ローディング中

Loading...

ワインは古いものほど価値が上がり、高価なイメージがあるワイン。そもそもワインに賞味期限ってないのでしょうか?未開封と開封後で賞味期限の違いは?今回は、ワインの賞味期限と長持ちさせる正しい保存方法についてお伝えします。

ワインの賞味期限、気にしたことある?

フレンチやイタリアンなどのおいしい料理、またチーズやフルーツとも合うワイン。肌寒くなってくる季節にはホットワインなど、色々な場面でワインを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。そのまま飲むのはもちろんですが、シチューやワインなど料理に使うと旨みやコクがでますよね。

そんな使い道豊富なワインですが、みなさんは何かの記念日やパーティーなどでワインを購入し、飲まないまま何年か過ぎてしまったワインがまだキッチンの隅に置いてある、なんて経験はないですか?

そもそもワインの賞味期限ってあるのでしょうか。今回はそんな賞味期限についてや、正しい保存方法などをまとめてみました。

ワインには賞味期限が書かれていない?

実は、ワインには賞味期限が記載されていないのです。

「賞味期限」とは、「おいしく食べる、または飲むことができる期間」です。ボジョレヌーボーなどのフレッシュな状態で飲むのが好ましいワインを除いては、年数がたつほど芳醇な味と香りが楽しめるなんて聞いたことはありませんか。ワインは10年、20年と長期保存が可能です。そして通常は腐ることはないとされているのです。

日本では、ワインは酒税法上「果実酒」に分類されているだけで、それ以上細かい記述の必要はありません。 そして世界中のワイン法、例えばEUのものを見てみても、記述しなくてはならないものは、アルコール度数や生産地域などで、賞味期限は記述する必要はないのです。

ラベルには収穫年が書かれている!

ワインを選ぶときにひとつの目安とするのがこの収穫年。ワイン業界ではブドウの収穫年のことをヴィンテージと呼んでいます。ブドウは、同じ品種、同じ生産地でも、その年毎の気候が出来映えに影響を与える為、あたり年やはずれ年があります。

ワインを生産している国の多くは「ワイン法」があり、それに基づきワインの格付けをしています。そのため、ワイン法によって収穫年の記載が義務付けられている国もあれば、任意の国もあります。ですが、収穫年の記載はそのワイナリーへの信頼の証でもありますので、記載を嫌がるワイナリーはほぼないといってもよいでしょう。

未開封のワインに賞味期限はないの?

ワインは未開封であれば、基本的に腐ることはありません。ですが、実はワインには「飲み頃」があり、その時期はワインの種類によって違うのです。

「父の誕生日に同じ年のワインをプレゼントする」、なんてお話しも耳にしますが、このように何十年も熟成されているワインはとっても高級で特別なワインと思ってよいでしょう。このようなワインは熟成させておいしくなるワインですが、細心の注意とケアによって保存されているのです。

【テーブルワイン・ハウスワイン】
では、家飲みをするのによく私たちが手にする、スーパーや量販店においてあるお手ごろな値段のワインの飲み頃はいつなのでしょう。実は、この「テーブルワイン」「ハウスワイン」などは買った時が飲み頃なのです。これらのワインは熟成させるために作られているワインではありません。比較的フレッシュな状態で飲むのがよいワインなのですね。

【一般的なワイン】
では、一般的な赤白ワインはどうなのでしょうか。好みの違いもありますが、白ワインは2~5年、赤ワインは3~7年以内に飲むことをすすめているメーカーが多いようです。

【スパークリングワイン】
ちなみにスパークリングワインは基本的には保存を目的としたものではないので、なるべく早いうちに開封して飲みましょう。

飲み頃を過ぎるとどうなるの?

ワインは飲み頃を過ぎるとだんだんと酸化がすすんでいきます。酸化の影響で風味がおちてしまったり、酸っぱくなってしまうようです。

またワインの色も褐色味をおびてきます。つまり、やや茶色がかった色になってきます。そして、コルク栓からもかび臭いにおいがしてくると言われています。

年月が経てば経つほど価値があがるとされているワインですが、やはり飲み頃を過ぎたものは風味が落ちてしまうのですね。

ワインの正しい保存方法

保存場所に適した条件とは

ワインは「良い環境」であれば、風味が落ちることなく長期保存が可能です。では、ワインにとっての良い環境とはどのような条件なのでしょうか。

1. まず、ワインは暗い場所で保存しましょう。ワインは「光」を嫌います。直射日光はもちろん、蛍光灯も好みません。

2. 温度に関しての条件です。高い温度はワインを変質させますので涼しいところで保存してください。理想的な温度は15℃前後です。そして重要なのが、温度差が生じない場所、ということです。

3. 湿度です。ワインは湿気の高いところを好みます。理想的な湿度は65~80%だそうですよ。そして、できる限り振動を与えないようにしてあげてください。振動により化学変化が起こってしまうとのことです。

ボトルを寝かせるのはなぜ?

