ローディング中

Loading...

キムチの賞味期限知っていますか?キムチは韓国発祥の発酵食品ですが、日本でもすっかりおなじみになり、日々の食卓の人気もの。常備されていることも多いキムチ、皆さんはどうやって保存していますか。キムチは保存の仕方によって賞味期限がぐんと伸びます!

賞味期限が過ぎたキムチは食べられるの!?

ピリッとした辛さと、ほのかな酸味が特徴のキムチ。韓国発祥で、野菜と塩・唐辛子、魚介類等、ニンニクなどを主に使用した発酵食品です。日本で言うところの漬け物のような感覚でしょうか。白菜を浸けたものが最も有名ですが、この他にもキュウリや大根など、本場韓国では様々なキムチが見られます。

そのまま食べるのはもちろん、ご飯にのせたり、鍋に入れたりと昨今の韓流ブームもあってか、日本でもすっかりおなじみとなりました。そんなキムチの賞味期限について考えたことがありますか?キムチは日が経つにつれてどんどん酸味が増してきます。発酵食品ということで、一見長持ちしそうなような気がするものの、実際のところはどうなのでしょうか。

今回は、そんなキムチの賞味期限や保存方法についてご紹介します。体によいとされている発酵食品、正しい保存方法を知り、おいしくいただきましょう!

賞味期限ってどのくらいなの?

日本で作られているキムチの場合、本場韓国と比べると乳酸菌を少なめにして発酵を抑えているものが多いそう。そのため、賞味期限も本場と比べると短い場合が多いのだとか。商品や使っている材料にもよりますが、一般的なキムチの賞味期限は、未開封のもので約1ヶ月、開封済みのものは約2週間です。この期間を過ぎたからと言って体に害を与えるわけではありませんが、できる限り賞味期間内に食べ切る方がよいでしょう。

常温保存もできる!

キムチは、開封前であれば常温保存も可能です。しかし、湿度が高くなる梅雨時期や熱い季節はできるだけ避けましょう。未開封、かつ10度以下の場所であれば常温保存もできますが、季節を問わず冷蔵庫での保存が安全です。

賞味期限が過ぎても食べられるって本当?

できる限り、賞味期限内に食べた方がよいキムチですが、賞味期限が過ぎてしまっても食べることはできます。そもそも、賞味期限とは、各メーカーが保証するおいしく食べられる期間のことをいいます。この期間を過ぎた場合、風味や香りが落ちる可能性はありますが、食べること自体はできます。表示された正しい方法で保存をしたうえで、食べる際には必ず見た目やニオイを確認してくださいね。

賞味期限と消費期限

「賞味期限」と「消費期限」の違いについてはご存じでしょうか?先述の通り、「賞味期限」というのはおいしく食べられることができる期限のことをいいます。おいしさが保証されている期限といえます。賞味期限を過ぎたものは食べられないものではなく、定められた方法により保存した場合には、期待されるすべての品質が十分に保たれると認められた期限を示す年月日をいいます。

一方、注意が必要なのは「消費期限」です。「消費期限」は、期限を過ぎたら食べない方がよい期限のことをいい、安全性の保証期限ともいえます。定められた方法で保存した場合において、腐敗や品質の変化、劣化に伴い安全にそれらを食べられる期限を示す年月日になります。食品を購入する際は、上記2つの期間の違いを頭に入れておいてくださいね。

本場韓国では賞味期限すらない?

実は、韓国にあるキムチには賞味期限すらないといいます。理由は、製造方法の違いにあります。韓国のキムチの製造方法では、まず白菜を1日程度塩漬けにします。翌日、塩抜きし、白菜の葉に薬味をまぶして壺などに入れて、本漬けをします。本漬けの作業は、4〜5日ほどで完成します。

韓国のキムチは、日本のキムチと違って乳酸発酵するため、時間経過とともに、味や食感が変わり続けます。韓国のキムチの場合、いつまでに食べなければといった決まりはなく、好みの酸っぱさ(経過日数)で食べます。いつが最も美味しいか、いつまで食べられるかは、食べる人が判断するそうですよ。

食べない方がよい状態のキムチとは?

韓国では賞味期限もないキムチ。日本でも未開封の状態であらばかなり長くその品質は保たれることがわかりました。しかし、そんなキムチももし以下のような状態になっていたら、食べるのを控えた方がよいでしょう。

すっぱくなりすぎている

購入した時より少し酸っぱい程度なら問題ありませんが、あまりにも酸っぱくなりすぎている場合には傷んでいるといえます。

カビが生えている

袋やタッパーなどから取り出し、緑色や青いカビが生えていたら、カビガ生えている証拠です。食べると体調を崩すなどの可能性が高いため、処分しましょう。

異臭がする

キムチは傷むと、独特のニオイの中に腐敗臭が混ざることがあります。酸っぱいニオイだけならば、発酵が進んでいるだけなのでまだ食べられます。しかし、嗅ぎたくないような腐敗臭が混じっているようであれば、傷んでいる可能性が十分に考えられます。 その際は、食べるのをやめておきましょう。

キムチを長持ちさせるポイント!

