ローディング中

Loading...

ワインをオーダーする際、よく耳にする「フルボディ」。聞いたことはあるものの、はっきりと意味は知らなかったりしますよね。ワインのフルボディってどういう意味?フルボディのおすすめワインは?今回は、フルボディワインについてまとめてみました。

ワインのフルボディって?

ワインの「フルボディ」ってご存じですか?なんとなく聞いたことはあっても、それが何を意味するのか、詳しくは分からないという方も多いかもしれません。

例えば、ワインの味を誰かに伝える際、「おいしい」「おいしくない」と言った主観的な表現だとうまく相手に伝わりませんよね。フルボディとは、ワインの味を客観的に伝えるための言葉で、ワインの「味わい」や「味の豊かさ」を伝えます。

一般的に赤ワインに対して用いられることが多く、タンニンやアルコール度数を表現しています。ご存じの通り、ボディとは英語で「体」を意味し、赤ワインを「男性的」「女性的」と人の体に例えたことからこのような表現が使われているそうです。

一方、白ワインやロゼでは「フルボディ」と言った表現はあまり使われず、「甘口」・「辛口」と表されることが多くなっています。こちらの方がフルボディより聞き馴染みがあるかもしれませんね。

なんで赤ワインにだけフルボディを使うの?

フルボディという表現がなぜ赤ワインにだけ使われるのかというと、ほとんどの赤ワインは甘みを含まないため白ワインのように辛口・甘口と表現できないからだそうです。また、赤ワインの味を決めるときに甘みだけでなく、渋味や酸味、コク、アルコール度数など様々な観点から判断することも理由のひとつといわれています。

「アルコール度数が高いからフルボディで高価なワイン」というわけではありませんが、一般的にフルボディワインは他のワインに比べてアルコール度数が高いほか渋みが強く、重い味わいであることが特徴です。

そもそもフルボディってどんな意味?

そもそもフルボディとは、どのような意味なのでしょうか。

英語圏ではワインの「フルボディ(full-bodied)」=密度の高いという意味で使われており、フルボディのワインは「濃厚な味」「コクがある」と捉えられています。ボディ=口の中で感じられるワインの重み・コクを表し、その強さの度合いを表しています。つまり、強いとフル、中間だとミディアム、薄いとライトとなり、日本では「濃厚な」「ふくよかな」「豊かな」という意味で使われています。

フルボディ以外のワインの種類は?

フルボディの意味についてご紹介しました。重みやコクのあるワインが好みの方にとっては、フルボディのワインは最適と言えますが、フルボディ以外のワインはあるのでしょうか。また、どのような特徴があるのでしょうか。

ミディアムボディ

フルとライトの中間に位置するワインのことで、ほどよいコクがあり、料理に合わせやすく飲みやすいワインです。フルボディのワインが脂身の多い肉料理や赤身魚などと相性がいいのに対して、ミディアムボディは脂身の多い魚介類やサッパリめの肉料理とよく合います。

赤ワインが飲みたいけどフルボディだとちょっとヘビー……でも白ワインやロゼでは料理に合わない、という場合に最適です。また、ビーフシチューや煮込み料理を作る場合に足すワインはこのミディアムボディがいいかもしれませんね。

ライトボディ

「軽い」「薄め」のワインで、渋みも少なく赤ワインビギナーがトライしやすいワインのことです。フルボディとは真逆で、タンニン量が少ないため色も薄く、グラスに注いだ時に向こう側が見える薄さです。アルコール度数も低く、11~12%ほどのものが多いので和食にもよく合います

しかし、ライトボディのワインが必ずしも色が薄いわけではなく、例外的にボジョレーのように色の濃いワインもあります。これらのワインは「マセラシオン・カルボニック」という特殊な手法を使って製造されており、ブドウの果皮から色素が出た後に、タンニンの抽出が本格化する前にマセラシオン(=醸し)をストップする方法で作られているため、軽やかで飲みやすいワインになるのだそうです。

おすすめのフルボディワイン

それでは、「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」の意味が分かったところで、次におすすめのフルボディワインをいくつかご紹介します。どれもインターネットで購入が可能ですよ。

アマリエ ナーエ・ドルンフェルダー(フルーティー系)

ドイツ産のワインで女性に人気の甘めの赤ワインです。ファルツのクロスター醸造所がナーエ地方で作っているもので、程よい酸味と優しい甘みが見事に調和したフルーティな味が特徴です。

渋みが少ないため、普段ワインを飲まない方でも芳醇な果実味を楽しめることでしょう。甘い赤ワインはなかなかないので、ぜひ試してみてくださいね。軽やかで飲みやすいため、飲み過ぎには注意です。オシャレなボトルには赤いハートがあしらわれているので、贈り物としてもおすすめですよ。

オーロラ・レセルバ・カベルネ・ソーヴィニヨン(濃厚系)

