ローディング中

Loading...

年間を通して安定供給されており、価格から購入機会の多いエリンギ。正しい保存方法を知れば、買い置きしたまま傷んでしまう心配もありません!そこで今回は、エリンギの冷凍・冷蔵の保存方法と、おすすめ活用レシピをご紹介します。

エリンギの保存方法知ってる?

弾力のある食感が特徴のエリンギ。季節や地域を問わず、年間を通してリーズナブルに購入できるきのこのひとつです。クセの少ないエリンギは、和洋中どのジャンルの料理にも取り入れやすいことから、常備しているというご家庭も多いのではないですか?でも、パックに入れたまま放置していたら、気がついたらもう傷んでいた経験はありませんか?
今回は、料理するまでの間、エリンギはどのように保存しておけばいいのか、エリンギの保存方法と、保存したエリンギのおすすめ活用レシピをご紹介します。

エリンギは洗わず保存が基本!

エリンギに限ったことではありませんが、きのこ類にとって水は大敵です。そのため、洗わずのそのまま調理することをおすすめします。

洗わずに調理するなんて・・・と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、スーパーなどで売られているきのこ類のほとんどは、工場栽培品で、エリンギもその例外ではありません。したがって、それほど過度に心配する必要はなく、もしも汚れなどが見つかっても、洗ったりせずにキッチンペーパーなどで軽く拭うだけで十分です。

また、常温での保存も、冬場であれば少しの間は問題ありませんが、気温や、特に湿度が高ければあっと言う間に傷んでしまいます。詳しい保存方法については、次にご紹介しましょう。

カットせずに冷蔵庫で保存

では、まずはカットせずそのままの形で保存する方法をご紹介します。

準備するもの

・キッチンペーパーまたは新聞紙
・ビニール袋

手順

1.エリンギをパック(トレー)から出します。
2.エリンギを新聞紙かキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れます。
3.野菜室に入れて保存します。

冬場などは常温でも保存不可ではありませんが、きのこは非常にデリケートな食材であり、ちょっと湿気があがるとすぐに悪くなってしまうため、やはり冷蔵保存の方が確実でしょう。

保存期間

そのままのエリンギを冷蔵庫で保管する際の目安は、5~7日です。ただし、これはあくまでも目安であり、冷蔵庫の場合は、扉を開閉するごとに空気が入って、少しずつ酸化していきます。食べるもしくは調理する前は、必ず見た目やニオイなどを確認しましょう。

ポイント

保存の際、新聞紙やキッチンペーパーでしっかりと包んでおくのがポイントです。こうすることで、水分が含まれて劣化してしまうことを防ぎます。また、袋に入れる際は、ジップ付きの袋などに入れておくと、他の食材とのニオイ移りも防止できますよ。

カットしたエリンギの保存

次に、カットしたエリンギを保存する方法です。基本的には、丸ごとの場合とそれほど大きな違いはありませんが、カットというひと手間をあらかじめ行っておくことで調理する際の時間短縮にもなりますよ。

準備するもの

・キッチンペーパーまたは新聞紙
・ジップ付きの保存袋または密閉できる容器

手順

1.エリンギは石づきを残し、適当な大きさにカットします。
2.キッチンペーパーもしくは新聞紙でしっかりとエリンギを包み込みます。
3.ジップ付き袋もしくは密閉できる保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

保存期間

カットした場合、そのまま保存する場合よりも保存期間は短くなり、冷蔵庫で3~4日が期限とされています。ですが、こちらも先ほどの丸ごと保存の場合と同様、あくまで期間は目安ですので、必ず使用する際は見た目やニオイなどを確認しましょう。

ポイント

石づきを残したまま保存することです。残すことによってエリンギの劣化の進行スピードを遅らせることができます。また、もし水洗いしてしまった場合は、キッチンペーパーなどできっちりと水分をふき取った上で袋や容器に保存することがポイントです。

冷凍保存する方法

次に、冷凍庫で保存する方法です。冷蔵時と比べると、エリンギならではの弾力のある食感は落ちてしまいますが、何より長期保存が可能になるため、当面使う予定がない場合やたくさん買ってしまった場合におすすめです。

準備するもの

・ラップ
・ジップ付き保存袋または密閉できる容器
・金属トレイ

手順

1.エリンギは石づきを残したまま適当な大きさに切ります。
2.1回分使うであろう量ごとにラップで包みます。
3.エリンギ同士が重ならないよう、ジップ付き袋または密閉できる容器に入れます。ジップ付き袋の場合は、袋を平にし、空気を抜いておきましょう。
4.金属トレイの上に3.を置き、冷凍庫で急速冷凍します。