レストランなどでワインが横に寝かせて置かれているのを目にしたこともあるかと思いますが、横にするのは、ワインを保存するにあたってとっても重要な意味があるのです。

ボトルを横にするのは、なんとコルクの乾燥を防ぐためなのです。コルクは乾燥してしまうと収縮してしまい、わずかながらボトルとコルクの間に隙間ができてしまうのです。そこから空気が入り込むと酸化が進んでしまいます。コルクを乾燥させないことが大事なのですね。

冷蔵庫はダメ

ワインの保存場所として冷蔵庫はNGなのです。冷蔵庫はワインにとって寒すぎます。ワインの保存で温度はとっても重要でしたね。15度程度の温度を保つようにしましょう。

また、冷蔵庫がNGなのは温度の問題だけでなく、湿度も関係しています。冷蔵庫内の湿度はワインにとっては低すぎ、冷蔵庫の中でコルクが乾燥してしまいます。さらに、他の食材のにおいが移ってしまう恐れもあります。

ただし、開封したワインについては常温での長期保存には適さないので冷蔵庫で保管してもよいでしょう。

開封したワインの賞味期限はどのくらい?

未開封のワインは長期保存が可能ということがわかりましたが、では開封したワインの賞味期限はどのくらいなのでしょうか。

開封後でもコルクなどで再度ふたをして冷蔵庫で保存しておけば1週間程度は飲めます。ですが、賞味期限はワインの種類によっても異なってきます。

一般的に、赤ワインは1週間程度、辛口の白ワインも同じく1週間程度です。甘口白ワインはやや長く、2~4週間程もつそうです。またスパークリングワインは保存用ではないので、その日か次の日には飲み切るようにしましょう。

バキュームストッパーが便利

バキュームストッパーが便利

出典:www.amazon.co.jp

★4【ファンヴィーノ】バキュームワインストッパー2個入り(G08661)

¥630

Amazonで購入
開封したワインの保存におすすめなのが、ワインストッパーです。バキュームストッパーとは、ボトルの中の空気を抜いて酸化防止を防ぐことのできるアイテムです。栓とポンプが一体化した手軽なものもあり、簡単にワインのおいしさを保つことができます。Amazonで購入できますので、チェックしてみてくださいね。

酸っぱくなったワインの使い道

それでも飲みきれず、酸っぱくなってしまったワイン。そのまま飲むには風味が落ちていても、捨ててしまうのはもったいないですよね。そんなときは料理酒として使われることが多いようです。どんな料理に使うのがよいのでしょうか。

まず、赤ワインは煮込み料理にぴったりです。牛肉などの煮込み料理は寒くなる季節にぴったりですね。ミートソースなどにも良いですよ。

また、白ワインならコンポートなどはいかがでしょうか。煮込み料理の場合は牛肉より鶏肉など淡白なお肉のほうが合います。サングリアやホットワインにしてもよいですね。

賞味期限や保存方法を知ってワインを楽しもう

ワインの賞味期限や保存法について、参考になりましたか?様々な料理に合い、あらゆるシーンで登場するワイン。ワインの産地やその土地の歴史など、そのワインが作られた背景を知るのもまた粋な飲み方ですよね。賞味期限や正しい保存方法を知った上で、一番おいしい状態のワインを味わいたいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ドリンク

祇園辻利から、東京スカイツリータウン・ソラマチ店で期間限定のテイクアウトメニュー「抹茶ヨーグルトスムージー」と「抹茶とレモンのスカッシュ」が発売!祇園辻利自慢の宇治抹茶にレモンやライムを組み合わせた、ひんやり…

ぶどう特有の甘い香りと琥珀色のグラッパ。専用グラスやデザインボトル、楽しめる部分の多いお酒ですが、日本での知名度はまだまだです。イタリアでは、食後酒として飲まれている非常にポピュラーなお酒。グラッパの由来やお…

渋谷 ワイン

地下だからこそ味わうことができる「隠れ秘密基地」の様な空間の「Lowline~wine garden~」が、渋谷・道玄坂にオープン!WINE GARDEN(ワインガーデン)をコンセプトに、「大人が遊ぶ庭」を堪…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

暑くなると食べたくなるアイスですが、冷凍庫に保存したアイスの賞味期限はいつまでかご存じですか?何週間も前に買ったアイス、未開封なら食べても大丈夫なのか、開けてしまったらアイスも腐るの?など、アイスの気になる保…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

さんま ラザニア レシピ

「さんまのなんちゃってラザニア」のレシピを紹介します。パスタの代わりに使っているのは餃子の皮です。焼き時間を短縮できるし、パスタよりもお手ごろ価格。でも、食感はモッチモチ!むしろ餃子の皮のラザニアの方がおいし…

水炊き レシピ 関西

骨付き鶏からスープをとれば博多風!昆布から出汁をとれば関西風!お鍋の定番「水炊き」の人気レシピを博多風、関西風にわけてそれぞれご紹介します。また、よくわからないという方に、両者の違いも詳しくご紹介しますね。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る