ローディング中

Loading...

そのままではもちろん、サラダやパスタにかけてもうまみの増すカリカリベーコン。朝食ブッフェなどでもよく見かけますよね。今回は、カリカリベーコンの作り方や簡単アレンジレシピなど、盛りだくさんでご紹介します!カリカリ食感をお家でも再現してみては?

カリカリベーコンを作りたい!

噛んだときのジューシーなうまみと、噛むほどに味が出てくるベーコン。ホテルの朝食ブッフェなどでは、カリカリとした食感のベーコンをよく見かけますよね。また、シーザーサラダやカルボナーラなどにのっているベーコンも、普通のものよりもカリカリとした食感のもののほうがおいしいと感じるのではないでしょうか。

そんなカリカリベーコン。自宅でも作ってみたけどなかなかうまくできない……なんて方もいるのではないでしょうか。実は、カリカリベーコンは焼くだけではダメなのです。今回は、そんなカリカリベーコンを作るコツや、めんどくさがりな方でも手軽に作ることができる簡単アレンジレシピをご紹介します!

カリカリベーコンの作り方のコツ

とにかくフライパンで焼く

まずは基本的な焼き方から。フライパンでベーコンを焼くときは、油をひかずに焼きはじめるのがポイントです。そのまま放置してしまうと焦げ目がついてしまうので適度に返しながら焼き上げます。

また強火ではなく、弱火~中火でじっくり時間をかけて焼き上げることで、焦げ目をつけずにカリカリのベーコンを作ることができるのです。

水を入れる

次は、水を使った調理法。フライパンにベーコンを入れ、ベーコンがかぶるくらいまで水をいれて強火で加熱します。水が沸騰してきたら徐々に弱火に。

水で軽く蒸すようにしていくことで肉が引き締まり、ベーコンがやわらかくカリッとした仕上がりに。この方法だと、そのままフライパンで焼くときよりも、部屋の中がベーコンのにおいで充満するのも防げます。

砂糖を入れるだけ!

砂糖を振りかけてベーコンを焼くだけで簡単にカリカリベーコンに。

まず、何も入っていないフライパンに砂糖を振りかけます。ベーコンを並べて点火。焼き目がついたらひっくりかえして、さらに焼いたら完成!砂糖が190℃まで加熱されると、カラメル化し黒褐色して、香ばしさがアップするのだとか。

電子レンジ、トースターでもできる

また、電子レンジやオーブン、トースターでもカリカリベーコンを作ることができます。

電子レンジで作る場合、キッチンペーパーの上にベーコンを重ならないように2枚並べます。その上にキッチンペーパーをかぶせて50秒〜1分加熱します。裏返してさらに1分加熱したらできあがり。たったの2分でできるのですから、簡単ですよね。

オーブンであれば、約190度で20〜30分ほど焼き上げることでカリカリベーコンが完成。低温でじっくり焼くことで、ベーコンが縮むのを防ぐことができるのだそうです。

電子レンジで作る場合

電子レンジで作る場合、キッチンペーパーの上にベーコンを重ならないように2枚並べます。その上にキッチンペーパーをかぶせて50秒〜1分加熱します。裏返してさらに1分加熱したらできあがり。たったの2分でできるのですから、簡単ですよね。

オーブンで作る場合

オーブンであれば、約190度で20〜30分ほど焼き上げることでカリカリベーコンが完成。低温でじっくり焼くことで、ベーコンが縮むのを防ぐことができるのだそうです。

トースターで作る場合

トースターで作る場合、天板にクッキングペーパーを敷き、その上にベーコンを並べます。ベーコンから油が出ますので、油を引く必要はありません。

160度くらいで5分ほど焼いてひっくり返し、さらに3分焼きましょう。

焼いた後、クッキングペーパーなどでベーコンをはさみ、余分な脂を取ればおいしいカリカリベーコンのできあがりです。

カリカリ向きのベーコンがあるって?

脂身が多いベーコンを選ぶと、カリカリしやすいといわれています。

ストリーキーベーコンとよばれる、脂身の多いベーコンがアメリカなどではよく使われていて、カリカリになりやすいそうです。しかし、日本でよく売られているベーコンは、バックベーコンとよばれていて、脂身が少なくハムのようなものが多いのだとか。

ストリーキーベーコンは、コストコや成城石井などで手に入れることができますよ。簡単にカリカリベーコンに近づけるので、ぜひ試してみてくださいね。

アレンジレシピ

キャベツとカリカリベーコンのホットサラダ

キャベツを食べやすい大きさに切り、歯ごたえが残るように塩ゆでします。水気を切ってオリーブオイルを絡めます。カリカリベーコンを作り、ベーコンから出た油を使ってガーリックパウダー、醤油、こしょうを入れてガーリック醤油を作ります。キャベツとカリカリベーコンにガーリック醤油をかけてできあがり。

