ですが、代用品でも焼けるんです。型の中央の穴の理由は?穴がなくても焼けるの?身近にある代用品でシフォンケーキをおいしく焼く方法をご紹介!色々な形がたのしめます。

型がないとシフォンケーキは焼けない?

人気ケーキのひとつのシフォンケーキ。ふわふわとした食感が特徴でとってもおいしいですよね。生地の材料を混ぜて焼くだけのシンプルな作り方でもできるシフォンケーキですが、いざ作ろうと思いたっても、シフォンケーキの型が自宅にあるという型は少ないのでは?独特の、真ん中に大きな穴が開いた型がなかったらあきらめるしかないのでしょうか?

今回は、自宅に型はないけれどフォンケーキを作りたい時に型の代用になるものと、専用の型なしで作れる簡単シフォンケーキレシピもご紹介!

穴のあいた型の意味

そもそも、シフォンケーキの真ん中にはなぜ大きな穴が開いているのでしょうか。主にふたつの理由があります。

ひとつ目は均一に火を通すため。シフォンケーキは他のケーキに比べて背が高いので、丸型では中まで火が通らず生焼けになってしまうことがあります。真ん中に穴があることで熱が対流しやすくなり、全体的にしっかりと加熱することができます。

ふたつ目は焼きあがったときにしぼまないようにするためです。シフォンケーキは焼きあがって冷ます際に、必ず型からは外さずに逆さまにして置いておきます。丸型で作って逆さまにしておくと、やわらかいシフォンケーキは真ん中あたりが剥がれて崩れてしまいます。

逆さまにしないとケーキがしぼんでしまい、固い仕上がりになってしまいます。真ん中に穴があることで剥がれ落ちるのを防ぎ、しぼみにくくもしてくれるのです。きれいな形のまま仕上げるために、真ん中の穴が重要な役割を担っているのですよ。

身近なものが代用になる!

シフォンケーキの真ん中の穴が重要なのはわかりましたが、たまにしか作らないのであれば、わざわざ型を買うのはちょっと迷いますよね。ご家庭にありそうなもので代用品になるものをご紹介します。

ホールケーキ型

通常のホールケーキ型は真ん中に穴がないので、湯呑や紙コップを中央に置いて使います。ケーキ型の真ん中に湯呑や紙コップを置いた後、シフォンケーキの生地を流し入れて焼けばOK。※メーカーによっては、紙コップのオーブン使用を推奨していない場合があります。

生地を流し込むときは飲み口を上にして押さえながら流し込まないと、湯呑や紙コップが浮きやすいので注意してくださいね。焼きあがったら全体を逆さまにして、冷めるまでそのまま待ちます。

完全に冷めたら、型を外してでき上がりです。湯飲みは必ず耐熱のものを使ってくださいね。普通のホールケーキの型であれば、シフォンケーキの型よりは持っている方も多いのでは?

パウンドケーキ型

長方形のパウンドケーキ型でもシフォンケーキを焼くことができます。丸型と違い、長方形は中まで火が通りやすいので、丸型よりもさらに代用しやすいでしょう。

ポイントは、こちらも焼きあがったらすぐに逆さまにすること。しっかりと冷ましてから型から外してくださいね。冷めきる前にカットするとしぼみやすくなってしまいます。

マフィン型

手のひらほどの小さなマフィン型も代用になります。ただ、こちらもやはり真ん中がしぼみやすいので、焼けたら逆さまにして冷ますという事は忘れないでください。

紙コップ

紙コップでも代用ができるのはとても便利。ケーキの生地は、紙コップの8割ぐらいまでにし、入れすぎないようにしてください。生地の上からアルミホイルをかぶせて、前半はシフォンケーキのレシピの温度よりも10℃ほど高めの温度で焼くと、生焼けになりにくくなります。

※紙コップを代用する際には、オーブンの使用に対する注意書きを確認ください。

トールカップ

プチケーキやマフィンを焼く際に使用できる、トールカップの代用も可能。トールカップの場合は型からはがさず、そのまま上の部分にデコレーションして仕上げるとよいでしょう。

デザインの可愛いトールカップも多いので、そのまま使っても見栄えよくできるものは多いですよ。

アルミ箔、クッキングシート

次に、アルミ箔やクッキングシートの利用の仕方です。アルミ箔やクッキングシートだけでは形が崩れやすいので、アルミ箔で耐熱性のある容器を包んで使うか、クッキングシートを敷く方法もおすすめです。

きれいな丸や四角にこだわらずに、小さな器状にしたもので作っても、コロンとしたかわいらしいケーキができると思いますよ。
▼ホイップクリームは泡立て器がなくても大丈夫!
▼小麦粉がない!代用品をこちらでご紹介

専用の型なしでシフォンを作ろう

専用の型がなくてもしっかりと火が通り、ふわふわのシフォンケーキが作れるレシピを紹介します。手軽に作れるレシピばかりなので、まずは一度作ってみてください!

