ローディング中

Loading...

軽く炙ったマシュマロとチョコレートをサンドして食べる「スモア」など、ここ数年日本への海外フードの輸入が止まりません。そんななか、カナダ発祥の「プーティン」をご存じですか。まだあまり知られていないプーティンを、今回は徹底解説いたします。

カナダ発!贅沢なフライドポテト「プーティン」

アメリカニューヨーク発祥の「スモア」や、ハワイ発祥の「マラサダ」など、ここ数年、日本は空前の海外フードブームです。

そんななか、カナダ発祥のフライドポテト「プーティン」をご存じですか。どこかエスニック料理を想像してしまいそうなそのネーミングですが、本場カナダでは50年以上も前から親しまれている人気フードなのだそうです。

いったいどのような食べ物なのでしょうか。

プーティンとは

プーティンとは、フライドポテトに肉汁から作られたグレイビーソースとチェダーチーズをたっぷりかけた、ファーストフードのような料理です。

なんだか聞くだけで高カロリーですが、間違いなくおいしそうですよね。

このプーティンは、1950年代にカナダのケベック州で誕生し、以降は地域や家庭によって多少味の違いはあるものの、カナダであれば誰しもが知っているファーストフードなのだそう。最近では、オシャレの聖地ともいえるニューヨーカーの間でもちょっとしたブームになっているようです。

そんなプーティン。日本ではまだあまり浸透していないようですが、フライドポテトにたっぷりチーズと聞くと、なんだか自分でも作れる気がしてきますよね。プーティンを自宅で作ることはできるのでしょうか。また、作る際は、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

プーティンの作り方

カロリーが高いことは分かっているけれど、見るからにおいしそうなプーティン。ただでさえおいしいポテトとお肉の組み合わせに、肉汁たっぷりのグレイビーソースとなれば、合わないわけはないですよね。

ですが、自宅でもそんなにおいしく作れるものなのでしょうか。もちろん、ベースのフライドポテトをファーストフード店でテイクアウトしたり、コンビニのホットフードを使えばより簡単にできるのですが、せっかくなので今回はフライドポテトから作る自家製プーティンの作り方をご紹介したいと思います。

材料

・ジャガイモ……6個
・植物性油……適量
・チェダーチーズ……適量
・グレイビーソース……1缶
・塩、コショウ、ケチャップ ……適量

作り方

1. はじめにジャガイモを茹でます。 茹で上がったら軽く水を切り、冷水の中にいれたあとよく乾かします。

2. ジャガイモをスティック状に切り、きつね色になるまで約10〜12分じっくりと揚げます。

3. 揚げている間にグレイビーソースを温めましょう。(今回は市販の缶詰を使用しますが、コンソメスープの素、バター、薄力粉、ステーキソースの素やウスターソースなどを使用すると即席でグレイビーソースが作れます。)

4. ジャガイモを油からあげたらお皿に盛り付け、あつあつのうちにチェダーチーズとグレイビーソースをかければできあがり。

プーティンのアレンジレシピ

プーティンの基本的な作り方をご紹介しましたが、流行りものに敏感な人々の間では、すでにじわじわと話題になりつつあります。そこで、ちょっとアレンジを加えたプーティンが食べたちという人におすすめのレシピをいくつかご紹介します。

クリームチーズたっぷり!マイルドプーティン

濃厚でアメリカンな味わいのチェダーチーズですが、一方で、その塩気の強さが少し苦手という人もいますよね。

そんな人におすすめなのが、チェダーチーズの代わりにクリームチーズを使用した、マイルドなプーティンです。ポテトもスティック状ではなく、少し太めに切ることで、ジャガイモ本来のほくほく感を存分に味わえます。

クリームチーズのほかに、サワークリームなどを使用しても相性がよさそうですね。

ワインにぴったり!大人のプーティン

本場ではチェダーチーズを使うことが多いプーティンですが、サワークリームをプラスすればほどよい酸味が加わり、ワインにもぴったりな大人の味わいに仕上がります。

ベーコンビッツをプラスしても食が進みそうですね。

朝食にもぴったり!簡単プーティン

こちらは、市販のフライドポテトを使用した簡単レシピ。お皿にポテト、角切りにしたチーズ、グレイビーソースをかけてオーブンやトースターで軽く焼けばできあがりです。

忙しい時間帯の朝食にもぴったり!お子様もこれならばパクパク食べてくれそうですね。

カナダポークとサツマイモのプーティン風

定番のプーティンも十分おいしいけれど、なにかもうワンポイント欲しいという人におすすめしたいのが、こちらのサツマイモをプラスしたプーティンです。

お芋の甘みとほのかにスパイシーさも香るグレイビーソースが見事にマッチ!カロリーは気にせずにおいしくいただきましょう。

東京で本格プーティンが食べられるお店

本格プーティンが食べられる「ロブソンフライズ」

プーティンの作り方やアレンジレシピをご紹介してきましたが、やはり最初はお店で本格的なものが食べたいという人におすすめなのが、下北沢にあるカナダスタイルのフライドポテト専門店「ロブソンフライズ」です。