基本は冷蔵保存

キムチを長持ちさせるためには、冷蔵保存しましょう。キムチをおいしく保存できる温度は10℃とされており、本場韓国ではキムチ専用の冷蔵庫があるほど温度は大切なポイント。温度管理が難しいということであれば、冷蔵庫のチルド室での保存がおすすめです。

他の食材にキムチのニオイが移ってしまうことが気になる場合は、購入時に入っていた容器とは別のタッパーやジップ付きの袋に移し替え、密閉するとニオイ移りを防ぐことができますよ。

お箸はキムチ専用のもので!

キムチを長持ちさせるポイント2つ目は、口をつけた箸で容器の中のキムチを触らないこと。私たちの口の中には雑菌が多く含まれているため、口をつけたお箸でキムチを触ると、キムチ内でカビが発生しやすくなってしまうのです。キムチのような発酵食品の場合は、お箸以外に他の菌も繁殖しやすいので注意が必要です。食べる分のみをキムチ用のお箸で取り分けるようにしましょう。

冷凍保存するとさらに長持ちする!?

より長くキムチを保存したいという場合は冷凍保存がおすすめです。「冷凍保存すると食感が悪くなるのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、次にご紹介するポイントを抑えることで、冷凍後もおいしいキムチがいただけますよ。

冷凍保存の方法とは?

「韓国土産でたくさんもらった」「安いからたくさんもらった」など、一度もしくは短期間で食べきれない場合は、冷凍保存がおすすめです。その際、白菜などの葉物野菜のシャキシャキ感は失われてしまうので、その際は加熱して食べるようにしましょう。

保存方法は、まず使いやすい量に小分けにします。ラップで密閉し、金属製のバットに並べます。そのまま冷凍庫に入れて凍ったら、フリーザーバックなどに入れて冷凍しておいてください。また、解凍する際、自然解凍はキムチから水分が出てしまうためおすすめできません。凍ったまま調理に使うのがよいでしょう。

保存期間はどのくらい?

キムチを冷凍すると、1ヵ月程度保存ができます。1ヵ月以内であっても、日が経つにつれてだんだんと、おいしさもなくなってきてしまうため、早めに使い切るのがよいとされていますよ。

キムチは賢く保存!美味しく食べてからだの中から健康に

キムチの賞味期限についていかがでしたか。お隣の国、韓国生まれのキムチですが、日本でもすっかり人気の食材ですよね。付け合わせやご飯のおともはもちろん、コロッケや煮物にも合わせられるキムチ。上手に保存すれば、一度にたくさん買ってきたキムチもいろいろなシーンで活用できます。

たくさんの香辛料をつかったキムチは、体を温めてれる効果も期待できますから、健康にもよさそうですよね。よかったら今回の保存方法を参考に、キムチ料理を幅広くたのしんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カレー レシピ

おうちで作ったカレーの賞味期限知っていますか?2日目、3日目のカレーはおいしいって本当?知っておいたほうがよいカレーの賞味期限についてご紹介。カレーをおいしく保存する方法や保存期間など、覚えておくとおいしいカ…

パン レシピ

パン屋さんで買うパンの賞味期限はどれくらいかご存じですか?よい香りの漂うパン屋さんに立ち寄ると、ついいろいろなパンを買いたくなるもの。でもパンは賞味期限が短い食品。今回は、せっかく買ったパンを少しでも長く食べ…

ハム レシピ

お歳暮などで貰う機会が多いハム。日持ちするからと放置していたら、いつのまにか賞味期限が切れていた・・・といった経験はありませんか?今回は未開封や開封後のハムの賞味期限、上手な保存方法、便利なレシピをお伝えしま…

食パン レシピ

食パンの賞味期限ってご存じですか?朝食やランチのために、まとめて買って保存しておけたら便利ですよね。では、どんな保存方法なら長持ちできるのでしょうか?今回は、食パンの賞味期限や上手な保存方法、おすすめトースト…

納豆

毎朝、納豆を食べないと始まらない!という方も多いかもしれませんね。そんな納豆の賞味期限、気にしたことがありますか?今回は納豆の賞味期限、食べられない納豆の見分け方、納豆の正しい保存法についてご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れ…

調味料 マヨネーズ まとめ

醤油は冷蔵保存が基本って知ってましたか?調味料って冷蔵なのか常温なのか悩むところですよね。常温で大丈夫と思っていたのが実は冷蔵庫に入れないと悪くなっている場合もあります。主要な調味料をまとめておきましたので、…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなって使えなくなる事が多いですが、ここに紹介する方法では野菜、果物共、通常よりかなり長く良い状態で保存する事が出来ます。お財布にも優しいのは言うまでもありませんね。早速実践して…

パン まとめ

アメリカンなボリュームの商品が大人気のコストコ。そこの定番商品「ディナーロール」は、見た目はごく一般的なシンプルなパンですが、かなりおいしいと大好評のようです。冷凍保存してサンドイッチやラスク、フレンチトース…

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

新宿 カフェ パン

ジョエル・ロブション氏監修の新業態「ブランジュリーカフェ」が、新宿に誕生する「NEWoMan(ニュウマン)」にオープンします。ここでしか味わえない「オリジナルパン」や3種類の「タルティーヌ」などの限定メニュー…

仙台 スペイン料理

ピンチョスの伝道師が監修した「Catalan Spanish “BIKiNi TAPA+”(カタランスパニッシュ “ビキニ タパ プラス”)」が仙台初上陸!60…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...