ローディング中

Loading...

和洋中のどのジャンルにも使えて便利なあさりですが、保存方法に困ったことはありませんか?実はあさりは冷凍保存が可能なんですよ!保存方法のコツを抑えれば、使いたい時に使えて便利。今回は、あさりの冷凍保存の方法やおいしいレシピをご紹介します。

和食にも洋食にも人気のあさり

酒蒸しや味噌汁、パスタなど、様々な料理に使えるあさり。新鮮なあさりは、身もプリプリしていてとてもおいしいですよね。酒蒸しなどにすればお酒も進む立派なおつまみになりますし、クラムチャウダーなど子供も喜ぶメニューに使うこともできます。

あさりは冷凍保存が可能!

しかし、せっかく買ったあさりも使い切れなかったときどうします?実はあさりは冷凍保存ができるんですよ。潮干狩りなどでたくさんのあさりを獲った場合も、冷凍保存しておければ無駄にすることなく、最後まで食べきることができます。今回はあさりを冷凍保存する際のポイントや、冷凍あさりを活用したおすすめレシピをご紹介。参考にしてみてくださいね。

あさりを冷凍保存するメリット

あさりは冷凍することによって水分が逃げず、身が縮んでしまうことを防いでプリプリの状態を保つことができます。おかずをもう一品追加したいという時や、自宅にあるもので済ませたい時などにとても重宝しますよ。
生の状態では保存期間が短いあさりですが、冷凍保存をすれば、ある程度時間が経過したものでも安心して食べることができますよ。 ただし、冷凍しておいたあさりを食べる際は、必ず加熱して食べてくださいね。

保存期間

あさりを冷凍保存をする際、気になるのはその保存期間ではないでしょうか。一般的に、あさりに限らず、食材は冷凍することで冷蔵や常温時と比べると、保存期間が大幅に伸びますが、殻つきの状態で冷凍したあさりは、2か月ほどは持つと言われています。
しかし、これはあくまで目安であってこの期間内であっても冷凍庫内の状態が悪い場合や、買ってきた時のあさりの状態によってはこれよりも短くなる可能性がありますので、食べる際は期間内だからと安心せず、見た目や香りを確認して食べてくださいね。

常温や冷蔵ではどれくらいもつ?

あさりは生ものですので、基本的に常温での保存は向いていません。冷蔵庫で生のあさりを保存する場合には2日程度保存が可能となります。また、火を通してから冷蔵で保存する場合は、保存の期間は3日ほどが目安。夏場や湿度の高い梅雨時期などは、傷みが早いので冷蔵していても翌日には食べるようにしましょう。

冷凍前に必ず砂抜きを

あさりを冷凍する際は、必ず冷凍前に砂抜きをする必要があります。せっかくおいしいあさりを購入しても、食べた瞬間にジャリッと砂を噛んでしまったのでは台無しですよね。手間はかかりますが、おいしくいただくために、この作業は惜しまないでくださいね。
ちなみに、あさりは冷凍してしまうと死んでしまいます。あさりの砂抜きは、あさりが生きている状態でなければ行えませんので、砂抜きは冷凍する前に行ってください。

砂抜きの仕方

■浅いバットで砂抜き
1.容器に500cc の水と塩を大さじ一杯を入れて塩を溶かします。
2.洗った殻付きのあさりを容器入れた後、あさりが半分浸かる程度まで塩水を捨てます。
3.容器左右に菜箸を渡すような状態で置き、新聞紙やキッチンペーパーをかぶせます。
スーパーなどで購入したあさりは2時間程度、潮干狩りなどで持ち帰った場合は3時間から4時間程度で砂抜きができます。夏場は常温でこの作業を行なうと、作業中にすでに傷んでしまう可能性があるため冷蔵庫もしくは部屋を涼しくした状態で砂抜きをしましょう。
■ぬるま湯で砂抜き
1.50度前後のぬるま湯を準備し、お湯の中にあさりを殻ごと入れます。
2.ぬるま湯から行った砂抜きは5分〜10分程で完了します。
こちらの方法は裏技としても有名ですが、ぬるま湯に入れることによってあさりは保身機能が働き、水分を一気に吸収した上で砂を吐き出してくれます。

殻付きあさりの冷凍の仕方

準備するもの

・金属製のトレー
・保存用バック
・あさりの水を切るためのキッチンペーパーなど

手順

1.殻つきあさりはよく洗って砂抜きをしておきましょう。
2.水分をふき取ったあさりを保存用バックに入れます。
3.金属トレーの上に乗せて袋の中のあさりを平らにし、金属トレーごと冷凍庫で急冷保存します。