「芋」の看板が目印のその店内は、なかに入った瞬間からポテトのよい香りが漂っています。

フライドポテト=ジャンクフードというイメージをもつ人も多々いますが、ロブソンフライズはおいしさだけでなく、使用する原料にも徹底したこだわりを持っています。油は抗酸化物質豊富でコレステロールを下げるとされているこめ油を100%使用し、マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸を一切使用していません。

おいしさはそのままに、からだ想いの優しいフライドポテト専門店です。

プーティン レギュラー(420円)

専門店とだけあって、「ロブソンフライズ」では、さまざまなトッピングのプーティンが提供されています。

チーズとグレイビーソースでいただくシンプルなプレーンから、ローストビーフやポップコーンチキン、マッシュルームなどどれもボリューム満点です。

どれもプラス300円で本場と同じカナディアンサイズ(レギュラーの2倍)にできるほか、プラス100円でチーズやフライドガーリック、フライドオニオンなどのトッピングもできるのだそう。

店舗概要

店舗名:フライドポテト専門店 Robson Fries
住所:東京都世田谷区北沢2-31-5
アクセス:小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅 北口から徒歩1分
電話:03-6407-1485
営業時間:12:00〜21:00
定休日:火曜日
公式サイト:http://robsonfries.com/

オリジナルプーティンで至福の時間を

プーティンの特徴やおすすめアレンジレシピと食べられるお店、いかがでしたか。チーズとグレイビーソースがポイントとなるプーティンですが、実際のところ細かい決まりはないようで、本場カナダでも地域や家庭によって微妙な違いがあるようです。

間違いなくおいしい、チーズとポテトの黄金コンビ。お気に入りのプラス食材でこの日ばかりはカロリーのことを忘れ、オリジナルプーティンを味わってみませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サンドイッチ レシピ

もうすぐ節分の季節!節分には必ず恵方巻きを食べるという家庭も多いのでは?どこのお店も年が明けたころから予約を開始していますよね。だけど最近になってお米の恵方巻きではなく、パンの恵方巻きが密かなブームに♩恵方サ…

レシピ 大根

ゆずの香りが食欲をそそる、「ゆず味噌ふろふき大根」のレシピをご紹介します。お出汁がじゅわっと大根から染み出してくるので、温かい日にはぴったりです♩ゆず味噌は自宅で簡単に作れる上においしいので、おすすめですよ!

韓国 スイーツ まとめ おしゃれ レシピ お土産

いま韓国のセブンイレブンで販売中の「ヤクルトグミ」。パッケージはもちろん、グミもヤクルトの形でとてもかわいいんですよ。市街地のセブンでは品薄になってしまうくらい大人気!日本では通販で購入することもできます♩

サンドイッチ 焼きそば レシピ

少し変わったサンドイッチを作ってみたい。そんな時にぴったりな「厚焼きそば玉子サンド」のレシピをご紹介します!ふわふわ玉子と焼きそばの相性はバッチリ!結構ボリューミーなので、男性の方にも喜ばれると思います。お弁…

レシピ

ロールキャベツのようにくるくる巻いて、楽しく簡単に作れる「きつねロール」の作り方をご紹介します!家に余ったお餅と油揚げを使えば、自宅ですぐに作れますよ♩もちもちのお餅と、油揚げにお出汁がじゅわっと染みて絶品で…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ポトフ レシピ まとめ 作り置き

フランス料理の1つである「ポトフ」の美味しいレシピをまとめました。野菜をたっぷり摂れるので、女性にはとても嬉しい料理ですよね!作り方も色々ありますので、見てみてくださいね。

レシピ スイーツ まとめ アレンジレシピ

ココットを使用したレシピのご紹介です。アイデア次第で、多彩な料理に使えるココット。朝食からしっかり系のごはん、そしてスイーツまでも作れます。ご家庭にココットがある方はぜひ参考にしてみてください。

レシピ おつまみ まとめ アレンジレシピ

ポテトチップそのまま食べてもおいしくてついつい食べすぎちゃいます。でも、コストコのポテチ大袋!アメリカンサイズ!!もてあます事ありません?ポテトチップをお料理に使って一気に消費!大丈夫♡だっておいもが原料です…

サラダ レシピ まとめ

日本でもすっかりおなじみの「パクチー」。ビタミンも豊富でアンチエイジングやデトックス効果もあるとされていますね^^抗酸化作用にもとてもすぐれて大豆の10倍パワーがあるともされています。パクチーを使ったサラダの…

スープ レシピ まとめ

これから夏に向けてだんだん暑くなってきますよね。暑くなると食べたいのはやはり冷たいもの!ここ最近はスープも温かいものばかりではなく冷たいものも人気を集めています☆今回は家で作れる冷製スープを今回は紹介したいと…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

カレーパン カレー まとめ

人気テレビ番組「マツコの知らない世界」で紹介された、カレーパンを作りたてのようなさくさく食感にする方法がネットで大きな反響をよんでいます。簡単で便利なその方法に加えて、カレーパンのちょい足しにおすすめの調味料…

レモン クッキー レシピ スイーツ

レモン汁と皮を使って作るクッキーがおいしいと人気です。おうちで手作りすれば、砂糖の量もお好みで調整できます。むずかしい工程はないので、ぜひ試してみて!アイシングするタイプとそうではないもの、アーモンドプードル…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...