1 こしあん入りシフォン風

たまご、薄力粉、砂糖、こしあんのみで作れる簡単シフォンケーキです。専用の型がなくても、マフィン型やホールケーキ型でも作れますよ。卵白を泡立てて、砂糖とふるっておいた薄力粉を混ぜ、オーブンで焼くだけです。油を使わないのでヘルシーに作ることができます。

2 レモンプチカップ・シフォンケーキ

レモンの風味がさわやかな、冷やしてもおいしいプチシフォンケーキです。来客などのお茶請けやちょっとしたプレゼントにもおすすめ。

卵白と卵黄をそれぞれ別に泡立てたものにグラニュー糖を入れます。卵黄には、ごま油、薄力粉、レモンの皮、果汁、牛乳を混ぜたものを加えて軽く混ぜます。泡立てた卵白を合わせて型に入れ、焼きます。お好みでクリームチーズをトッピングしてでき上がり。

3 極上とろ生シフォン

カップケーキの型で焼く食べやすいシフォンケーキです。スプーンで食べてもよいですよ。ふわふわに仕上げた生地の中にには生クリームをたっぷり注ぎます。

卵白を泡立てたら冷蔵庫でしばらく冷やしておきます。卵黄や薄力粉などの生地の材料をよく混ぜて、すべて混ざったら冷やしておいたメレンゲと合わせます。生地の材料は、ひとつずつ順番に加えて、加えるごとによく混ぜてくださいね。カップに生地を流し込んだらカップの空気を抜いてオーブンで焼きあげます。

4 きび糖と豆乳のシフォン

素朴な甘さが嬉しいきび砂糖と豆乳のシフォンケーキ。シフォン型を使わずスクエア型で簡単に作れるので、子どもにも食べやすい形にカットできます。こちらは焼きたての温かい状態でもいただけますよ。少ない材料でできるのもおすすめです。

卵白と卵黄を別々に泡立てて、卵黄には豆乳、サラダ油、ふるった薄力粉を入れて軽く混ぜます。泡立てた卵白をさっくりと混ぜいれ、型に流し込みオーブンで焼いて完成です。豆乳入りのヘルシーなケーキです。

5 ミルクティー生シフォン

紅茶の風味も加わった、ホイップクリームたっぷりのプチシフォンケーキ。焼いている段階で紅茶のよい香りが漂いますよ。卵黄、砂糖、サラダ油、濃いめの紅茶、薄力粉、茶葉を入れて混ぜます。そこへ泡立てた卵白を入れてさっくりと混ぜ、トールカップ(または紙コップ)に入れてオーブンで焼きます。

焼きあがってしっかり冷めたら、中にホイップクリームを入れて、粉糖をかければ完成です。
▼シフォンケーキをかわいくサンドイッチにできるレシピ

シフォンケーキをしぼませないポイント

専用の型を使って焼いてもシフォンケーキが毎回しぼんでしまう、という方にしぼませないポイントをご紹介します。専用の型を使うことも大切ですが、コツをつかめばしぼみにくくできるので是非試してみてください。

作り方のポイント

卵白はよく泡立ててください。メレンゲが柔らかすぎると生地そのものがしぼみやすくなります。ふたつめのポイントは、材料はしっかり混ぜ合わせること。材料が均一に混ざっていないとしぼんでしまう原因になります。

焼くときは高温で焼きましょう。中までしっかりと焼くことで、ふわふわなだけでなくもっちりとしたしぼみにくいシフォンケーキができあがります。

焼いた後のポイント

焼いた後は逆さまにして、しっかりと冷ますことが重要です。冷ますときは冷蔵庫でなく常温でゆっくり冷ましてください。中まで完全に冷めてから型を外すとしぼみにくく、型崩れも起こしにくくなりますよ。
▼シフォンケーキの上手な作り方のコツまとめ

おいしく保存するには

せっかく焼いたシフォンケーキ、少しでも長くおいしい状態で保存したいですよね。保存料の入っていない手作りだと、どのぐらい日持ちするのかわかりにくいこともあるかと思います。

冷ます時には常温ですが、しばらく保存するのであれば、基本冷蔵庫で保存します。冬場でない限り、常温ではカビが生えやすくなります。焼いてしかっりと冷ました後は、すぐに食べないのであればラップ包んでおきましょう。