解凍方法

せっかく正しい保存方法で冷凍しておいたあさりも、解凍方法を誤ってしまっては旨みや風味が逃げていってしまいます。続いては冷凍した殻付きあさりを調理に使用する際の、上手な解凍方法についてご紹介。

凍ったまま調理

殻付きの冷凍したあさりは、自然解凍などをしてしまうと、殻がうまく開かずに美味しく食べることができなくなってしまいますので調理をする際には凍ったままの状態使います。また、調理時はじわじわと時弱火を使用するのではなく、強火で一気に火を入れます。そうすることによって、あさりの殻がしっかりと開きぷりぷりとした食感を楽しむことができますよ。
あさりを調理したものの、殻が開いてくれなかったことはありませんか?開いていないあさりは無理に開いて食べることもできなくはありませんが、風味などは損なわれていますので、できれば食べない方が良いでしょう。

むき身の冷凍の仕方

だし汁ごと冷凍保存

1.耐熱容器にあさりをできるだけ重ならないように平らに並べた後、ラップをかけてあさりの殻が開くまで2分から3分程度加熱します。
2.あさりの殻が開いたら小さなスプーンなどを使い、殻から身を外します。
3.このときお皿にはアサリから出ただし汁が残っています。冷凍の際はこのだし汁も一緒に冷凍するのがおすすめです。
全体が冷めたらフリーザーバックなどに入れて冷凍しましょう。この状態で保存しておけば、ご飯や炒め物など、だし汁ごと使いたい時に手早く使えますよ。

自然解凍もそのまま調理もOK

むき身のあさりは殻つきの場合と違い、自然解凍をした上で使うこともできます。冷凍時に一度加熱していますので、自然解凍をした場合でも、あさりは傷みにくく、風味も損なわれる心配がほとんどありません。
自然解凍をする場合には夏以外であれば常温でも構いません。夏場は冷蔵庫に移して自然解凍をしましょう。また、解凍せずそのままお料理に使用することも可能です。スープなどに使用する際には冷凍したままのあさりをお鍋の中に投入すれば、調理時間の短縮にもなりますね。

腐ったあさりは、どんな風になるの?

あさりの保存や解凍法についてご紹介してきましたが、いざという時のためにあさりが腐った状態についても知っておきましょう。基本的に、正しい保存方法で保存すれば期間内はおいしくいただくことが可能ですが、夏場に購入したあさりを丸一日そのまま常温に置いておくと腐ってしまうことがあります。
あさりが腐ってしまった場合、まずは匂いがとても強くなります。また砂抜きをした際には殻が閉じていてどんなに刺激を与えても開くことはありません。その後に加熱して調理をした場合にも殻が開かないものについては基本的に腐っていると考えましょう。正しい保存方法で保管していれば、しっかりと火を通した時点で殻が自然と開きますので、目安にしてみてくださいね。

あさりの旨みいっぱい♩おすすめレシピ5選

毎回塩抜きする必要がなく、いざという時に便利な冷凍あさり。おいしいあさりはメインのお料理からスープ、お酒にあるメニューまで、おいしく食べられるお料理がいっぱい。定番のあさりレシピはしっかり覚えておくといつでも役立ちますよ!

1 あさりのパスタ

トマトソースはもちろん、ホワイトソースや醤油ベース、オイルベースなど、様々なパスタソースと相性がよいあさり。キャベツやエビといった具材をオリーブオイルと鷹の爪で炒め、白ワインとあさりから出たダシであっさりと仕上げましょう。魚介の旨みが存分に感じられる、贅沢な一品です。

2 あさりの酒蒸し

比較的お料理が苦手な方でも作りやすいあさりの酒蒸し。お好みでレモンやゆずなどを加えると、香りもよくなりますよね。フライパンで作る時間がない場合には、お皿に材料を全て入れて、ラップをかけて電子レンジで加熱してでき上がり。おかずとしてはもちろん、お酒のお供にもおすすめのひと品です。

3 あさりの味噌汁

出汁がしっかりと効いた、寒い日におすすめなお味噌汁。あさりから出汁が出るため、わざわざカツオや昆布で出汁を準備しなくてもできるのが大きなポイントです。お味噌を使用せず、お塩やお醤油でさっぱりとした味付けすれば、お吸い物にアレンジすることもできます。ほっと一息つきたい時、飲み会が続いていて胃が疲れ気味の時などにもおすすめです。

4 あさりのバター焼き

お子様でも食べられるあさりのバター焼きです。バターがない場合にはマーガリンできます。フライパンでバターを熱し、冷凍あさりを入れて一気に加熱してなじませましょう。万能ネギなどを最後に散らすことで見た目も良くなり、風味もアップするのでおすすめです。

5 クラムチャウダー

たくさんのお野菜と共に作るクラムチャウダーは、あさりの代表的なお料理ですよね。オリーブオイルを熱した鍋に、ベーコン、野菜、コンソメ、あさりの汁を入れ、煮込んでから牛乳とあさりを加え、塩コショウで味を整えれば完成です。お好みでチーズを加えると深いコクも加わります。寒い日のお食事にぴったり。

いろいろなシーンにあさりを活用!

