ローディング中

Loading...

今回は、冷凍コロッケを上手に仕上げる揚げ方やコツ、フライパンで簡単にできる方法などをご紹介します。コツを押さえるだけで、破裂したり衣が破れてしまうなどの冷凍コロッケあるあるが解決しますよ!ぜひご家庭で試してみてくださいね。

冷凍コロッケの揚げ方、知ってる?

揚げるだけの冷凍コロッケは、忙しい主婦の重宝する食品のひとつですよね。冷凍庫に常備しておくと、ちょっと一品物足りないときや、お弁当のおかずの穴埋めにも役立つでしょう。

そんな便利な冷凍コロッケですが、うまく揚げられないと感じたことはありませんか?
コツを抑えていないと、揚げているときに爆発したり、美味しくないコロッケに仕上がってしまう可能性も。

冷凍コロッケの失敗しない、上手な揚げ方を紹介します。

冷凍コロッケが破裂する原因

中と外の温度差

調理中に、冷凍コロッケが破裂してしまう原因のひとつには、コロッケの内側と外側の温度差が関係していると言えます。

冷凍食品を調理する際に度々起こりうる状況ですが、外側の衣よりも先に、中身の方に熱が通ってしまうのです。熱くなってしまった中身からは水分が出始め、逃げ場がないので外側の衣を突き破ってしまうという流れになっています。

これを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?
いろいろな方法がありますが、ひとつは凍っている状態で揚げてしまうと、内側と外側に温度差が出やすいので、電子レンジを使って軽めに解凍しておきます。温度差をなくしてから揚げるのもポイントです。

油の温度

冷凍コロッケが破裂してしまう原因のふたつめには、油の温度が関係していると言えます。

冷凍食品を上手に揚げるのに適した温度はご存知でしょうか?
一般的には、180℃~190℃が最適であると言われています。その温度よりも高すぎても、低すぎても失敗してしまう可能性が高いでしょう。

火をつけて大体の時間を予測して、「もう大丈夫でしょう」と冷凍コロッケを鍋に投入している人は要注意です!温度計がなくても、ちゃんと温度の目安を計る方法があります。この温度は揚げ物をする時には重要なポイントでもあるので、次の項目でじっくり説明していきましょう。

表面がやぶれる

冷凍コロッケ破裂の最後の原因は、コロッケの表面がやぶれやすい状態になっていることが言えます。

「凍ったままの冷凍コロッケは、爆発する原因なんだよね」とあえて解凍した人は、解凍し過ぎていることが原因になっているのです!また、夕食はコロッケにしようと数時間前から解凍している人も同じことに。

中身も衣も柔らかくなり過ぎていると、揚げている途中に形が崩れやすく爆発にも繋がるので、解凍はほどほどにしておくことが大事なんですね。調理済みで揚げるだけの簡単な冷凍コロッケですが、揚げ方ひとつで、仕上がりに大きな差が出てくるのがわかりましたね。

ポイントは油の温度!

油の温度は180〜190度に

冷凍コロッケを揚げるときには、油の温度が重要だとお話ししましたが、ベストな温度は180℃~190℃だということを覚えておきましょう。

ちょっと高めの設定に感じるかもしれませんが、おいしいコロッケにするためにはこれが適温になります。焦って低い温度のときにコロッケを投入したり、じっくりと高温になり過ぎているちょっとした差で、失敗してしまうのです!