常温の場合は、冬場で2〜3日、夏場は当日中を目安に食べきるようにしてください。

冷蔵保存方法

冷蔵保存の目安は4〜5日です。表面が乾燥しないように、しっかりと隙間なくラップで包むことが大切です。心配な場合はラップで包んでから、さらにビニール袋やジッパー付保存袋に入れるとよいですよ。他の食材からのにおい移りも防ぐこともできます。

3日以上は冷凍保存

長期保存をしたい場合は冷凍してしまいましょう。ラップで包んで冷凍用ジッパー付袋へ入れて冷凍します。解凍は冷凍庫から出して常温で自然解凍してください。その際ラップを一度はがし、ふんわりとかけ直して自然解凍すると、ふわふわとした食感も戻ります。

ホールで作ったものを少しずつ食べたい場合は、あらかじめカットして保存し、食べる分だけ取り出せるようにしておくと、乾燥や劣化が防げます。冷凍保存期間は2週間が目安。ただし、時間が経つと味は落ちるので早めに食べることをおすすめします。解凍後は早めに食べきってくださいね。

ふわふわシフォンを気軽にcooking

シフォンケーキの作り方や保存方法を紹介しました。専用の型がないからと、作るのを諦めていた方はぜひ、代用品でシフォンケーキ作りに挑戦してみてくださいね。

ふわふわに仕上げるのは、材料をよく混ぜることと焼いた後によく冷ますこと。コツをつかめばどなたでも、ふわふわのシフォンケーキを作ることができますよ。今回ご紹介したレシピもよかったら参考にしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイカ スイーツ

ミニストップから、「無限スイーツ」シリーズの第5弾!「無限すいか杏仁」が発売されます。夏にさっぱり食べられる杏仁豆腐にクラッシュすいかゼリーをのせ、フレッシュのすいかがトッピングされた、最後まで食べ飽きないス…

マンゴー スイーツ パンケーキ

エッグスンシングスから、「マンゴーレアチーズパンケーキ」、「マンゴーマンゴーパンケーキ」、「マンゴーシェイブアイス」が発売!香りと甘みが強いマハチャノック種のマンゴーをふんだんに使用したメニューを、この機会に…

調味料

「だし醤油」とはどんなものかご存じですか?じつは料理に利用する頻度が高い調味料なんですよ。今回は、だし醤油の使い方と作り方、活用レシピをご紹介していきます。これを覚えれば料理上手になること間違いなし!

スイーツ 銀座

シネスイッチ銀座ほかで公開される、『ブランカとギター弾き』のコラボスイーツが登場!爽やかな夏の風を感じさせる本作の公開を記念し、人気スイーツ店「銀座・三徳堂」と「Sunday Brunch 銀座マロニエゲート…

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ スイーツ おしゃれ まとめ

実は料理が苦手…。なんてお困りの方に、今回は分量さえ守ればとっても簡単にできちゃうレシピをご紹介します♫混ぜただけなんて誰にも気づかれないくらい豪華に見えるレシピなので、おもてなしやプレゼントにもぴったりです…

レシピ まとめ ふきのとう

ふきのとうは春の食材ですが、雪が残っていても芽を出すたくましい植物でもあるそうです。「ふきのとうが出ていないか?」を見て周るのが山菜をとる方々の常だそうですよ。

だし 調味料 まとめ

味楽家から販売されている「幸せだし」。食品添加物も砂糖や塩などの調味料も不使用でまさに安心して食べられるだしなんです。一つ一つパックになっているので、そのまま使えてとっても便利♡今回は「幸せだし」を使ったレシ…

まとめ レシピ サラダ

今、人参やキュウリをうすーくながーくスライスした「リボンサラダ」が注目を浴びています。基本的にピーラーで剥けばいいだけなのでとっても簡単、そして見た目は普通のサラダよりもおしゃれ♪と一石二鳥なリボンサラダのレ…

レシピ まとめ

夏でも美味しくお肉を食べたい♪だけどちょっとバテ気味…あったかいものはヤダー…という時に、冷しゃぶが大活躍してくれます。さっぱり食べられて栄養しっかり!あなたの食欲を刺激する一品、チョイスしてみました☆…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ まとめ 炊き込みご飯

秋といえば新米の季節。そこで、おいしいお米をもっとおいしく頂ける、絶品炊き込みご飯の人気レシピを「10」個ご紹介します。具材を入れて炊飯器で炊くだけで簡単にできちゃうので、ぜひお家で作ってみてください。

スイーツ 新宿 食べ歩き

2014年9月4日(木)、ルミネエスト新宿地下1階にシュークリーム専門店「クロッカンシュー ザクザク」がオープンします!今回は、そんなクロッカンシューのお味をみなさんにいち早く報告すべく、本日開催されたプレオ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る