ローディング中

Loading...

さつまいもは、もともとが甘めな食材のため、さつまいもを使った料理は甘くなりがち。そこで今回は、ベーコンと合わせてしょっぱい系のおつまみに変身させたおしゃレシピをご紹介。さつまいもの味わいを活かして、まるで居酒屋のお通しで出てきそうな一品に。

さつまいもをお酒の進むおつまみに

9月〜11月に旬を迎えるさつまいも。そのこっくりとした優しい甘さの虜になっている人、結構多いのではないでしょうか?

今回は、そんなさつまいもを使ったおつまみをご紹介!

いま、「甘い料理はおつまみにならない」って思いました?
心配ご無用。紹介するレシピは、甘いかしょっぱいかで言うと、しょっぱい系のおつまみです。もちろん、さつまいもの甘みはきちんと活かしつつ、お酒が進むようなおつまみに変身させてみたいと思います。

ポテトサラダに変わるような、和食にも洋食にも合う一品を、ぜひ試してみませんか?

さつまいもはじっくり加熱するのがポイント

さつまいものでんぷんは、低温で加熱すると甘さが増すという特徴を持っています。

じっくり加熱することで、でんぷんを糖分に変えるβ‐アミラーゼという酵素が働いき、甘みが増すのです。このβ‐アミラーゼは、60~75℃で働くため、さつまいもを低い温度からじっくり加熱する方が糖度が高まる、というわけなのです。

そのため、蒸し器で蒸してさつまいもの甘みを引きだすのが、おすすめの加熱方法。けれど時間がない時は、手軽な電子レンジで加熱してくださいね。

水にさらして変色を防ぐ

さつまいもは、アクの強い野菜です。そのため、カットした断面が空気に触れると、その瞬間から変色が始まり、どんどん黒くなっていきます。変色を防ぐには、水にさらすのが一番。切ったら水に、切ったら水にを繰り返し、すこしでも変色を抑えたいところですね。

保存するときは常温で

さつまいもは、低温に弱い野菜です。なので、保存をするときは常温に置いておくようにしましょう。新聞紙にくるんで常温保存すれば、3ヶ月はもちますよ。

さつまいもには女性に嬉しい効果が

さつまいもの特徴といえばその甘さですが、実は意外と低カロリーなんです。なんと、白米や小麦の半分以下しかありません!これは、ダイエット中の女性にとっては結構嬉しい情報なのではないでしょうか。

また、抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンE、腸内環境を整える食物繊維なども豊富に含んでおり、体の内側からしっかりと美しくなるための成分が揃っているんです。

これはもう、さつまいもに注目するしかありませんね!

それでは、今回の本題「ベーコンとさつまいものサラダ」のレシピをご紹介していきたいと思います。

ベーコンとさつまいものサラダのレシピ

ベーコンとさつまいものサラダ

Photo by kanako tamura

材料(2人分)

・さつまいも …… 1本
・ベーコン …… 45~50g
・マヨネーズ …… 大さじ1と1/2
・生クリーム …… 大さじ1/2
・白ワインビネガー …… 小さじ1
・塩 …… 少々
・ブラックペッパー …… 少々
・パセリ …… 適宜

作り方

1.さつまいもを、蒸し器で30~40分ほど蒸す。竹串がスッと通るくらいの柔らかさになったらOK。
蒸したさつまいもに竹串を刺しているところ

Photo by kanako tamura

2.ベーコンを5mm厚の短冊切りにして、フライパンに入れ表面をカリッと焼く。
フライパンでベーコンを焼いているところ

Photo by kanako tamura

3.さつまいもが柔らかくなったら、1.5cm厚の輪切りにして皮をむき、角切りにする。
角切りになったさつまいも

Photo by kanako tamura

4.ボウルに入れ、マヨネーズ、生クリーム、白ワインビネガーと和える。生クリームは牛乳、白ワインビネガーは米酢やレモン汁でも代用が可能です。少しずつ味わいが変わってくるので、お好みで試してみてくださいね。
マヨネーズ、生クリーム、白ワインビネガーと和えたさつまいも

Photo by kanako tamura

5.ベーコンの脂をキッチンペーパーで挟んで軽く拭き取る。
キッチンペーパーに並べられたベーコン

Photo by kanako tamura

軽く挟んで脂をとっている様子

Photo by kanako tamura

6.ベーコンをに加え、さらにパセリを入れて和える。
さつまいもとベーコンを和えている様子

Photo by kanako tamura

7.味をみて、塩、ブラックペッパーで調味する。
作り方

Photo by kanako tamura

完成したサラダを黒い平皿に盛れば和風に、ココットに盛れば洋風な見た目になります。そのとき飲んでいるお酒や、食卓に並んでいるおかずに合わせて、入れ物を変えてみてくださいね。

さつまいもはおつまみにもなる!