カリカリベーコンの冷製パスタ

ボウルに醤油、ごま油、砂糖、酢、レモン汁、からし、ブラックペッパーを混ぜてタレを作り、冷蔵庫で冷やします。パスタを茹で、カリカリベーコンを作ります。カニ風味のかまぼこは細切りに。茹であがったパスタを冷水で冷やし、オリーブオイルを混ぜます。カリカリベーコン、かまぼこをタレに絡めてパスタにかけたらできあがり。

カリカリベーコンのコク旨ポテトサラダ

じゃがいもは洗って皮付きのまま電子レンジで7分ほど加熱し、熱いうちにお好みの粗さにつぶします。ゆで卵を作って、細かく刻みます。カリカリベーコンを作り、細かく刻みます。じゃがいもの入ったボウルに、卵とベーコンを入れて混ぜ、さらにマヨネーズをいれて混ぜればできあがり。味は塩こしょうで調整しましょう。

まとめ

いかがでしたか?カリカリとしたベーコンを作るには、焼き方や種類などさまざまなコツがありましたね。また、簡単に作れるアレンジレシピをご紹介してきました。子供から大人まで、みんなが大好きなカリカリベーコンは、ぜひ食卓に並べたいひと品です。

そのままでもおいしく、料理にプラスすると、うまみが増すカリカリベーコン。ぜひお好みの方法であの食感を味わってみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サラダ キムチ

コンビニで販売している納豆巻きが好きな方も多いと思うのですが、食べると端から納豆がはみ出てきませんか?指で押し込むこともできず、次は反対側から食べたりすることも。今回は世紀の大発見とネットで話題の納豆巻きの上…

お菓子 和菓子

和菓子に欠かせない「求肥(ぎゅうひ)」。大福の皮部分や、あんみつのトッピングに使われることが多いですよね。今回は、そんな求肥の作り方をご紹介!レンジでの簡単な作り方や、求肥を使ったお菓子のレシピもチェックして…

お菓子

最近じわじわ人気が高まっている、お菓子袋のリメイク。中でも話題になっているのが、お菓子袋を使ったポーチです。自分好みな菓子袋を手に入れたら、100均でファスナーをゲット!あとはちょっとした工作道具さえあれば、…

そうめん 〆ご飯 おつまみ

夏といえばそうめんですが、同じ味だと飽きてしまいますよね。そこで今回は、鯛あらを使った今までにないそうめんのレシピをご紹介します。鯛の上品な味がしみでたスープは、冷やしても温めても◎。呑んだあとの〆にもぴった…

たまご

以前SNSで話題になったラ王でまぜそばを作るというアレンジをご存知ですか?最近発売されて話題になっている日清ラ王プレミアム「台湾まぜそば」は、それをより味わい深く商品化したようにも感じられる新作です。そのおい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ フルーツ まとめ

デトックスウォーターとは、ミネラルウォーターに果物や野菜のエキスを加えたドリンク。今回は、デトックスウォーターの効能や人気レシピ、残ったフルーツの活用方法などをまとめてご紹介します。お好きな食材を使って、ご自…

レシピ まとめ 大根

大根を冷凍すると火が通りやすくなって、味が染み込みやすいってご存知でしたか?切って冷凍するだけなんてと〜っても簡単ですよね!今回はそんな冷凍大根を使ったレシピをご紹介します♫時短にもなるので、是非試してみてく…

まとめ

就寝前にお腹が減って眠れない!という時は度々あると思います。ですが、カロリーのことなどが気になって食べることをためらわれてしまうことってないですか?この記事ではそんな時に「心苦しくならない」身体に優しいお夜食…

レシピ オムライス おしゃれ まとめ

ふわトロのオムライスって見た目もとってもおしゃれですよね♡おもてなしにもピッタリ!でも、普通のオムライスばかりじゃ飽きちゃう…そんな方にオススメの、誰でも失敗しないでできるふわトロオムライスとアレンジのレシピ…

レシピ まとめ

これからますます外に出たくなる季節になりますね。最近すでにチラホラBBQしている人も見かけます。もし、これからその予定があるなら要チェック☆お肉をさらに美味しくする漬けだれレシピをまとめちゃいましたので、参考…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

「かるかん」という和菓子を知っていますか?聞いた事はあってもいまいちどんなお菓子かわからない人も多いのではないでしょうか?今回は鹿児島をはじめとする九州特産のかるかんの由来や歴史、レシピ、おいしいかるかんが買…

レシピ

うるち米とは一体どういうものを指しているのかご存じでしょうか。うるち米はもち米と違い、アミロペクチンというデンプンを多く含むお米です。今回はうるち米ともち米の違いや、うるち米を使った簡単でおいしいレシピをいく…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る