保存期間

冷凍保存の場合、1か月程度保存が可能です。ですが、こちらもこれまでご紹介したその他の方法同様あくまでも目安になりますので、食べる前には必ずご自身の目でチェックしてくださいね。

ポイント

冷凍する場合も、水洗いをせずにそのままお好みの大きさにカットして保存しましょう。水洗いしてしまうと、エリンギの風味や食感が損なわれてしまいます。

解凍方法

冷凍しておいたエリンギを解凍する際は、凍ったまま調理してしまいましょう。電子レンジで加熱したり、冷蔵庫に移して自然解凍すると水分がでてしまい、エリンギの風味が損なわれてしまいます。

干しエリンギの保存方法

最後に、エリンギを乾燥させて作る干しエリンギの保存方法についてご紹介します。時間と場所は取りますが、常温で長期保存が可能になるためとても便利ですよ。

準備するもの

・野菜干しネットもしくはざる
・ジップ付きの保存袋

手順

1.エリンギをお好みの大きさにカットします。
2.ネットまたはざるにカットしたエリンギを入れ、日光が良く当たる場所に干しておきます。この時、エリンギ同士が重ならないように気を付けましょう。
3.ときどき裏返し、保存用の場合は3~5日程度、調理用の場合は半日干しておきます。
4.完成したら保存袋に入れておきます。

保存期間

乾燥させた干しエリンギは常温で3週間程度保存が可能です。ですが、なるべく気温湿度が高くならない場所で保存しておきましょう。

ポイント

ポイントはエリンギの裏表ともにきっちりと乾燥させることです。また、パスタなどの炒め物用の場合は縦切りに、煮物の場合は横切りにとしておくと、調理する際の時短になってとても便利ですよ。

新鮮なエリンギの選び方

エリンギの様々な保存方法についてご紹介してきましたが、いくら正しい方法で保存していても、買ってきた時点で劣化していては意味がありません。そこで、新鮮なエリンギを選ぶ際のポイントをご紹介します。

・軸が白く、黄色がかったりしていない
・かさが内側に軽く巻き込んでいて、縁が割れたりしていない
・見た目相応の重みが感じられ、軸もしっかりした硬さがある


ぜひ購入時の参考にしてみてくださいね。

腐ってないかチェック

エリンギの保存方法や新鮮なエリンギの選び方についてご紹介してきましたが、きちんと保存しておいても、うっかり期日を過ぎてしまったりなどで気が付いたら腐ってしまったという場合も考えられます。そんな時のために、腐った状態のエリンギについても知っておきましょう。エリンギは、腐ると下記のような状態が見られます。

・弾力がなくなっている
・傘の縁がボロボロと割れている
・触ったときに粘り気が感じられる

・悪臭がする

このような場合はけっして口にせず、すぐに処分するようにしましょう。

保存エリンギでできる簡単レシピ

それでは、保存しておいたエリンギを使ってできるおすすめレシピをいくつかご紹介したいと思います。エリンギは和洋中どのジャンルにも使えてとても便利!ぜひ試してみてくださいね。

エリンギのオイスター煮込み

保存しておいたエリンギとオイスターソースや片栗粉など、自宅に常備されているような調味料でできる簡単な一品です。エリンギの弾力のある歯ごたえが、まるで高級食材あわびを思わせる本格的な一品です。ごま油の香ばしいかおりが食欲をそそります。

エリンギとチキンの煮込み

たったの10分で作ることができる、本格濃厚な煮込み料理です。さつまいもや玉ねぎなどの優しい甘みも感じられ、鶏もも肉を入れることでメイン料理にもなる一品です。クリームシチューよりはさっぱりと、スープよりは食べ応えもあり、寒い冬にはからだの芯から温まるおすすめの一品ですよ。

ピリ辛エリンギ炒め

急遽もう一品作りたい時に、お弁当のおかずに、常備菜に・・・と、すぐに作れて様々な場面で活躍できるピリ辛エリンギ炒めです。保存しておいたエリンギをみりん、醤油、豆板醤でこんがりと色が付くまで炒めるだけでできあがり!こりこりとした弾力のある食感と、甘辛いたれで、ご飯がもりもり進みます。

エリンギのマヨステーキ

淡白な味のエリンギはマヨネーズとの相性もバツグン!熱したフライパンにエリンギを入れ、マヨネーズを絡めて仕上げに白ワインを加えるだけでできるスピーディーメニューです。マヨネーズ好きにはたまらない!そのままおかずとして食べるのも良いですが、エリンギを小さめにカットすればお肉やお魚料理のソースとしても使えますね。

エリンギのパスタ

保存しておいたエリンギとパスタ、あとはバターや鶏ガラスープの素など自宅に常備しているような調味料でできる簡単本格パスタです。具材はエリンギのみというシンプルな一品ですが、エリンギの食感や風味を存分に楽しめます。エリンギを炒め、パスタを絡めるだけでできるため、休日のブランチや忙しい日のおすすめのレシピです。

エリンギを賢く保存して料理に活用!