では、「油の温度はどうやって計ったらいいの?」と疑問に思う人もいるでしょう。わざわざ温度計を持ってきて油の中の温度を調べなくても、わかりやすくて簡単な温度の計り方があります。次の項で詳しくご紹介しましょう。

油の温度の測り方も

油の温度を測る道具もありますが、誰でもできる、簡単な油の温度の計り方をご紹介しましょう。知っている人も多いかもしれませんが、冷凍コロッケについている衣を、火にかけている油の中に落とした様子を見て判断します

160℃ …… 落とした衣が鍋の底に沈み、少したってから浮き上がってくる状態。
170℃~180℃ …… 落とした衣が途中まで沈み、浮き上がってくる状態。
190℃ …… 落とした衣があまり沈まないで浮き上がってくる状態。

他の揚げ物をするときでも応用できますので、この方法は覚えておくと便利ですね。

さらに、冷凍コロッケを上手に揚げるコツ

霜を落とす

では、さらに冷凍コロッケを上手に揚げるコツを4つご紹介しましょう。

まずは、冷凍コロッケの霜を落としておくことが大事です。
「冷凍していれば賞味期限は大丈夫」だと、長期間冷凍庫に入っていたコロッケはいらない霜がしっかりついているでしょう。この霜がついたまま揚げてしまうと、爆発の原因になったり、飛び跳ねた油の後始末や火傷などいらないおまけがついてきてしまいます。

霜がついている状態の冷凍コロッケを使うときは、いったん水にくぐらせてから水気を拭き取るといいでしょう。このちょっとした手間が、美味しいコロッケに仕上がるポイントなんですね。

冷凍庫から出してすぐ揚げる

また、冷凍庫から出してすぐ揚げる方法もいいでしょう。
揚げているときに、コロッケの内側と外側の温度を同じにした方が爆発を防げると考え、ヘタに解凍し過ぎると、コロッケの水分量も多くなってしまいます。その状態で油に入れてしまうと、水分が破裂したり失敗の原因になってしまうのです!

どちらが正解ということはありませんので、解凍した方が安心な人は、完全に解凍しきらないうちに揚げるように工夫してみてくださいね。凍ったままのコロッケを常温の油に入れてから火にかける方法もあります。

いろんな方法を試してみて、自分のやりやすい方法を探してみてくださいね。

一度にたくさん揚げない

コロッケをたくさん揚げたいときには、鍋の空いているスペースに入るだけのコロッケを入れたりしていませんか?

一度にたくさんのコロッケを揚げることも、失敗の原因になるのです!
せっかく適切な温度の油を用意しても、一度にたくさんのコロッケを入れることで温度がぐんと下がってしまいますよね。一回に入れるコロッケは2~3個がいいでしょう。

料理上手な人は自然とそうやって計算して料理をしているのです!焦らないで少しずつ丁寧に揚げていくことで、結局は上手な仕上がりのコロッケになるので試してみる価値がありますよ。油にくぐらせるときは、そっと入れるのも忘れずに。

揚げている間はできるだけさわらない

コロッケを揚げている間はできるだけさわらないことも、上手に揚げるポイントです。
揚げ物をしていると、つついてみたり、ムダにひっくり返してみたくなってしまいますよね。でも、ここはじっと我慢が必要です。まだ完全に固まっていない衣を箸でつつくことで、やぶれてしまい、内側の水分が飛び出してしまう原因にもなります。

十分な油の中で揚げているなら、コロッケをひっくり返していいタイミングは、完全に揚げ終わって取り出すときのみです。衣が固まってきた状態ならひっくり返してもOKですが、なるべく触らないのが成功のポイントなのは覚えておきましょう。

フライパンやトースターでも簡単に!

常温の油を鍋に注いで揚げる

常温の油を鍋に注いで揚げる方法は聞いたことはありますか?普通揚げ物をするとなると、高温の油の中に食品を入れるのが一般的なやり方ですよね。でも、常温の油の中に食品を入れてから揚げる方法は失敗しにくい賢い揚げ方なんですよ!

常温の油をたっぷりと鍋に注いでおき、凍ったままのコロッケを入れて中火にかけます。仕上げに強火に切り替え、カラッと揚げましょう。この方法はちょっと意外かもしれませんが、油ハネの心配をしなくてすむのも嬉しいポイントに。

やったことのない人も、一度チャレンジして確かめてみてくださいね!