今回のおしゃレシピ「ベーコンとさつまいものサラダ」は、いかがでしたでしょうか?

さつまいもをマッシュしたり、薄切りのベーコンを使ってカリカリ度をアップさせたり、いろんなアレンジができますよ。あなたは、どんな姿のサラダがお好みでしょうか。材料は変わらないので、ぜひいろいろと試してみてください。

和風にも洋風にも合う。居酒屋のお通し系しょっぱおつまみを作って、今夜の晩酌のおともにしてみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さつまいも レシピ まとめ

秋が旬の甘いさつまいも。美容と栄養満点のさつまいもをまるごと美味しくいただくには、なんと言ってもお味噌汁が一番! 定番から新しい組み合わせの簡単レシピ20品をご紹介します。ほっこり美味しいさつまいもの新しい組…

アボカド おつまみ

ガーリックはお酒の肴づくりには欠かせないアイテムですね。今回は、ガーリックと鷹の爪をきかせたアーリオオーリオのご紹介。タコとアボカドを使って、見た目も色鮮やかな一品です。フライパンひとつでできちゃいますよ♩

さつまいも

2017年9月3日(日)、チロルチョコ「ほくほく安納芋」が発売されます!種子島産の安納芋を使用した、秋らしい味わいなんだとか。意外なある食べ方でもっとおいしく味わえるんですよ♩実食レビューでご紹介します!

夏野菜 鶏肉料理 鶏肉 おつまみ

おせちに入っているイメージが強い松風焼き。今回は、鶏ひき肉を使ったレシピをご紹介します。しそやみょうがを入れると、夏にぴったりなひと品に!夏バテで食欲のない時でもオススメです。爽やかな口当たりで、冷酒や焼酎に…

さつまいも レシピ

今回はホクホク甘じょっぱさがたまらない「さつまいもの甘煮」レシピをご紹介!好きな人も多い人気メニューですよね。おやつとしてもよいですし、おかずとしてもおすすめ。簡単な作り方、ホッコリ丁寧な味に仕上げる方法など…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

オートミール スムージー アレンジレシピ まとめ

朝は時間との戦いの人が多いですよね。でも一日の始まりの朝食はしっかりと最低限の栄養は取りたいものです。そこで時間のないあなたに簡単で素早く作れる朝食のアイデア25選をお届けします。明日の朝食の参考にして下さい…

レシピ まとめ

最近フレンチやイタリアンでも注目の「旨み」。その「旨み」がたっぷりの「塩昆布」はアレンジ幅は無限大でメイン料理から汁物、はたまたデザートにまで使えちゃう魅力的な食品です♪今回は「塩昆布」を使ったおいしいレシピ…

バター まとめ レシピ

バターはあるものにのせて電子レンジでチンするだけでも濃厚なおいしさと旨みを引き立たせてくれます。これなら簡単にできるうえに、少しリッチなおいしさを味わえるかも?今回は、バターをのせてチンするとおいしいものをま…

レシピ サラダ まとめ

豆苗はエンドウのスプラウト(発芽新芽)です。袋をよく見て!ここから切ってね!という点線があるんです。その点線に沿って切った後お水につけておけばもう一度収穫ができるんですよ!一袋で二度オイシイ♡豆苗とレシピの紹…

レシピ まとめ

辛味や香りが強く、インパクト大の玉ねぎ。今回はお野菜やお肉におすすめの玉ねぎドレッシングレシピを8つご紹介!血液をサラサラにし整腸効果も高い玉ねぎは、ダイエットにもおすすめ。ぜひ試してみてくださいね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

フルーツ スムージー レシピ

かつては、日本でもよく目にしたといわれる幻のくだもの「ポポー」。今回は、そんなポポーの秘密を、トロピカルで芳醇な香りと「森のカスタードクリーム」ともいわれる濃厚なの味わいとともに、みなさんにご紹介します!

コーヒー 西新宿

毎月コーヒーにいくら払っていますか?塵も積もれば……と、一度計算してみると驚くような金額になっていたりするかも!なんと日本初の定額制コーヒースタンドが西新宿にオープン!コーヒーの味や金額、利便性と全てを満足さ…

田村佳奈子

フードスタイリスト・フードコーディネーター・フードアナリスト。 C...

ページTOPに戻る