エリンギは、年間を通して価格が安定しており、和洋中どのようなジャンルンの料理にも使うことができる便利な食材です。水に弱いということと、常温で放置しておいてはすぐに傷んでしまうということをきちんと知っていれば、ひと手間かけるだけで様々な料理に活用することができます。

基本は早く使うことですが、薄切りにしてバターで炒めてから、酒かワインで蒸し煮し、冷凍しておくことで、広く活用できます。これまで無理に使い切ろうとしていたという方も、ぜひ今回ご紹介した保存方法を参考に、様々なエリンギレシピにチャレンジしてみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

パックジュースに棒を刺すだけで作れる、簡単アイスキャンディーがツイッターで3万リツイート超えの話題となっています!ジュースを材料に使うのは一般的ですが、なんという発想の転換でしょう。詳しい作り方やアレンジを、…

ペペロンチーノ レシピ

ペペロンチーノはシンプルな味付けで、にんにくの風味がおいしいパスタですよね。日本ではこのパスタを”ペペロンチーノ”として親しまれていますが、実は正式名称ではないのです!ペペロンチーノの意味や美味しくするコツな…

パスタ レシピ バジル

フレッシュバジルを使った本格「ジェノベーゼパスタ」を、お家で手作りしてみませんか?今回は基本のレシピや、人気のアレンジ、ジェノベーゼパスタと相性ピッタリな具材をご紹介します!ジェノベーゼソースはパスタ以外にも…

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

レシピ パスタ

ふっくらとした、ほどよい塩味がおいしい、しらすを使ったレシピをご紹介。ご飯をはじめ、パスタやサラダ、炒め物やおつまみなど、しらすをおいしく食べられるレシピがいっぱいです。あと一品がすぐにほしい時に役立つ簡単レ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

サラダ レシピ まとめ

色とりどりのフルーツサラダ、焼きみかんのブームとともに気になる存在ではないですか?今回は酸味をオレンジ系果物で出す、見た目が華やかで見ているだけで元気になる16のフルーツサラダをご紹介します。ビタミンCをサラ…

レシピ まとめ

餃子の皮=餃子を包むものという認識でいましたが、これが意外にも他の料理にも参加できてしまうらしいんです。餃子の皮があまって困ったことはありませんか?このレシピを使ってあまった皮も上手に料理に使っちゃいましょう!

中華 レシピ 中華料理 まとめ

中華料理の前菜でおなじみの中華クラゲ。今回は人気レシピ8選をご紹介します。コリコリした歯ごたえが魅力の中華くらげは、とってもヘルシー♩きゅうりと和えるのが定番ですが、その他にもアレンジがたくさんあります!ぜひ…

ヴィーガン レシピ おつまみ まとめ

動物性の食材を使用しない、ベジタリアン仕様のお酒のおつまみレシピをご紹介!ベジタリアンでなくても、野菜がたっぷり食べられてヘルシーなら、食べない手はないですよね!?おいしく食べて、楽しく飲んでヘルシーなんてう…

レシピ まとめ

安くておいしい便利な食材「ひき肉」、ハンバーグやミートボールが定番ですよね。でも実は「ひき肉」を使ったおいしいレシピってたくさんあるんです!そこで今回は簡単に作ることのできる「ひき肉」レシピをご紹介します♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

ニューヨーク 渋谷

東京・渋谷に、グリル肉をメインとしたニューヨークスタイルのお店「HangOut HangOver(ハングアウト ハングオーバー)」を、2015年10月15日(木)からオープンします。本場の味を是非、堪能しまし…

川越 ランチ パンケーキ うなぎ まとめ

情緒溢れる建物が立ち並び、東京からほど近い人気観光地「川越」。小江戸・川越でおすすめのランチを和食からおしゃれなカフェ、ラーメンまで14店厳選してご紹介します。食べ歩きに嬉しい安くてふらっと立ち寄れるお店もあ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る