フライパンで揚げ焼き

冷凍コロッケをおいしく調理する方法として、フライパンで揚げ焼きにするやり方もあります。普通に揚げ物をするときには、たっぷりの油が必要になりますが、フライパンを使って揚げ焼きをするときは、ちょっと多めの油で焼くイメージで十分おいしく仕上がるんです!

片面ずつ焼く作業が入りますが、大量の油は後始末も大変ですし、経済的にも負担がありますよね。簡単で節約にも繋がる揚げ焼きは、冷凍コロッケだけでなく、揚げ物をちょっとしたいときにも便利ですよ。

少なめの油はダイエット中の方にも嬉しい、ヘルシーな調理方法と言えるでしょう。

トースターで焼く

トースターで焼くという発想はなかなか思いつかないかもしれませんが、フライパンや鍋を使わなくても、冷凍コロッケは調理できるんです!

何も特別なトースターではなく、誰もが家に置いてある普通のトースターでOK。アルミホイルの上に、解凍した冷凍コロッケをおき、油を少量かけて焼くだけで完成します。こんがりとキツネ色になるまでじっくり焼きましょう。

オイルスプレーを使えば、さらに少量の油ですむのでとってもヘルシーですよね。じっくりと油で揚げたコロッケと比べると、あっさりした仕上がりにはなりますが、鍋やフライパンを洗ったりする手間も省けるのでおすすめですよ。

実は揚げずに食べる方法も

近年話題になっている、油で揚げないのにおいしく仕上がる電化製品があるのは知っていますか?

いろんなメーカーから発売されていますが、中でも水蒸気の力を使って料理をする「ヘルシオ」はとっても人気ですよね。冷凍コロッケの上から少量の油をかけて10分程度焼くだけで出来上がりです!油で揚げたときより焦げ目がつきにくいので、こんがりとさせたいときには、仕上げにフライパンで焼きめをつけるといいでしょう。

健康志向の人にも人気な「ヘルシオ」は、健康ブームの現代なので、ますます注目される商品になりそうですね。

かつて「伊藤家の食卓」で紹介された方法

以前テレビで大人気だった、「伊藤家の食卓」という番組を覚えていますか?
伊東四朗さんや五月みどりさんなどが出演されており、生活に役立ついろんな情報を紹介していましたね。

そんな「伊藤家の食卓」でも、冷凍コロッケを上手に揚げる方法が紹介され、話題となっていたので少しご紹介しましょう。

冷凍コロッケは始めに電子レンジで常温まで戻すことがポイントです!
その後で温めた適温の油に入れてキツネ色になったら出来上がり。凍ったままのコロッケを油に入れると、ちゃんと中まで火が通らなかったり、油の温度を下げたり破裂の原因になることは、もうお分かりですね。

冷凍コロッケを正しく揚げよう

冷凍コロッケを上手に揚げる方法をご紹介しました。
「揚げるだけでしょ?」と何も考えずに調理すると、失敗してしまう可能性も。決まった温度や下準備をしっかりすることが、おいしいコロッケを作るコツだということがわかって頂けたでしょう。

冷凍コロッケの揚げ方を失敗したことがある人は苦手に感じていたかもしれませんが、もう大丈夫ですね!トースターやフライパンでも調理できるので、いろいろな方法を試してみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

口の中にじゅわっとお出汁が広がる高野豆腐、上手な戻し方ってご存じですか?基本的な戻し方、熱湯や電子レンジを使う戻し方など、意外と知らない高野豆腐の正しい戻し方についてご紹介します。ぜひ含め煮を作る際、参考にし…

カレー

日本人の国民食カレー。家で作ったカレーを翌日の弁当に持っていきたいけれど、弁当箱に汚れや匂いがつくのは嫌だし、こぼれた時のことを考えると心配ですよね。そこで、今回はカレーを弁当に持っていく方法やおすすめの弁当…