ブラジル産の濃厚樽熟カベルネです。紫色をおびた濃い赤紫色をした赤ワインで、赤いバラを連想させる神秘的な色合いが特徴です。

プラムのような熟した果実のような香りとハーブの香りが混じりあい、女性好みの華やかな香りに。ウッディなスパイスと豊かな光沢と柔らかなタンニン、ボリュームのある豊かな旨味が感じられます。こってりとしたお肉料理と相性抜群の濃厚系ワインです。

ヴァケラス(スパイシー系)

コンクリートタンクで熟成されたインクのような濃い色の赤ワイン、ヴァケラス。フランス産のこのワインは、煮詰めた甘いジャムや胡椒のようなスパイシーな香りに、豊かな果実味を持っています。

濾過も清澄もせずに樽から直接ボトリングされており、質の良いタンニンとたっぷりのボリュームを持っているのだとか。スパイシーな味わいだけでなく、豪華で甘やかな香りも兼ね備えた個性的なワインです。複雑で豊かな味をお好みの方はぜひお試しください。

ちなみに、フルボディのワインに合う料理って?

どっしりとしたフルボディの赤ワインにはどのような料理が合うのでしょうか。それはずばり、「こってりとしたお肉料理」です。

なかでも、牛ほほ肉の赤ワイン煮や牛ヒレステーキなどの牛肉料理、グリルしたラムチョップ、フォアグラのソテー、鴨肉やレバーのパテ、ゴルゴンゾーラ、ロックフォールなどのブルーチーズなどがとても合うそうです。

とはいえそのような食材があまり手に入らないという方は、手軽なものだとイワシやサバの缶詰、ビーフシチュー、牛肉のステーキと合わせてみてはいかがでしょうか。

「お肉料理だから赤ワイン、お魚料理だから白ワイン」と決めつけてしまうと料理とワインの味を損ないかねませんが、一般的にはそのように言われていますよね。というのも、繊細な魚に赤ワインを合わせてしまうと魚の味が感じられなくなってしまうことがあるからです。

ただし、リッチで濃厚な味付けの魚料理であればスパイシーなフルボディでも合うこともあるので、臨機応変にお料理の味をより引き立たせてくれるワインを選ぶようにしましょう。

これであなたのワイン通!

今までなんとなく飲んでいたワインも、ラベルに書いてある「ボディ」を見ることによって味の想像ができるようになりましたね。ワインと一言で言っても作っている国も様々であれば使っているブドウの種類や製造方法も様々です。

同じフルボディでも銘柄によって異なる香りや味わいを楽しむことができるのもワインの醍醐味の一つ。いろんなワインを飲み比べて、あなたにぴったりのワインを見つけてみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ナス ピーマン 豚肉 鶏肉 まとめ

なすと合わせやすいものといえば「ピーマン」。今回は、なす×ピーマンのレシピをご紹介します。定番の煮浸しや人気の味噌炒めをはじめ、豚肉や鶏肉を使ったボリュームのあるレシピ、時短・簡単レシピなどたくさんありますよ…

スープ レシピ サラダ まとめ

見かけは鮮やかでも、単品では物足りないナポリタン。付け合わせに困る……という経験はありませんか?今回は、そんな時におすすめのサラダやスープなどを15品、厳選してご紹介します。ナポリタンの日にぜひこのレシピを参…

カレー 夏野菜 まとめ

暑い夏に食べたくなるカレーに、旬のなすをプラスしてみませんか?トマトやパプリカなどの夏野菜を炒めて作るカレーは絶品です。今回はキーマカレーからベジタブルカレー、本格タイカレーになすを使ったレシピを20選ご紹介…

和食 レシピ まとめ

めんつゆ、白だしなどがしみ込んだ「なすの煮浸し」は、和食の定番メニュー!今回は、レンジやフライパンで調理するものなど、なすの煮浸しの人気レシピを22選ご紹介します。じゅわっと旨味が口のなかで広がる煮浸しで、ほ…

スープ 鶏肉料理 まとめ

淡白な味わいで、どんな食材とも合う「ささみ」。低カロリーでダイエットに活用されることも多いささみで、スープを作ってみませんか?今回は、中華風から和風まで、さまざまなレシピをご紹介!ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

レシピ まとめ 炊き込みご飯

秋といえば新米の季節。そこで、おいしいお米をもっとおいしく頂ける、絶品炊き込みご飯の人気レシピを「10」個ご紹介します。具材を入れて炊飯器で炊くだけで簡単にできちゃうので、ぜひお家で作ってみてください。

スイーツ 新宿 食べ歩き

2014年9月4日(木)、ルミネエスト新宿地下1階にシュークリーム専門店「クロッカンシュー ザクザク」がオープンします!今回は、そんなクロッカンシューのお味をみなさんにいち早く報告すべく、本日開催されたプレオ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る