いかがでしたか。あさりは生ものですので、すぐに傷んでしまうイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか。冷凍保存すれば2ヶ月くらいは長持ちします。むき身の冷凍は炊き込みご飯やお弁当のおかずにも便利ですし、殻付きは人が集まる機会にも見栄えがでるお料理に変身させられます。ぜひ、あさりを日々のお食事の機会にどんどん使ってたのしんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スープ レシピ サラダ まとめ

見かけは鮮やかでも、単品では物足りないナポリタン。付け合わせに困る……という経験はありませんか?今回は、そんな時におすすめのサラダやスープなどを15品、厳選してご紹介します。ナポリタンの日にぜひこのレシピを参…

レシピ まとめ

いわしを使った人気料理といえば、やっぱり蒲焼き!いわしには栄養素がたっぷり含まれているので、健康にも良い食材なんですよ。そこで今回は、いわしの蒲焼きの基本の作り方や、丼や味付けに工夫したアレンジレシピをご紹介…

レシピ まとめ

ジューシーな味わいで人気のロールキャベツ。ロールキャベツの日の献立はどうしていますか?パンやご飯をつけ合わせるだけでもよいのですが、副菜をプラスしてバランスよく立てたいもの。きっと役立つロールキャベツにおすす…

レシピ 和食 まとめ

味噌汁を毎日食べるという人は、どうしても具材に困ってしまいますよね。そこでおすすめなのが「なすの味噌汁」です。焼きなすや皮なしを使ったレシピなど20選ご紹介します。汁が黒くならない方法できれいに仕上げましょう。

ブロッコリー お弁当 まとめ

お弁当にぴったりな、ブロッコリーのおかずレシピをご紹介します。電子レンジで10分以内にできる簡単レシピや、お子さんにも人気のチーズや卵を使ったものも!カラフルで華やかなブロッコリーのおかずで、お弁当を彩りまし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

普通のたまねぎよりも甘みがあって柔らかい新たまねぎを使ったレシピを紹介します。新たまねぎは生で食べても加熱しても美味しいので、ぜひこちらのレシピをお試しくださいませ♡

生姜 おやつ お菓子 まとめ レシピ

生姜は身体の血行を良くしてくれて、身体も温めてくれる効果があると言われています。そんな生姜を使ったおやつのレシピを10選しました♪生姜を食べて、冷え知らずのぽかぽか身体を目指しましょう♪

レシピ ステーキ まとめ

普段食べている野菜を一工夫で、より美味しく食べられるレシピのご紹介です。野菜ステーキの魅力は、ヘルシーなことと、調理次第で全く違う味を楽しめること!色々な野菜で試せるのでぜひ参考にしてみてください。

クグロフ レシピ まとめ お菓子

ドイツやフランスで愛されているお菓子、クグロフ。あの、マリー・アントワネットも好んで食べていたと言われています♪そんなクグロフの、アレンジレシピをご紹介します。

レシピ おつまみ まとめ

レタスってサラダなどでそのまま食べるイメージが強いですが、実はおつまみにもピッタリなんですよ♫シャキシャキした食感は食べ応えもあって、なおかつヘルシー!今回はレタスを使ったおつまみのレシピを9個ご紹介します♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

おつまみ 肉料理 鶏肉料理 鶏肉 まとめ

手羽先は、煮たり焼いたり揚げたり……と、調理法によってさまざまな魅力が引き出される食材。今回は、定番人気の唐揚げから、ほっこりやさしい煮物、ジューシーなオーブン焼きなど、おかずにもおつまみにもなる絶品レシピを…

小松菜 レシピ パスタ まとめ

クセのない小松菜は青菜野菜の代表選手。食べやすさだけではなく栄養価も高く、いろいろなレシピに応用できるところも魅力です。今回は人気の小松菜パスタレシピを紹介します。トマト系やクリーム系、ペペロンチーノ、もちろ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る