ビーフシチュー

大きめにカットした野菜とトロトロお肉がおいしいビーフシチュー、とろみが足りなくて水っぽくなってしまった……という経験はありませんか。今回は、ビーフシチューの上手なとろみの付け方、失…

お弁当

たくさん炊いたご飯は冷凍する家庭も多いでしょう。一度冷凍したご飯をお弁当に使うことはできるのでしょうか?固さや香りが気になるから使わない、という方は必見!上手く保存解凍すると冷凍ご飯をお弁当に使うことができる…

「ソテー」の意味ってご存じですか?「ムニエル」や「グリル」、「ロースト」と何が違うのでしょうか?洋食の調理法には様々な呼び方がありますが、今回はソテーの意味を中心に、それぞれの焼き方の違いをご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スムージー スイーツ まとめ

ヨーグルトパフェの進化した形、スムージーボールをご紹介しましょう。冷たくてクリーミィーでスプーンですくって食べるこのスムージーボールはまるでアイスクリームみたいです。必要なのはブレンダーと5分間の時間だけで栄…

まとめ レシピ アレンジレシピ

レシピブログでも人気の料理ブロガー「筋肉料理人」さんの人気のレシピです♡彼の作る料理は、写真からでも美味しさが伝わってきますね!朝食向きのホットサンドから夕食にぴったりのレシピまでまとめていますので、見てみて…

レシピ まとめ ふきのとう

ふきのとうは春の食材ですが、雪が残っていても芽を出すたくましい植物でもあるそうです。「ふきのとうが出ていないか?」を見て周るのが山菜をとる方々の常だそうですよ。

レシピ まとめ 和食

お豆腐よりもしっかりボリューム、お肉よりもヘルシーな優秀アイテム「厚揚げ」でも、いまいち使い方がわからないって人も多いはず。そこで、厚揚げの色んなアレンジレシピを紹介します。意外なアレンジにハマるレシピがきっ…

レシピ オムライス おしゃれ まとめ

ふわトロのオムライスって見た目もとってもおしゃれですよね♡おもてなしにもピッタリ!でも、普通のオムライスばかりじゃ飽きちゃう…そんな方にオススメの、誰でも失敗しないでできるふわトロオムライスとア…

レシピ まとめ キャベツ

キャベツをたくさん使った「沼サン」が人気になりましたが、今度はキャベツをたくさん入れた「沼春巻き」が話題だそうです。そんなヘルシーな春巻きのレシピをご紹介します。キャベツには疲労回復や抗ストレス効果、美肌効果…

レシピ まとめ

いつも使っている油を牛脂に変えるだけで、お料理にぐっとコクと深みが出るってご存知でしたか?しかも無料のもので十分おいしいのですから、言うことなしですよね。今回はそんな牛脂を使ったアレンジレシピを7つご紹介。早…

レシピ まとめ

これからますます外に出たくなる季節になりますね。最近すでにチラホラBBQしている人も見かけます。もし、これからその予定があるなら要チェック☆お肉をさらに美味しくする漬けだれレシピをまとめちゃいましたので、参考…

レシピ まとめ

ホームパーティーのメニューって、何を作ったら良いのかと、意外と悩む方が多いんだそうです。そこで、ここではそんなホームパーティーにおすすめのレシピの中でも、梅雨の時期に最適なレシピをいくつかまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

ナス レシピ 夏野菜

夏野菜の代表、ナス。旬の時期にはお手ごろな価格でおいしいものが手に入ります。今年は茄子をいつもと違った食感で味わってみませんか?『ヒルナンデス』で紹介されて話題のなす料理3品をご紹介します。さっそく今晩、試し…

東京 まとめ

今回は、お昼の人気テレビ番組『ヒルナンデス』で紹介された、2016年上半期の「一番ウマかった店」をまとめてみました。各メディアで活躍している食通の方々が厳選したお店は、どれもハズレなしの場所ばかり!グルメなあ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...